「情報機器」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月13日GfKフィードバック数:0マーケティング

スマートフォン、パソコン、タブレットの使用状況調査

「スマートフォン、パソコン、タブレットの使用状況調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、スマートフォンの普及が他機器の利用や需要に与えている影響を把握するため、情報機器の所有者約1200名を対象に機器の利用実態調査※1を実施した。その結果を基に、機器の組み合わせや連携について発表した。 【概要】・4割がスマートフォンとパソコンの両方を所有。スマートフォン、パソコン、タブレットのいずれも所有している人は16%・スマートフォンとパソコンの連携で最も多かったのはWebメールの利用。機器連携

2016年8月11日コズレフィードバック数:0社会/政治

パパママの情報機器に関するアンケート

[] ●パパママのスマホ利用はほぼ100%、PCに比べて2倍以上現在利用している情報機器に関して質問したところ、ほとんどのパパママは「スマホを毎日利用している」という結果が出ました。スマホをもっている人に関しては、他の機器と比べて、利用頻度がとても高く、スマホへの依存度が高いことが分かります。●子育て用品の情報取得は周囲の人に聞くよりもスマホで取得する場合が多い子育て用品の情報取得方法を質問したところ、「スマホから検索し購入および検討する(約80%)」、「スマホからSNSを通じて情報収集し購入お

パソコン・スマートフォンなどの情報機器 Part1. 情報機器の利用率

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート パソコン・スマートフォンなどの情報機器 Part1. 情報機器の利用率公表日 2016年3月22日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバー

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

マイボイスコム データのバックアップ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへバックアップ等をしている機器は「ノートパソコン」「デスクトップパソコン」「スマートフォン」が各2〜4割。「携帯電話」「DVD・BDレコーダー」などは、利用者のうち対策をとっている人の比率が低い。情報機器に保存しているデータやツール等の消失経験者は4割強 バックアップ等をしている人のうち「定期的に行っている」は4割弱。「気が付いたとき、思いついたとき」「大事なデータがある」が各3割。バックアップ等をしているデータは「写真、画像」「アドレス帳、

テレビおよび情報機器の利用動向

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2015年3月9日テレビおよび情報機器の利用動向スマートフォンの普及/情報機器の利用時間拡大とテレビ視聴――広い世代に受け入れられているテレビ放送 ―― 下のグラフはテレビの1日の視聴時間の週平均である。グラフの動きから、平均的な視聴時間は、ほぼ横ばいから微減の推移にあると見ることができる。少なくとも

2014年1月17日オプト★フィードバック数:0マーケティング

テレビも含む調査です。

「年末年始の動画視聴行動」の調査

『年末年始の動画視聴行動』の調査結果を発表! 「年末年始の動画視聴行動」の調査実施株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表:鉢嶺登)及び株式会社ホットリンクコンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:成瀬功一郎)は、情報機器(PC,携帯,タブレットなど)を利用している15~69歳の男女1200人を対象に、「年末年始の動画視聴行動」に関するアンケート調査、及び「クチコミ@係長」を使ったTwitterへの書き込み内容の分析を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。■調査の背景

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備,平成22年度における我が国の使用済情報機器の回収・再資源化の調査研究報告書

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備,平成22年度における我が国の使用済情報機器の回収・再資源化の調査研究報告書

デジタル機器についての調査です。

「情報機器・精密機器」についての調査(2013年1月調査)

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンターでは、「情報機器・精密機器」について、オムニバス調査(NOS:日本リサーチセンター・オムニバス・サーベイ)により全国47都道府県の1,200人を対象に調査を企画・実施いたしました。日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の

2012年11月16日マイナビ★フィードバック数:27モバイル

携帯電話の業務利用についてのアンケートです。

BYODにおける携帯電話の利用と通信料金の実態

個人所有のパソコンやスマートフォンなどの情報機器を業務に使う「BYOD(Bring Your Own Device)」の導入は、コスト削減や業務効率化を図れるというメリットから関心が高まっている。そこで今回は、BYODにおける携帯電話の利用と通信料金の実態について、マイナビニュース会員にアンケートを実施した。期間は10月29日から11月1日までで、919件の有効回答を得た。約3割が1日1回以上、携帯電話を仕事で使用。しかし、会社からの貸与は全体の2割にとどまるアンケートではまず、仕事の際にどのく

2011年9月30日インプレスフィードバック数:0マーケティング

東日本大震災 情報行動調査報告書

―岩手県、宮城県、福島県の約3000人に聞いた初の本格的調査― 『東日本大震災 情報行動調査報告書』 9月30日(金)発売 情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)発行 発生直後に役立ったメディアはラジオ、インターネットではヤフーがトップなど―岩手県、宮城県、福島県の約3000人に聞いた初の本格的調査― 『東日本大震災 情報行動調査報告書』 9月30日(金)発売 情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)発行 発生直後に役立ったメディアはラジオ、インターネットではヤフーがトップなど イ

2011年6月6日IPA★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

IPAによる白書です。

情報セキュリティ白書2011

情報セキュリティ白書2011 掲載日 2011年6月6日独立行政法人 情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、ITの専門家や技術者だけでなく、一般の利用者にも情報セキュリティの現状を周知することを目的に、国内外の注目すべき情報セキュリティ事件・事故や、新しいサービス・情報機器の利用拡大による新たな脅威など、広く情報セキュリティに関する出来事や状況をまとめ、「情報セキュリティ白書2011」として、2011年6月6日から販売を開始しました。 概要 「情報セキ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ