調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報セキュリティ

「情報セキュリティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月5日ミック経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版【発 刊】2017年3月24日 【資料体裁・価格】[1]A4版500頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM

2017年4月11日NRIセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業における情報セキュリティ実態調査 グローバル編

ホーム › お知らせ › 「企業における情報セキュリティ実態調査 グローバル編」を公開〜米国とシンガポール企業との国際比較調査を実施〜お知らせ「企業における情報セキュリティ実態調査 グローバル編」を公開 〜米国とシンガポール企業との国際比較調査を実施〜2017年3月31日 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、米国とシンガポールにある企業の情報セキュリティに対する取り組みについてアンケートを行い、その結果を分析し、報告書「NRI S

2017年2月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2

ホーム カスペルスキーについて ニュース マルウェア 2017 <2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2> セキュリティインシデントにおける日本企業の懸念は、従業員の不注意と知識不足。実際に情報セキュリティの問題を引き起こす原因でも2番目に

2017年2月11日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2017」を決定~個人と組織でIoT機器の脅威が初めてランクイン~2017年1月31日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報セキュリティにおける脅威のうち、2016年に社会的影響が大きかったトピックなどを「10大脅威選考会」の投票によりトップ10を選出し、「情報セキュリティ10大脅威2017」として順位を決定し、公表しました。  「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会

2016年6月13日経済産業省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました 経済産業省では、今後我が国産業の成長にとって重要な役割を担うことが期待される人材について、アンケート調査や有識者による研究会を実施し、中長期的な人材需給動向や、今後の人材の確保・育成に向けた方策について検討を行いました。本日、その内容を調査報告書として取りまとめました。 1.背景 我が国では、産業界で大型のIT関連投資が続くことや、昨今の情報セキュリティ等に対するニーズの増大を契機に、IT人材の不足が改めて課題となっています。また、

2016年5月21日IPA★★フィードバック数:0社会/政治

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書について掲載日 2016年5月10日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月に経済産業省とIPAが共同で策定した、“サイバーセキュリティ経営ガイドライン”が公開されました。このガイドラインでは組織の情報セキュリティ対策の推進には経営層の主体的な関与が必要と指摘しています。IPAでは企業経営者の情報セキュリティに対する関与、組織的な対策状況について把握するため、文献・アンケート・ヒアリングの3段階で調査

2016年3月19日ITR★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業IT利活用動向調査2016

サイバー攻撃の認知率とリスク重視度が上昇 マイナンバー制度対応は前進するも、多くの企業は道半ば JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2016」の速報結果を発表 2016年3月17日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業672社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査2016」の一

2016年3月8日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

プレス発表 「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書の公開~情報持ち出し手段の最多はUSBメモリ、効果的な抑止策は罰則規定・監視体制の強化~2016年3月3日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、内部不正の発生、およびその対策の実施状況等を把握し、内部不正の防止に向けた環境整備を促すため、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」を実施し、その報告書を2016年3月3日(木)に公開しました。  近年、組織内部

2016年3月8日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書について 掲載日 2016年3月3日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター近年、組織内部から漏えいした情報により引き起こされるインシデントに関する報道が相次いでいます。例えば内部不正(*1)はその被害額が外部からの攻撃によるものよりも高額な傾向があり(*2)、組織は内部不正を未然に防ぐ必要に迫られています。しかしながら、内部不正は、職務上与えられた権限を使い行われるため、その対策は容易ではありません。IPAでは、20

2016年2月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「企業における情報セキュリティ実態調査2015」~セキュリティ人材獲得競争の時代へ~

「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 NRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NRIらしい社会貢献」という3つの方向性を通じて、企業としての社会的責任を果たします。

2016年2月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2016

情報セキュリティ10大脅威 2016個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など69組織108名から構成される「10大脅威選考会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 10大脅威の10年史過去10年の「10大脅威」を振り返り、社会的背景、脅威や攻撃手法の移り変わりとの関係を解説しています。第2章 情報セキュリティ10大

2015年12月2日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

事業継続/防災/情報セキュリティソリューション市場に関する調査結果 2015

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2015年9月17日デジタルアーツフィードバック数:0社会/政治

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査

HOME> デジタルアーツについて> プレスリリース> 2015年> 調査≪企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査≫ マイナンバーの管理・セキュリティ対応は50.7%が総務部門担当、従業員のマイナンバー管理では62.0%が自社の従業員の人為的ミスによる情報流出を懸念2015年09月17日デジタルアーツ株式会社≪企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査≫ ~全国のマイナンバー担当者を対象に調査~マイナンバーの管理・セキュリティ対応は50.7%が総務部門担当 従業員のマ

2015年6月5日経済産業省★★★フィードバック数:0企業情報システム

ECもテーマになっています。

平成26年情報処理実態調査

情報処理実態調査平成26年調査関係資料1.企業又は事業団体の概要2.IT組織の状況2-1. 情報処理要員の状況2-2. CIOの選任状況2-3. IT投資効果の状況2-4. 経営におけるITの利活用状況3.EC()の状況3-1. ECの実施基盤の利用状況3-2. ECの取引高4.情報処理関係支出の状況4-1. 情報処理関係支出の現状4-2. 業務領域別情報システムの取り組み状況5.情報セキュリティの状況5-1. 情報セキュリティの現状5-2. 情報セキュリティの対策状況と対策費用6.クラウド・

2015年5月15日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書について掲載日 2016年5月10日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月に経済産業省とIPAが共同で策定した、“サイバーセキュリティ経営ガイドライン”が公開されました。このガイドラインでは組織の情報セキュリティ対策の推進には経営層の主体的な関与が必要と指摘しています。IPAでは企業経営者の情報セキュリティに対する関与、組織的な対策状況について把握するため、文献・アンケート・ヒアリングの3段階で調査

2015年5月8日野村総合研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CSIRTと多層防御で企業を守る─「企業における情報セキュリティ実態調査」の結果から─

CSIRTと多層防御で企業を守る─「企業における情報セキュリティ実態調査」の結果から─

EYのレポートです。

グローバル情報セキュリティサーベイ 2014年

グローバル情報セキュリティサーベイ 「グローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)」とはEYおよび新日本有限責任監査法人が実施する情報セキュリティに関する調査です。 情報セキュリティの重要な課題について、さまざまな局面における判断に有益な情報を提供することを目的としており、日本企業の回答とグローバル全体の回答を比較しています。本年で19年目を迎える当サーベイは、この種の調査では最も信頼と実績を有するものの一つです。サーベイに興味のあるお客様は、弊法人担当もしくは下記のお問合せ先までご連絡くださ

2015年1月28日野村総合研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セミナー資料です。

セキュリティは『守り』から『攻め』の時代へ

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2015年1月27日NRIセキュア★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

動きのあるレポートです。

企業における情報セキュリティ実態調査 2014

企業における 情報セキュリティ実態調査 特設サイトNRIセキュアテクノロジーズが毎年実施している、企業における情報セキュリティ実態調査の結果のサマリー版をWEBで公開中です。 PDF版ダウンロード PDF版の報告書全編はこちらからダウンロード頂けます。 調査概要について 本調査は、3000社を対象とした今回で13回目になるアンケート調査分析です。 IT関連投資額の増減方針 IT関連投資額(情報セキュリティ関連投資額を含む)を増やす企業は、過去三年間でわずかに増加傾向Q.IT関連投資額

PwCのレポートです。

グローバル情報セキュリティ調査 2015

グローバル情報セキュリティ調査2015あらゆるものが高度に複雑にネットワーク化されたサイバー空間を、世界経済フォーラムでは「ハイパー・コネクテッド・ワールド」と名付け、将来的に大きな価値が創出されるものとして期待されています。しかしながら、既にサイバー空間では重大なインシデントが頻発しており、世界のCEOや取締役は、サイバー攻撃を経営リスクとしても認識しています。技術立国である日本には価値の高い知的財産などが多く存在します。また、膨大な個人情報を保有する企業も多くあります。日本企業は、これらの重

ISMS認証についての調査です。

ISMS適合性評価制度に関するアンケート調査報告書

ISMS 適合性評価制度に関するアンケート調査報告書2014 年 10 月一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)情報マネジメント推進センター目次はじめに ............................................................................................................................... 1調査の概要 ..............................

2014年8月4日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

個人情報保護法施行10年目の現実

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年8月4日コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 坪根 直毅個人情報保護の歴史は1980年のOECD理事会勧告の「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドライン」にさかのぼる。この勧告を受け各国で法整備が進められた。日本でも個人情報の保護に関する法整備は進められていたが、1999年6月の住民基本台帳法の改正を契機に法整備の動きが加速。2003年5月23日に個人

2014年6月12日IPAフィードバック数:0キャリアとスキル

IT人材における情報セキュリティの育成ニーズ・課題調査

IT人材における情報セキュリティの育成ニーズ・課題調査

2014年5月29日経済産業省★★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のIT活用についての調査です。

平成25年情報処理実態調査

情報処理実態調査平成25年調査関係資料1.企業又は事業団体の概要2.IT組織の状況2-1. 情報処理要員の状況2-2. CIOの選任状況2-3. IT投資効果の状況2-4. 経営におけるITの利活用状況3.EC(電子商取引)の状況3-1. ECの実施基盤の利用状況3-2. ECの取引高4.情報処理関係支出の状況4-1. 情報処理関係支出の現状4-2. 業務領域別情報システムの取り組み状況5.情報セキュリティの状況5-1. 情報セキュリティの現状5-2. 情報セキュリティの対策状況と対策費用6.

2014年4月16日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「医療機器における情報セキュリティに関する調査(2013年度)」報告書

医療機器における情報セキュリティに関する調査(2013年度)掲載日 2014年4月16日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 情報技術の発達によって、家電製品をはじめ、様々な製品にコンピュータやソフトウェアが組み込まれるようになり、IPAでは2006年から、組み込み機器における情報セキュリティに関する調査に取り組んでいます。これまで情報家電や自動車等を対象にしてきましたが、昨今、医療機器でも他の組込み機器同様に、機器の小型化、携帯化、汎用技術の利用が進展していることや、一部

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(ASEANスキームを活用した東南アジア情報セキュリティ機関構築プロジェクトに向けた事前調査)調査報告書

経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室「平成 24 年度アジア域内の知識経済化のための IT 活用等支援事業」(ASEAN スキームを活用した東南アジア情報セキュリティ機関構築プロジェクトに向けた事前調査)調査報告書平成 25 年 3 月 29 日有限責任監査法人トーマツ目次1.2.はじめに ...................................................................................................

2014年3月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のグローバルITガバナンスに関するアンケート調査結果 2013

プレスリリースASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のグローバルITガバナンスに関するアンケート調査結果 20132014年03月26日 ASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のグローバルITガバナンスに関するアンケート調査結果 2013 ~情報セキュリティルールが遵守されている比率は36.6%に留まる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のグローバルITガバナンスに関する調査を実施した。1.調査期間:2013年10月~11月2.調査対象企業

2014年1月29日野村総合研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

メディアフォーラムの発表資料です。

企業における情報セキュリティ実態調査2013

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2013年11月2日経済産業省★★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のITについてのまとまった調査です。

平成24年情報処理実態調査

情報処理実態調査平成24年調査関係資料1.企業又は事業団体の概要2.IT組織の状況2-1. 情報処理要員の状況2-2. CIOの選任状況2-3. IT人材育成2-4. IT投資効果の状況3.EC(電子商取引)の状況3-1. ECの実施基盤の利用状況3-2. EDIの取引高4.情報処理関係支出の状況4-1. 情報処理関係支出の現状4-2. 業務領域別情報システムの取り組み状況5.情報セキュリティの状況5-1. 情報セキュリティの現状5-2. 情報セキュリティの対策状況と対策費用6. クラウド・コ

2013年8月15日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パスワードリスト攻撃による不正ログイン急増

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 パスワードリスト攻撃による不正ログイン急増ID・パスワードの棚卸しと分別を ここのところ、パスワードリスト攻撃によるとみられる不正ログインが多い。パスワードリスト攻撃とは、何らかの方法で入手したIDとパスワードの組み合わせリストをもとに、別のWebサイトのサービスにログインを試みることである。図表1の各社は、利用者に対してパスワードの再設定を依頼しているが、その際、他社サービスとは異なるパスワードで設

2013年7月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

中度情報人材を増やそう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月4日、日本で初めてのネット選挙(インターネット選挙運動の解禁)となる参議院選挙が公示された。なりすましや誹謗中傷の広がりなどが危惧されているが、こうした事態を少しでも避けるべく、候補者だけでなく、我々、有権者も「情報リテラシー」を高める必要がある。未成年者は、もともと選挙運動が禁止されているが、SNS利用などによって選挙違反を起こさないよう、未成年者向けのチラシも作られている。今回が初めての選挙に

NISCによるレポートです。

政府機関における情報セキュリティに係る年次報告(平成24年度)

政府機関における情報セキュリティに係る年次報告(平成24年度)

2013年3月26日IPAフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

2012年度 自動車の情報セキュリティ動向に関する調査

HOME >> 情報セキュリティ >> :“セキュアな自動車”に向けて「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」等を公開“セキュアな自動車”に向けて「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」等を公開 〜企画段階から廃棄段階まで、自動車セキュリティを検討すべき15個のポイント〜 掲載日 2013年3月25日独立行政法人 情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、自動車本体や車載機器の企画段階から廃棄段階までに検討すべき情報

2013年1月11日NRIセキュアフィードバック数:22セキュリティ/ネットワーク

企業における情報セキュリティ実態調査2012報告書

「企業における情報セキュリティ実態調査2012報告書」を公開2013年1月9日 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下、NRIセキュア)は、2012年8〜10月に、東証1部・2部上場企業を中心とする3,000社の企業を対象に情報セキュリティに関するアンケート調査を行い、741社から回答を得ました。その結果を分析してまとめた「企業における情報セキュリティ実態調査2012報告書」を本日より公開します。 本調査は2002年から毎年実施しているもので、今回で11回

2012年2月7日イードフィードバック数:15セキュリティ/ネットワーク

法人向けセキュリティ顧客満足度調査

News 2012年2月7日 イード・アワード2012 法人向けセキュリティ顧客満足度調査 結果発表について 2012年2月7日 各位 イード・アワード2012法人向けセキュリティ顧客満足度調査 結果発表について 株式会社イード 株式会社イード(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)とイード子会社でセキュリティ情報サイト「ScanNetSecurity」を運営するネットセキュリティ総合研究所(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川 洋 以下、NSRI)は、共同でセキ

2011年5月9日IPA★フィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

Stuxnet等に関連して制御システムのセキュリティについての調査です。

2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査

「2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査」報告書の公開掲載日 2011年5月9日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、産業用の制御システムへのサイバー攻撃が国際的に拡がりつつある現状を鑑み、アジア3か国における脆弱性低減施策を含むセキュリティへの取組みと、スマートメーター(*1 )周辺の情報セキュリティ動向について「2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査」の報告書としてまとめ

2011年4月21日アイティメディアフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

うっかりミスで情報漏洩は37%…利用者のセキュリティ意識を高めるには

社内システムでの情報漏洩やウイルス感染を防ぐためにはIT部門だけでなく、エンドユーザである業務部門の人々のセキュリティ意識を高く保つことが重要なカギになることを第1回記事で紹介した。今回はユーザの意識調査などをもとに、実データでセキュリティ意識の現状をまず紹介する。おおよその傾向がわかったところで、第1回「ケースファイル編」で紹介したセキュリティ上のリスクに対する具体的な対策を紹介しながら、エンドユーザのセキュリティ意識を高めるためにはどうすればよいかについて考えていく。 業務部門と考

2011年3月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年2月 PG・SE採用動向

[] <要旨> 自社コンテンツを有する企業のスマートフォン対応に加え、受託制作企業が依頼の増加による増員を開始するなど、スマートフォンアプリ開発エンジニアの求人が好調です。一方、SIerの求人市場は低迷が続き、業務系システム開発エンジニアは微増に終わりました。この背景には、自社サービスを有する企業への転職者の増加があると見られます。ネットワーク・サーバーエンジニアの求人数増加にも、自社サービス企業の積極的な採用姿勢が大きく影響しました。しかしながらその多くはサーバー関連の技術を求めており、ネット

2011年2月16日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAがセキュリティ製品の調達・導入に関する調査結果を発表しました。

2010年度 情報セキュリティ製品の調達等に関する意識調査

「2010年度 情報セキュリティ製品の調達等に関する意識調査」報告書について掲載日 2011年2月16日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 近年、情報セキュリティ上のリスクが多様化・高度化・複雑化してきており、デジタル複合機から情報が漏えいするなど、パソコンやサーバー以外のIT製品の事故が発生しています。IPAは、国と連携・協力して様々な情報セキュリティ対策のための取り組みをしており、その一環として、ITセキュリティ評価及び認証制度(*1)の認証機関として同制度を運営しています。

2010年12月21日IPA★フィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

IPAがセキュリティに関する調査結果を発表しました。

2010年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査

「2010年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」報告書について掲載日 2010年12月20日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 昨今、ブロードバンドの普及拡大、企業のみならず家庭内におけるパソコン利用の一般化などに伴い、ネットワークを活用したさまざまなサービスが提供されています。他方、いわゆる「ガンブラー」型攻撃や、特定の相手を狙った標的型攻撃、パソコン利用者の心の隙を狙ったワンクリック請求や偽セキュリティ対策ソフト等の事案も多発し、日常的なセキュリティ対策の重要性が増大

2009年11月9日IPAフィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査

「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」報告書を公開掲載日 2009年11月4日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)は、インターネット利用者を対象とした「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」を実施し、報告書をIPAのウェブサイト上で公開しました。(URL: )  「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」は、PCインターネット利用者へのウェブアンケートを通じて、脅威に対する認知度、対策の

2009年8月24日経済産業省★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JUASによるユーザ企業のセキュリティに関する調査です。

情報セキュリティガバナンス実態調査2008

情報セキュリティガバナンス実態調査2008の公表について 経済産業省では、ITユーザー企業における情報セキュリティガバナンスの実態を把握するため、「情報セキュリティガバナンス実態調査」を実施しましたので、調査報告書を公表いたします。なお、本調査は、アンケート及びヒアリングにより調査を行ったものであり、 社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が取りまとめたものです。 経済産業省 商務情報政策局 情報セキュリティ政策室電話03-3501-1253(直通)ファクシミリ 03-3501-6

2008年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2008年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) 報告書に関する合同セミナーを7/16(木)に開催しました 詳細はこちら 報告書「始めに」より抜粋JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で7回目となる。2007年と同様に2008年も2003年に確立した調査方法を踏襲した。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2007年と同様に、2008年に新聞

2009年4月6日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAによるセキュリティに関する意識調査です。

2008年度第2回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査

2008年度第2回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査 報告書掲載日 2009年 3月30日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 概要 近年、コンピュータウイルスだけでなく、スパイウェア、ボット、標的型攻撃等、様々な脅威が存在し、被害を生じさせています。このような状況を受け、PC インターネット利用者に対して、これらの脅威に対する正しい認知や理解、またトラブルを防ぐための対策およびトラブル発生時の対応等、適切な情報提供、普及啓発活動が求められています。 本調査は、このよう

2009年3月24日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロがセキュリティに関する意識調査結果を発表しました。

情報セキュリティ意識調査

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて プレスリリースの内容は発表時のものです。プレスリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。 個人のお客さま法人のお客さまセキュリティ情報サポートトレンドマイクロについて

2008年12月9日NRIセキュア★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

NRIセキュアによるセキュリティに関するまとまった調査です。

企業における情報セキュリティ実態調査2008

Home > ニュースリリース > 2008年 > 国内主要企業の2社に1社が、情報セキュリティで“対策疲れ”〜「企業における情報セキュリティ実態調査2008」の結果を公表〜国内主要企業の2社に1社が、情報セキュリティで“対策疲れ”〜「企業における情報セキュリティ実態調査2008」の結果を公表〜2008年11月27日 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:増谷 洋、以下「NRIセキュア」)は、2008年8〜9月に、東証1部・2部上場

2008年10月7日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAによるまとまった調査です。

2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査

2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書公開掲載日 2008年 9月29日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)は、インターネット利用者を対象とした「2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査」を実施し、報告書を公開しました。 1.調査概要 (1) 調査方法:ウェブアンケート(2) 調査対象:15歳(高校生)以上の PC インターネット利用者(3) 調査期間:20

個人情報漏えい事件に関する調査です。

【速報版】2007年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2007年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) 報告書「始めに」より抜粋 JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で6回目となる。2006年と同様に2007年も2003年に確立した調査方法を踏襲した。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2006年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2007年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ