調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報システム

「情報システム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2020年の地域医療連携システムの市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング2020年の地域医療連携システムの市場規模予測 [調査結果のポイント]• 地域医療連携システムの市場規模は、2020年度に約128億円→ 2015年度(約89億円)の約1.4倍に拡大→ 初期導入費+リプレース費用が5割、運用費が5割の構成• ネットワーク数は、2015年度の196から2020年度には280に拡大すると予測• 参加医療機関は、調剤薬局が飛躍的に増え2015年度比6倍強、診療所が2015年度比で倍増 市場調査・コンサルティング会社の株式

2016年6月10日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

企業における情報システムのログ管理に関する実態調査

「企業における情報システムのログ管理に関する実態調査」報告書について 掲載日 2016年6月9日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 標的型攻撃などのサイバー攻撃や、内部不正による情報漏えい等の情報セキュリティインシデントが発生した時の事実調査では、情報システムのログからその痕跡・証拠を得ることが重要であり、さらには早期発見や抑止の観点からも情報システムのログ管理は必要不可欠です。一方で、その管理手法は中小企業(*)を含め広く知られているとは言い難い状況です。本調査では、企

2014年10月7日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズが誤送信防止システムについての調査結果を公表しました。

メール誤送信防止システムの導入状況(2014年)

メール誤送信防止システムの導入状況(2014年)  キーマンズネットでは、2014年7月9日〜2014年7月22日にかけて「メール誤送信防止システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:342)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の39.8%、一般部門が60.2%という構成比であった。今回お聞きしたのは、メール誤送信防止システムの「導入状況」「導入きっかけ」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、メール誤送信防止システムの導入状況を把握するための質問。その結果、

2014年7月4日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0企業情報システム

グローバルITマネジメントに関する国内アンケート調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2014年5月28日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

郊外・環境配慮型データセンターの取組み

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆情報通信産業は我が国の大きな産業であり、ICTを活用した情報システムは社会にとって必要不可欠なものとなっている。情報システムの中心を成す基盤となるデータセンターに、近年、取り巻く環境の変化が見られている。◆これまでデータセンターは東京圏に一極集中して設置されていたが、東日本大震災以降、データセンターは重要な社会インフラであることが再認識され、BCPの観点から郊外への設置ニーズが強まっている。◆クラウ

BCPについての調査です。

日本企業のIT-BCPへの取り組みに関する調査

プライスウォーターハウスクーパース、日本企業のIT-BCPへの取り組みに関する調査結果を発表IT-BCP策定率は約6割にとどまる過去1年、重大な情報システムが予期せず中断・停止した企業は約4割にのぼる2013年12月12日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は、日本国内の上場企業および有力未上場企業1,816社(外資系企業の日本支社含む)を対象に、企業のIT-BCPへの取り組みの実態を調査した「IT-

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(二国間クレジット制度におけるクレジット管理のあり方等に関する調査研究)

平成 23 年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(二国間クレジット制度におけるクレジット管理のあり方等に関する調査研究)報告書平成 24 年 3 月株式会社エヌ・ティ・ティ・データⅠはじめにⅡ.国際的観点からのクレジット管理の調査Ⅱ-1.京都議定書に基づく登録簿システムの調査Ⅱ-2.他のクレジット等管理システムの調査Ⅱ-3.国際的観点からのクレジット管理のオプション調査Ⅲ.他国事業参加者の保有クレジット管理のあり方に関する調査Ⅳ.関連する既存のクレジット管理システムにおける問題点の把握

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度電子経済産業省推進費(業務最適化のための業務モデリングに関する調査研究(業務モデリング手法の検証と政府情報システムへの示唆の整理))

資料1平成23年度電子経済産業省推進費業務最適化のための業務モデリングに関する調査研究(業務モデリング手法の検証と政府情報システムへの示唆の整理)調査報告書平成23年度「業務最適化のための業務モデリングに関する調査研究」 (業務モデリング手法の検証と政府情報システムへの示唆の整理)目 次1.本事業の背景と目的1.1 本事業の背景(1)ビジネス環境変化に対応したプロセス改革ニーズの高まり(2)新たなマネジメントツールとして注目されるBPM(3)標準的表記法であるBPMNの普及1.2 本事業の目的(

2013年6月11日アイティメディア★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがID管理についての調査結果を公開しました。

ID管理ツールの導入状況

キーマンズネットでは、2013年2月13日〜2月25日にかけて「ID管理ツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数:479)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の42.2%、一般部門が57.8%という構成比であった。今回、お聞きしたのは業務で利用している「ID数」やユーザ・管理者の「満足度」や「不満点」など業務利用IDの現状と、「システム導入のきっかけ」「満足度」など、ID管理システムの導入状況を把握するための質問。その結果、業務上利用しているID数は「2〜3個」が最も多く、ID管理

2013年5月15日全日本病院協会フィードバック数:3ライフスタイル

医療機関と連携した在宅療養支援における情報提供・情報共有の実態把握及び地域包括的な情報システムのあり方の調査研究

医療機関と連携した在宅療養支援における情報提供・情報共有の実態把握及び地域包括的な情報システムのあり方の調査研究

日本企業のITのBCPについての調査です。

IT-BCPサーベイ2013

プライスウォーターハウスクーパース、日本企業の情報システムの継続性維持管理の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」の結果を発表企業のIT-BCP策定率は約7割にとどまる。組織内へのIT-BCPの浸透が課題2013年4月23日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は、日本国内の上場企業および有力未上場企業500社(外資系企業の日本支社含む)を対象に、企業の情報システムの継続性維持管理の実態を調査し

2012年4月24日IPAフィードバック数:12企業情報システム

「非機能要求グレード」の普及に関する調査報告書

「非機能要求グレード」の普及に関する調査報告書と活用事例集を公開2012年4月24日公開独立行政法人情報処理推進機構技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター概要 近年、製造や物流の管理から金融情報の流通、交通やエネルギー供給の制御など、ありとあらゆる分野において情報システムの活用が浸透し、社会全体が情報システムの安定した稼動を前提として成り立っており、高い信頼性を持つ情報システムの構築が求められています。しかし実際には、情報システムの稼働直前や稼働後にしばしばトラブルが発生し、企業活動

2012年3月13日アイティメディア★フィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがログ管理についての調査結果を発表しました。

企業におけるログの管理状況

キーマンズネットでは、2012年12月20日〜 2012年1月4日にかけて「ログの管理状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:628)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の52.5%、一般部門が47.5%という構成比であった。今回お聞きしたのは、ログ管理の「目的」や「対象」、「管理方法」など、企業におけるログの管理状況を把握するための質問。その結果、全体で49.2%がログを管理しており、その内の約7割が内部統制対策を目的としていることが分かった。なお、グラフ内で使用している合計値と

2012年2月28日アイティメディア★フィードバック数:6企業情報システム

キーマンズがグループウェアについての調査結果を発表しています。

グループウェアの導入状況

キーマンズネットでは、2011年11月29日〜 2011年12月6日にかけて「グループウェアの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:507)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の52.3%、一般部門が47.7%という構成比であった。今回、お聞きしたのは導入・検討しているグループウェアの「製品タイプ」や「満足度」、「重視ポイント」など、グループウェアの導入状況を把握するための質問。その結果、大企業を中心に約7割の企業でグループウェアは既に利用されており、今後はASP・SaaS型

2008年3月31日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データ・センター選択基準 流通業は「コスト」、製造・金融は「災害対策」

膨大化する情報システムのデータやBCP(事業継続計画)への対応の必要性から、サーバーやサーバー設置場所を貸し出すデータ・センターの利用が増えている。日経マーケット・アクセスが情報システム関与者を対象に実施した「データ・センター利用実態調査」(*1)によると、ユーザーがデータ・センターを選ぶ際には「災害対策に強い」、「月額料金が安い」(コスト)といった点を基準にすることが多いことが分かった。また、ユーザーの業種別にデータ・センターの選択基準を見ていくと、どの業種も同じような選択理由が挙がったが、優

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ