「悪質商法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月25日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度埼玉県外国人住民意識調査

ここから本文です。平成28年度埼玉県外国人住民意識調査の結果まとまる―本県に住みやすい理由第1位は「犯罪が少なく安心」― 部局名:県民生活部課所名:国際課担当名:多文化共生・NGO担当担当者名:渋沢  県では、外国人住民の支援をはじめとする多文化共生施策を進めていく上での参考とするため、毎年度、外国人住民を対象とした「埼玉県外国人住民意識調査」を実施しています。平成28年度の集計結果がまとまりましたので公表します。調査の概要1 調査事項(1)埼玉 県の住みやすさ、その理由(2)消費生活相談:消

2015年11月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費者行政の推進に関する世論調査

消費者行政の推進に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.消費者問題と消費者が必要としている情報(1) 消費者問題に対する関心ア 消費者問題に対する関心分野イ 消費者問題の情報の入手方法(2) 国・地方公共団体から得たい情報2.消費

2014年3月18日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都の調査です。

高齢者の消費者被害に関する調査

東京の高齢者の約4割が悪質商法に遭遇!―高齢者の消費者被害に関する調査結果―平成26年3月17日生活文化局 東京都では、高齢者の消費者被害の実態を把握し、その被害の未然防止・拡大防止に向けた情報発信の参考とするため、都内の各区市町村老人クラブ連合会に所属する70歳以上の会員5,300人を対象に「高齢者の消費者被害に関する調査」を実施しましたので、その結果をお知らせします。調査結果のポイント高齢者の約4割が悪質商法の被害の危険に遭遇! 「架空請求」「点検商法」「次々販売」「利殖商法」「催眠(SF)

2013年3月26日東京都★フィードバック数:23社会/政治

18歳~29歳を対象とした調査です。

若者の消費者被害に関する調査結果

東京の若者は、4割強が悪質商法に遭遇!―若者の消費者被害に関する調査結果―平成25年3月22日生活文化局 東京都では、若者の消費者被害の実態を把握し、今後の情報発信の参考とするため、都内に住む18歳から29歳までの男女3,000人を対象に「若者の消費者被害に関する調査」を実施しました。その結果をお知らせします。調査結果のポイント若者の4割強が悪質商法の被害の危険に遭遇!悪質商法の被害経験 「架空請求」「マルチ商法」「キャッチセールス」「デート商法」「アポイントメントセールス」の5つの商法を挙げて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ