「情報共有」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月26日サチラボフィードバック数:0社会/政治

防災に関する意識調査

サイト成長の種を贈る株式会社フルスピードブログ非常食の確保は85%以上。でも「避難場所の確認」は半数以下!?~都内の主婦が答えた「防災に関する意識調査」~2016.05.23(月)著者:Growthseed 2016年4月に発生した熊本の地震災害につきまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、復興されることを心よりお祈り申し上げます。2011年3月の東日本大震災以降、防災や避難体制への関心が高まり、合わせてインターネットの普及に伴って共有される情報や備えの知識も変化していると考えられま

2016年4月13日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

情報システム部門が抱える情報共有とナレッジ・マネジメントの課題(2016年)・前編

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメント(2016年)・前編  キーマンズネットでは、2016年2月3日〜 22日にかけて「情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題」に関するアンケートを実施した(有効回答数:392)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の35.5%、一般部門が64.5%という構成比であった。今回は、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題について伺った調査結果を前後編の2回にわたってお届けする。前編では、社内での「情報共有の状況」や「導入した

2016年4月12日Jストリームフィードバック数:0社会/政治

企業内の情報共有に関する調査

社員にとって有益な情報は『コミュニケーション』より『自分の業務に関連する情報』 ~ Jストリーム、企業内の情報共有に関する調査を実施 ~ 2016年4月6日 株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、社長訓示や社員研修、拠点間の情報共有といった『企業内の情報共有』に関する調査を実施したことをお知らせいたします。 レポートお申し込みフォーム:https://page.stream.co.jp/inner_report2016.html■調査実施の背

2015年12月11日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2015年中堅・中小企業におけるクラウドサービス評価に関する調査報告

2015年中堅・中小企業におけるクラウドサービス評価に関する調査報告PRESS RELEASE(報道関係者各位)2015年12月9日2015年中堅・中小企業におけるクラウドサービス評価に関する調査報告調査設計/分析/執筆: 岩上由高ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ TEL:03-5244-6691URL:http//www.norkresearch.co.jp)は2015年の国内中堅・中小市場におけるクラウドサービス評価に

グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)

プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)」を発表日本企業は、ISO27001のセキュリティフレームワークに偏重サイバーリスクの情報共有活動を行っている日本企業は3割程度2015年11月9日プライスウォーターハウスクーパース株式会社* 本プレスリリースは、2015年11月7日にCyber Conference Okinawa 2015 国際会議で開催した「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)結果報告および新会社設立の記者発表会」での発表資料

2015年8月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「仕事の効率化」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 派遣社員の7割は、仕事の効率化ができると回答。ポイントは「業務指示の明確化」と「情報共有」。ー『エン派遣のお仕事情報』ユーザーアンケート集計結果ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣のお仕事情報』()上でサイトを利用している1,023名を対象に「仕事の効率化」についてアンケート調査を行ないました。以下、概要を

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(BEPSを踏まえた我が国の事業環境整備と企業の親子間情報共有の在り方等に関する調査)

平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(BEPSを踏まえた我が国の事業環境整備と企業の親子間情報共有の在り方等に関する調査)

2015年3月24日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズが情報共有についての調査結果を公表しました。

ITによる情報共有の取り組み状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年12月17日〜2015年1月6日にかけて「ITによる情報共有の取り組み状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:445)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の46.1%、一般部門が53.9%という構成比であった。今回お聞きしたのは、社内での情報共有における「ITツールの利用状況」や「満足度」など、企業におけるITによる情報共有の取り組み状況を把握するための質問。その結果、ITによる情報共有の主流はメールであるが、SNSやメッセージングアプリといった情報

2015年3月19日オプト★フィードバック数:0マーケティング

オプトの調査です。

「話題の商品・サービス~購買行動とソーシャルメディア」に関する調査

オプト、「話題の商品・サービス~購買行動とソーシャルメディア」に関する調査を実施~ 「アナと雪の女王」が認知・購買経験ともにトップ~ ~情報共有・拡散メディアとしてTwitterは「クチコミ」と並ぶ存在に(とくに10代) ~ 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、15~59歳の男女1000人を対象に、「話題の商品・サービス~購買行動とソーシャルメディア」に関するアンケート調査を実施しました。調査結果の概要は以下のと

2014年9月3日Jストリームフィードバック数:0マーケティング

企業内の情報共有・教育での動画活用に関する調査

国内拠点数30箇所以上の企業では、25%が社内の情報共有に動画を活用 ― Jストリーム、企業内の情報共有・教育での動画活用に関する調査を実施 ― 2014年9月3日 株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、社内研修や社長訓示、拠点間の情報共有といった『企業内の情報共有・教育』での動画活用に関する調査を実施したことをお知らせいたします。 レポートにつきましては、以下のフォームよりお申し込みいただけます。 レポートお申し込みフォーム:■調査実施の背

2014年5月30日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)2013年度 活動レポート

プレス発表 サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)2013年度 活動レポートの公開問い合わせ等のフリをして送りつけられる「やり取り型」攻撃メールが国内の複数組織の窓口へ同時並行的に送信されていたことを確認2014年5月30日独立行政法人情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、標的型攻撃の防御に向けた産業界との情報共有の枠組みである「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP(ジェイシップ) (*1))において、参加組織から得られた情報の集積・

2014年5月27日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズがグループウェアについての調査結果を公表しました。

グループウェアの導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年3月5日〜3月17日にかけて「グループウェアに関するアンケート」を実施した(有効回答数:376)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の46.3%、一般部門が53.7%という構成比であった。今回お聞きしたのは、グループウェアの導入状況や満足度、重要だと思う機能など、企業でのグループウェア導入状況を把握するための質問。その結果、「スケジュール管理」がグループウェアで重要だと思う機能として多く挙げられ、これから導入を予定する方の中では「モバイルアクセス」に注目が集

2013年11月26日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズの調査です。

ITによる情報共有の取り組み状況(2013年)

キーマンズネットでは、2013年8月28日〜9月4日にかけて「ITによる情報共有の取り組み状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:358)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の49.2%、一般部門が50.8%という構成比であった。今回お聞きしたのは、社内での情報共有の取り組みにITツールを利用しているか、そのメリットやデメリット、今後利用予定のITツールなど、企業におけるITによる情報共有の取り組み状況を把握するための質問。その結果、主に中小企業でソーシャルメディアによる情報共有の

2013年3月14日マカフィーフィードバック数:17セキュリティ/ネットワーク

カップル間のデジタルプライバシー調査 in ニッポン

カップル間のデジタルプライバシー調査 in ニッポン ——“信頼”は“別れ”によってリスクに変わる ※本ブログは、マカフィー株式会社CMSB事業本部 マーケティング部長 青木大知によるものです。マカフィーは、「2013年版 恋愛、人間関係、テクノロジーに関する調査」の結果を発表しました。この調査は2013年2月28日に実施し、20〜39歳までの日本人男女を対象にオンラインで実施。有効回答は518件で、未婚は50.2%で、FacebookやLINEを使用していると回答したのは70%以上でした。SN

2012年4月26日Sansan★フィードバック数:0ビジネス

名刺の共有など会社での名刺の利用についての調査です。

企業における名刺の認識に関する調査

Sansan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 寺田親弘、以下Sansan)は、BtoB企業に勤務する法人営業職600名を対象に、企業における名刺の認識に関する調査を実施いたしました。営業担当者が業務で獲得する名刺の所有や利用について調査しております。Sansan株式会社は、今後もBtoB営業における名刺の管理・活用に関する調査を定期的に実施し、営業活動における名刺管理・活用の実態について発信してまいります。また、今回の調査についての詳細結果は、こちらから無料でダウンロードいただけま

2012年4月25日Sansanフィードバック数:0企業情報システム

営業業務におけるIT利用に関する調査

BtoB営業のIT化進むも、「名刺管理」は未だアナログ トピックスBtoB企業の法人営業職ではが個人的にFacebookを営業活動に活用Facebookを営業に利用している人のうちが新規開拓営業に役立ったと実感IT利用ニーズが高い営業業務はと「既存顧客の定期的なフォロー」一方で、「営業活動・進捗状況の共有」システム利用者は、情報入力が面倒な点に不満を感じているがアナログな名刺管理に課題を抱えている「名刺を持ち歩く」などの外出先での顧客連絡先情報の管理方法に、潜在的なリスクが潜む調査結果詳細(一部

2011年11月17日アイティメディアフィードバック数:3ビジネス

行き先ボードに嘘…「実は書いたことがある」との回答は何%?

行き先ボードに嘘…「実は書いたことがある」との回答は何%? 行き先ボードに“嘘”を書いたことは?外出先を明示する「行き先ボード」に“嘘”を書いたことが「ある」人は20%、「ない」人は80%という結果になった。圧倒的に少数な「ある」派のコメントだが、“嘘”といっても自主的な休憩時間をごまかす程度の、ある意味可愛らしいものが多かった。一方の「ない」派はそもそも“嘘”を書く必要がないという人が多数を占めた。また、業務的に外出がほとんどないため、行き先ボードに書く機会がないという人も。そして両派におい

2010年11月29日アイティメディアフィードバック数:12企業情報システム

調査から見えたクラウドの不安要素とセキュリティ強化への意欲

TechTargetジャパンでは2010年10月12日から26日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「クラウド利用に伴うセキュリティ意識の変化」についてのアンケート調査を実施した。クラウドの利用状況については、有効回答数200件のうち17.5%がSaaS(パブリッククラウド)を、7.0%がPaaS/IaaS(パブリッククラウド)を、19.0%がプライベートクラウドを利用中であることが分かった。 用途としては、パブリッククラウドが電子メール(50.0%)やスケジュール共有(44.8%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ