「患者調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月8日ファイザー★フィードバック数:0ライフスタイル

ファイザーのグローバル調査です。

世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ファイザー社が世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査を実施 疾患に関する不安を気軽に話すことのできる患者さんほど健康に対して前向きな考えを持てることが判明 ファイザー社が世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査を実施疾患に関する不安を気軽に話すことのできる患者さんほど健康に対して前向きな考えを持てることが判明 医療従事者が「話を掘り下げて聞く」ことによって、治療計画に対する患者さんの満足度を向

2015年4月30日バイエル薬品★フィードバック数:0ライフスタイル

糖尿病患者調査です。

糖尿病網膜症の予防に関する糖尿病患者調査

糖尿病網膜症の予防に関する糖尿病患者調査

2014年12月21日ウェルビーフィードバック数:0ライフスタイル

高血圧症患者調査

糖尿病・高血圧症・肥満症患者さんの自己管理を支援する Welby MediaメニューWelbyメディア TOP治療方法を知るアプリ療法【Welby(ウェルビー)ボイス】 高血圧症患者調査 高血圧症患者9000名へのリサーチ結果を発表 -家庭血圧の方が、診察室で測定した血圧値より重要、と回答-【Welby(ウェルビー)ボイス】 高血圧症患者調査 高血圧症患者9000名へのリサーチ結果を発表 -家庭血圧の方が、診察室で測定した血圧値より重要、と回答-2014/12/20アプリ療法, プレスリリース病

2014年11月2日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

障害者の生活実態です。

25年度福祉保健基礎調査『障害者の生活実態』

『障害者の生活実態』の結果平成25年度東京都福祉保健基礎調査平成26年10月30日福祉保健局 平成25年度東京都福祉保健基礎調査「障害者の生活実態」における主な調査結果について、このたび報告書としてまとめましたので、お知らせします。【身体障害者】 仕事をしていく上で困ることは、総数では「通勤時の混雑」の割合が最も高いが、障害の種類によって困ることが異なる仕事をしていく上で「困ることがある」と答えた割合は52.7%、「困ることは特にない」が43.3%であった。困ることの内容は、「通勤時の混雑」の割

2013年10月1日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

「QLife痛み」の調査です。

かかりつけ薬局と病歴・薬歴管理についての患者調査

【QLife痛み】かかりつけ薬局と病歴・薬歴管理についての患者調査を実施2013年9月30日 [月] かかりつけの薬局「ある」患者は7割。うち、半数が「1か所」病歴や薬歴を「すべて詳細に履歴を残している」55%、「履歴を残していない」13%薬歴管理が「患者自身に任されている」ことが明らかに首・肩・腰・膝の痛みに関して、病院検索やお薬検索などの様々な情報を提供する「QLife痛み」を運営するQLifeは、「痛みの治療」で整形外科を受診している患者を対象に、「かかりつけ薬局と病歴・薬歴管理について」

2013年10月1日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

「QLife痛み」の調査です。

痛み治療に関する情報提供についての患者調査

【QLife痛み】痛み治療に関する情報提供についての患者調査を実施2013年9月30日 [月] 整形外科医に「痛み以外の治療疾患」を伝えた患者77%内科系医師に「痛みの治療」を伝えた患者63%「患者」「整形外科医」「内科的疾患の治療医」の3者間で必ずしも情報共有がなされていない実態が明らかに首・肩・腰・膝の痛みに関して、病院検索やお薬検索などの様々な情報を提供する「QLife痛み」を運営するQLifeは、「痛みの治療」で整形外科を受診し、NSAIDsの副作用リスクが比較的高い既往を持つ※患者を対

2013年9月26日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

『前立腺がん患者の服薬』に関する患者調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース「誤嚥性肺炎」と関わりある「薬の服用実感」。高齢者の多い前立腺がん患者の3割が「薬の飲みづらさ」訴える~『前立腺がん患者の服薬』に関する患者調査を実施~ 「誤嚥性肺炎」と関わりある「薬の服用実感」。高齢者の多い前立腺がん患者の3割が「薬の飲みづらさ」訴える~『前立腺がん患者の服薬』に関する患者調査を実施~2013年9月26日 [木]  月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株

ビジネス視点でのレポートです。

東北における医療・介護関連分野の機器開発・サービスの動向調査

東北における医療・介護関連分野の機器開発・サービスの動向調査報 告 書~「生活医療・介護」分野におけるビジネス創出の可能性検討~平成25年3月公益財団法人 東北活性化研究センター目次調査の概要本編I.はじめに.................................................................................................... 11調査の背景 .....................................

2013年3月30日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査

QLife『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査の結果を発表2013年3月29日 [金] 抗がん剤を使用した患者の約9割が「倦怠感・疲れ」「食欲不振」「吐気・嘔吐」等の副作用を経験しかし、その副作用を軽減するための薬を処方されたのは54%にとどまるQLifeは、独立行政法人国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁先生監修のもと、がんと診断された患者さんを対象にインターネットで、『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する調査を実施。2249人から回

2011年7月12日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

痔の大規模患者調査

痔の大規模患者調査

アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性」 調査結果がまとまりました。◆ アルツハイマー型認知症患者数は高齢化とともに年々増加し、2020年には167万人に達する。◆ 診断技術、治療薬の開発の進展にともない、より早期の患者が治療対象に加わった場合、2025年には220万人に達すると予測される。◆ アルツハイマー型認知症治療薬の市場規模は2020年には2010年比2.7倍の2,900億円にまで拡大する可能性があ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ