調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報システム部門

「情報システム部門」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月15日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査

~ ITのケイパビリティに対する認識ギャップがDXを阻害 ~国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査結果を発表 成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている 経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在 延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本的に見直したいとの意向が強い

2016年4月13日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

情報システム部門が抱える情報共有とナレッジ・マネジメントの課題(2016年)・前編

IT担当者300人に聞きました:情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題(2016年)/前編 (1/2)情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題を調査した。「導入ツール」「期待感」など共有状況が明らかになった。 キーマンズネットでは、2016年2月3日〜22日にかけて「情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題」に関するアンケートを実施した(有効回答数392件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の35.5%、一般部門が64.5%と

2015年4月21日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

企業の対応状況です。

マイナンバー実態調査2015

レポート/ケーススタディ ソリューション 企業情報 最新情報 お問い合わせ マイナンバー制度への対応が遅れ、2015年末に未完了の事態も 「マイナンバー実態調査2015」の全体報告書を5月に発行2015年04月21日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、「企業・組織におけるマイナンバー対応に関する実態調査」を実施した。この調査の結果、マイナンバー制度への対応が遅れ、対応作業が2015年末に完了しない恐れがあることが明らかとなった。調査は日経コンピュータと共同で、2015年3月下旬に実

2014年6月23日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

@ITの読者調査です。

システム運用管理に関わる読者の声 IaaS、クラウド、どうしてる?

@IT編集部では「運用管理編」「ネットワーク・セキュリティ編」「システム開発編」の3つの分野について、読者意識調査を行うべく、2013年10月24日〜11月25日の約1カ月間、@ITのWebサイト上で読者アンケートを実施した。本稿では、その集計結果のうち、運用管理編の解答から、直近の読者の関心、動向を紹介していく。調査概要調査方法:@IT Webサイト上の自記式アンケート調査対象者:@IT読者調査機関:2013年10月24日〜11月25日有効回答数:1154件 80%超が製品導入に関わる立場、過

2012年9月6日みずほ情報総研フィードバック数:1キャリアとスキル

情報システム部門における技能継承に関する調査

回答企業の約9割が、技能継承の重要性を認識情報システム部門における技能継承に関する調査を実施2012年9月6日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:井上 直美)は、企業の情報システム部門における技能やノウハウの継承状況を把握するため、「情報システム部門の技能継承に関するアンケート調査」を行い、このたび報告書としてまとめましたのでご案内いたします。 近年、団塊世代の引退により、熟練技術者の持つ技能やノウハウが途絶えるという問題が取りざたされています。企業の情報

2011年10月13日日経BP★★フィードバック数:1企業情報システム

BPコンサルによる企業のIT活用についての調査結果です。

ビジネスとICTの利活用に関する調査

ICT利活用の期待領域が「攻め」のビジネス・テーマに拡大。情報システム部門の役割は業務課題の解決へ ―ビジネスとICTの利活用に関する調査―2011年10月12日表1●本調査から明らかになった主要なポイント日経BPコンサルティング(東京都港区)は、ビジネスとICT(情報通信)システムの関係を把握するため、国内企業の勤務者に対する調査を2011年7~8月に実施した。調査対象者は、情報システム部門のほか、経営系部門、業務部門の勤務者である(調査概要は下部参照)。今回の調査を通じて、ICTを今後活用し

2011年8月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

調査で判明、「3.11」はICT利用企業をこう変えた リスクの回避を意識、「持たない」考えも強まる

「効率やコスト一辺倒のシステム構築はあまりにも危険」「ICTを自ら持たない方が、メリットがあるのではないか」---。東日本大震災は、ICTに対する考え方の再検討を企業のシステム担当者に迫った。 日経BPコンサルティングが、企業の情報システム部門や経営系部門の勤務者を対象に5月に実施した「ポスト3.11時代のICT利用意識調査」によると、震災後は「集中」より「分散」、「所有」より「利用」を重視したいとする人が増加した。 本連載の第3回では、大震災がICTの基本方針に及ぼしたこうした影響を紹介する。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ