「応急処置」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ケガの対策と対応に関する意識調査

「擦り傷をしたときの消毒」、「打撲や筋肉痛の際のコールドスプレー」は間違い!?ケガの応急処置をした人のうち、90.9%が「その応急処置法に不安」!さらに、ほとんどの人が間違った応急処置を行っていた! ケガの応急処置の新常識について、㈱国際スポーツ医科学研究所の金成仙太郎氏が解説 幼児・小中学生を対象としたサッカースクールを運営する株式会社クーバー・コーチング・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石橋 慎二)は、2017年2月7日(火)~13日(月)に「ケガの対策と対応に関する意識調査※1

2015年2月18日EST Docフィードバック数:0ライフスタイル

我慢は危険!?みんながしている歯の痛みの対処法

/ / 歯の痛みの対処法!我慢は危険!?みんながしている応急処置って歯の痛みの対処法!我慢は危険!?みんながしている応急処置って「なんとなく歯が痛いけれど、病院に行くほどじゃないかも…」と迷ったことはありませんか。人気の歯医者は予約もとりづらく、仕事もあってなかなか行けないという方も多いのではないでしょうか。ちょっとした頭痛や腹痛なら薬を飲んで我慢をしてしまう人は多そうですが、果たして歯の痛みの場合、どうしている人が多いのでしょうか。今回は、歯が痛い時、どうやって我慢をしているか、全国の男性1

2013年7月23日ファイザー★フィードバック数:4ライフスタイル

ファイザーによる調査です。

「ハチ毒アレルギー」認識調査

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2013年度 > ≪ハチ刺され経験者20歳以上を対象とした「ハチ毒アレルギー」認識調査≫ハチに一度でも刺された人は特に要注意!5人に1人はアナフィラキシー発症リスクあり57%がハチ毒アレルギーによるアナフィラキシーへの危機意識なし≪ハチ刺され経験者20歳以上を対象とした「ハチ毒アレルギー」認識調査≫ハチに一度でも刺された人は特に要注意!5人に1人はアナフィラキシー発症リスクあり57%がハチ毒アレルギーによるアナフィラ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ