「情報源」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

評判・口コミに関するアンケート

Skip to content資料JPではリアル広告、ネット広告。マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です。 評判・口コミに関するアンケート|評判・口コミをチェックする人は買い物に慎重評判・口コミに関するアンケート|評判・口コミをチェックする人は買い物に慎重結果概要ネット上の評判や口コミについてのアンケートを実施評判や口コミを参考にする人は買い物に対して慎重な傾向比較・レビューサイトやECサイトの商品ページに書かれたレビューが「信頼できる情報源」と

2017年5月4日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

海外留学生のキャリア意識と就職状況(CFN会員調査結果)

プレスリリース海外留学生のキャリア意識と就職状況(CFN会員調査結果)2017年04月24日株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は海外の大学で学ぶ正規留学生や交換・派遣留学生を対象に、職業観や就職活動の方法、留学経験への感想など海外留学生のキャリア意識を調査しました。国内の学生(キャリタス就活・学生モニター)調査データと比較しながら分析いたしました。【主な調査内容】1.留学生の志望業界文系を見ると、「商社(総合)」が39.7%で最も多く、次いで「調査・コンサルタント」

2017年4月4日CRITEO★フィードバック数:0大型消費/投資

引越し・新生活に関する意識調査

物件検索の情報源、全体の8割以上が「オンライン上から収集する」一方、「店頭収集」は1割以下~20代はスマホ派、40代以上はPC派という年代よるデバイスの利用差も判明~ ~引越し・新生活に関する意識調査 パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年3月2日(木)から3月5日(日)までの期間、調査会社によるインターネット調査により、全国の20~59歳で、3年以内に賃貸住宅に引っ越しをした経験のある

NPSベンチマーク調査結果(シティホテル)

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 満足度が最も高いのは「客室の清潔さ」だが、さらなる改善を期待 2017年3月15日NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社NTTコム リサーチ結果 (No.238)NPS®ベンチマーク調査結果(ホテル)を発表~満足度が最も高いのは「客室の清潔さ」だが、さらなる改善を期待~ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江)が運営する

2017年1月3日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

メディア・リテラシーに関する実態調査

新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代は10%台、60代は40%超 『メディア・リテラシーに関する実態調査』新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代は10%台、60代は40%超若年層ほど「ネットの情報を信頼する」傾向に調査結果サマリー新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代が10%台、60代は40%超政治や経済について調べる際に参考にする情報源として、「新聞(全国紙)をよく参考にするし、信頼している」と答えた人の割合は、20代と30代では18.8%でした。一方、40代は27.4%、50代は41

2016年12月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?

2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは? スマートフォンに対する媒体注目度が、昨年より13.3ポイント上昇2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?担当者が情報源にするSNSは、「Facebook」が約8割で「Twitter」を上回る調査結果サマリー今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは「人工知能・AI」(38.8%)で、次いで「ポケモンGO」(36.

NPSベンチマーク調査結果(通販化粧品・健康食品業界)

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ コンタクトセンターや口コミを情報源とした購入者はNPS®が高い傾向 2016年12月13日NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社NTTコム リサーチ結果 (No.233)NPSベンチマーク調査結果(通販化粧品・健康食品業界)を発表~コンタクトセンターや口コミを情報源とした購入者はNPS®が高い傾向~ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締

2016年12月12日日本政府観光局★★フィードバック数:0大型消費/投資

JNTO訪日旅行データハンドブック2016(世界20市場)

JNTO訪日旅行データハンドブック2016(世界20市場) 韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インド、豪州、カナダ、米国、ロシア、ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、日本と世界「日本と世界」の第1章と第2章では日本の情報を、第3章では出国日本人の情報を、第4章では訪日外国人全体の情報をそれぞれ掲載しています。 (3)国際旅行収入と国際旅行支出(2006~2015) (1)外国旅行者数と訪日客数の推移(2006~2015)(2)

2016年10月6日ADDIXフィードバック数:0マーケティング

化粧品情報の収集とシェアについての意識調査

「化粧品をインスタに投稿」18~29歳では4割!「化粧品情報の収集とシェアについての意識調査」女性にとって、欠かせない存在の「化粧品」。程度の差こそあれ、ある程度のスキンケアやメイクのトレンド情報、新商品情報は、キャッチアップしていたい女性が多いのではないでしょうか。今年4月公開の「情報収集についての意識調査」(※1)では、同じ女性でも、情報収集の方法は年代でかなり違うことが明らかになりました。では、化粧品については、どうなのでしょう。BWRITEでは、18歳以上の女性200人に「化粧品情報の収

2016年9月16日Ryo-MAフィードバック数:0社会/政治

敬老の日に贈るプレゼント

敬老の日ギフト「情報源:ECサイト」「購入:実店舗」が人気【ECのミカタリサーチ】 「ECのミカタ」では「ECのミカタリサーチ」として消費者の市場動向調査を行っています。9月19日(月)が多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う「敬老の日」であることを踏まえ、祖父または祖母がいる20歳~39歳の全国の男女400人に「敬老の日に贈るプレゼント」をテーマにした意識調査を行いました。「ECのミカタリサーチ」は「敬老の日のプレゼントに関する調査」を第1回とし、ネットショップの運営や消費者意

2016年9月16日ECのミカタフィードバック数:0マーケティング

「敬老の日に贈るプレゼント」をテーマにした意識調査

敬老の日ギフト「情報源:ECサイト」「購入:実店舗」が人気【ECのミカタリサーチ】 「ECのミカタ」では「ECのミカタリサーチ」として消費者の市場動向調査を行っています。9月19日(月)が多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う「敬老の日」であることを踏まえ、祖父または祖母がいる20歳~39歳の全国の男女400人に「敬老の日に贈るプレゼント」をテーマにした意識調査を行いました。「ECのミカタリサーチ」は「敬老の日のプレゼントに関する調査」を第1回とし、ネットショップの運営や消費者意

2016年8月31日マクロミル★フィードバック数:0モバイル

4人に1人がビッグウェーブに乗る!?ウワサの『新型iPhone』の購入に関する意識調査

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム4人に1人がビッグウェーブに乗る!?ウワサの『新型iPhone』の購入に関する意識調査 2016年8月23日|Author : Motchy4人に1人がビッグウェーブに乗る!?ウワサの『新型iPhone』の購入に関する意識調査Tag : iPhone,Android,スマートフォン,ビッグウェーブ,アップル毎年、夏から秋にかけての時期にネットを賑わす話題のひとつが「新型iPhone」の噂です。発売日はいつ?カラーバリエーションは?名

2016年8月19日インバウンドナビフィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人観光客リサーチ|夕飯はどこで探した?消費額は?

訪日外国人観光客リサーチ|夕飯はどこで探した?消費額は? 訪日外国人観光客の訪日の楽しみの一つに「食事」がある。和食、ラーメン、お寿司などをお目当てとする外国人観光客も多く、直近の訪日外国人消費動向調査 (2016年4-6月期) によると、飲食費は旅行消費額全体の内20.1%を占める。昨年の4-6月期は全体の18.4%だったので、飲食費の割合が増しており、相対的に「食」への期待は高まっているとも言えよう。日本の食への期待は高まってきていると考えられるが、そもそも訪日外国人観光客らはどのようにお店

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶コーヒーの利用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶コーヒー飲用者は全体の7割弱、過去調査より減少傾向。週1本以上飲用者は全体の2割強、男性30・40代では各4割強。缶コーヒー飲用者が最も好んで飲む甘さは「微糖、低糖」が4割強「無糖」が3割強。 缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「タイプ」「無糖・微糖などの糖類の量」「価格」などが続く。 缶コーヒー選定時の情報源で最も多いのは「テレビ番組・CM」で、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」など、店頭や商品からの情報が続く。

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム 冷蔵庫の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ利用冷蔵庫のメーカーは「日立」「東芝」「パナソニック」「シャープ」「三菱電機」などが各1〜2割弱。 主利用冷蔵庫について「満足」の比率は、パナソニック主利用者で4割弱、日立主利用者、ハイアールアクアセールス主利用者、東芝主利用者、三菱電機主利用者などで各3割 冷蔵庫選定時の重視点は「省エネ」「使い勝手」が上位2位。以下「冷蔵室の容量」「冷凍室の容量」「幅」「食品の鮮度を保つ機能」などが続く。購入決定に影響が大きい情報源は「店頭の商品、商品情

2015年12月16日大和ネクスト銀行フィードバック数:0社会/政治

2015年ランキングで見るシニアライフに関する調査

"2015年ランキングで見る"シニアライフに関する調査 掲載日 : 2015年12月14日株式会社大和ネクスト銀行 平素は大和ネクスト銀行をご利用いただきありがとうございます。 シニア予備軍とシニアの"シニアライフに対する意識や実態"を探るため、2015年11月5日~11月6日の2日間、全国の50~79歳の男女を対象に、"2015年ランキングで見る"シニアライフに関する調査をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

2015年12月11日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

予防接種に関する保護者の意識調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース予防接種の情報について定期・任意関わらず、ほぼ全ての保護者が「全て知りたい」 最も決め手となる情報源「かかりつけの医師」、過半数の保護者「より詳しい情報を知りたい」~予防接種に関する保護者の意識調査~ 予防接種の情報について定期・任意関わらず、ほぼ全ての保護者が「全て知りたい」 最も決め手となる情報源「かかりつけの医師」、過半数の保護者「より詳しい情報を知りたい」~予防接種に関する保護者の意識調査~2015年12月08日 [火] QLifeは、子ども

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム 新聞の利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ新聞(紙版)を読む人は7割強。2009年調査時より約16ポイント減少。「毎日必ず読んでいる」は3割強、男性や高年代層で頻度が高い傾向 ニュースの情報を得る手段は「テレビ番組」「ポータルサイトのニュースページ」「新聞(紙の紙面)」が各5〜6割。新聞社のニュースサイト・電子版で「無料・会員登録していない」は2割弱、「無料・会員登録している」は約9%、「有料」は約2% 新聞の電子版・サイトの利用頻度は「ほとんど毎日」が利用者の5割弱。利用機器は「

2015年11月24日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

生活者1万人アンケート調査

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0企業情報システム

マイボイスコム 防災用品

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ災害に備えている人は全体の3割、備えていない人が5割強。20・30代では「ほとんど備えていない」の比率が高い。「防災用品の準備」が4割、「家具などの転倒・落下防止対策」「地震保険への加入」「避難場所や経路の確認」が各20%台 備蓄しているものは「飲料水」「懐中電灯、LEDライト」「缶詰」「レトルト食品・インスタント食品・真空パック」などが、準備している人の各6〜7割 準備している人が、防災用品を点検する頻度は、1年に1回以上が5割強。東北で

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム からだにいい食事・食べ物(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへからだにいい食べ物・飲み物をとるよう気をつけている人は半数強。気をつけていることは「野菜を多くとる」「量を食べすぎない」「塩分、甘いもの、油分などを控える」「必要な栄養素をバランスよくとる」「余分なカロリーをとらない」「旬のものを食べる」などが各4〜5割で上位 からだのために習慣的に摂取している食べ物は「野菜」が5割強、「乳製品」「大豆加工品」「きのこ類」などが各4割弱で上位。飲み物は「日本茶、麦茶、ウーロン茶、ブレンド茶など」が5割、「牛

2015年8月26日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム 飲食店情報の検索(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ飲食店情報を調べる際の情報源は「パソコンのインターネットサイト」が8割弱、「紙媒体情報」が3割強で、いずれも過去調査に比べ減少傾向。スマートフォンのインターネットサイトやアプリは各1〜2割で、過去調査に比べ増加。女性20代では情報源の1位となっている パソコン・携帯端末で飲食店情報を調べる際に利用するサイト・アプリの1位は「ぐるなび」、2位「食べログ」。「食べログ」は2011年以降増加傾向 飲食店情報サイト・アプリ選定時の重視点の上位は「登

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ネット上の口コミ情報(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ商品・サービス購入時にネット上の口コミ情報を参考にする人は6割弱。口コミ情報の書き込みをする人は4割弱 口コミ情報を参考にする人がよく見るのは「価格.com」「amazonのカスタマーレビュー」「食べログ」「ぐるなび」など。口コミ情報を参考にして購入する商品・サービスは家電製品やパソコンの他、宿泊・旅行などが上位 商品・サービスを購入・利用したくなる口コミ情報は「口コミ件数が多い」「同じ評判の口コミをいろいろな人が書いている」など 「買うか

シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査

【第1弾】シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査(全3回...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 【第1弾】シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査(全3回予定) シニア世代“医...【第1弾】シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査(全3回予定) シニア世代“医療機関で不調発覚”が栄養摂取の動機― 最も信頼する栄養摂取の情報源も「医療機関からの情報」 ― 株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区霞が関、代表取締役社

懸賞、ハマってる?

●分析テレビや雑誌、インターネットなどでよく行われている懸賞。皆さんも賞品に惹かれて、一度は応募されたことがあると思います。中には、高額商品が当たった、生活に必要なものはすべて懸賞で当てているなんて強者もいらっしゃるのでは? 今回は「懸賞」についてリサーチを行いました。 Q1.この1年間に、懸賞やプレゼントクイズに応募しましたか?(複数可) この1年間に、懸賞への応募は、「携帯・スマホ・タブレットで応募した」とお答えの方が55.9%、「パソコンで応募した」とお答えの方が50.3%でした。半数以上

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム 携帯電話・スマホの情報収集(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[20212]携帯電話・スマートフォン購入時の情報収集(第2回) 直近購入時、スマートフォン購入経験者のうち、買い替え者は3割弱、携帯電話からスマートフォンへの移行者は2割強、携帯電話の買い替え者は4割強。直近の購入場所は「携帯電話会社専門ショップ」が購入経験者の6割強、「家電量販店」が2割弱 携帯電話・スマートフォン店頭購入者のうち事前に情報を集めた人は6割弱で、「買う商品を決めてから買いに行った」「だいたいの候補などをイメージしてから買

消費者にどこまで接近できるか?-情報を「届ける」時代から「取りに来てもらう」時代へ-

消費者にどこまで接近できるか?-情報を「届ける」時代から「取りに来てもらう」時代へ- | ニッセイ基礎研究所 消費者にどこまで接近できるか?-情報を「届ける」時代から「取りに来てもらう」時代へ- 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者との接点の持ち方が難しくなっている。(株)電通が毎年公表している「日本の

企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け

企業情報サイト調査結果分析2014第1回:企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け企業Webサイトが新聞に接近「企業情報について、あなたが信頼できると思う情報源をお答えください(複数回答)。」という形式の質問で、最も回答者の割合が高かったのは新聞だが、その割合は前年の64.4%から63.6%へとわずかだが減少している。次いで企業Webサイトの割合が高いが、その割合は前年58.9%から61.7%へとわずかだが増加している。その結果、新聞63.6%に対し企業Webサイト61.7%と、両者の差は非

2015年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶コーヒーの利用(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶コーヒーを飲む人は7割強で、過去調査より減少傾向。週1本以上飲む人は全体の3割弱、男性30・40代では各半数弱。1年前に比べて缶コーヒーを飲む頻度が減った人は、飲用者の2割強 缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「タイプ」「無糖・微糖などの糖類の量」「価格」の順で多い 缶コーヒー選定時の情報源で最も多いのは「テレビ番組・CM」で、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」など、店頭や商品からの情報が続く 缶コーヒーを飲みたい

2015年3月10日ブレインネット★フィードバック数:0社会/政治

女性対象の調査です。

女性の防災とネット活用の意識調査

女性の防災とネット活用の意識調査2015.03.10 (Tue) 日頃の防災対策「特に何もしていない」がほぼ半数情報源はテレビが1位。ネット検索とリアルの会話が同率2位災害時の連絡方法は、携帯電話、メール、LINE「ネットは防災に役立つが、活用しきれていない」が7割コンテンツに求めるのは「簡潔さ」がトップコンテンツマーケティングの情報サイト「ブレインネットプレス」は、20~50代の女性を対象に、「防災対策とネット活用」の意識調査を実施しました。実践している防災対策や、知識を得るメディア、ネットの

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 入浴剤(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ入浴剤使用者は5割強。冬の入浴剤利用者は5割強で、過去調査と比べ減少傾向。毎日利用者は2割弱、週1回以上利用者は4割強 入浴剤使用場面では「主に寒い季節に」が最も多く「季節を問わず使う」は3割。続いで「身体を温める」「疲労回復」「血行促進、冷え性対策」「肩こりや腰痛などの回復」「リラックス」などが上位 入浴剤使用者が購入時に参考にする情報源は「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」「テレビ番組・CM」などが上位 入浴剤使用者の、

2014年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ボディソープ・石けん(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ入浴時に「ボディソープ、石けんの両方を使う」は2割強、石けん使用者は5割強、ボディソープ使用者は7割弱。購入時に「だいたいいつも同じ銘柄の製品を選ぶことが多い」は4割強 石けん選択時の重視点は「価格」の他、「メーカーやブランド」「泡立ち」「好みの香り」が上位。直近1年以内使用銘柄は「その他・銘柄はわからない」が4割弱。銘柄の中では「牛乳石鹸」「花王ホワイト」が上位2位 ボディソープ選択時の重視点は「価格」に続き、「好みの香り」「メーカーやブ

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム 情報(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食品・飲料購入時の情報源は「テレビ」「商品パッケージの説明、店頭の情報」がトップ2。購入の決め手は「商品パッケージの説明、店頭の情報」が1位 衣料品購入時の情報源は「商品パッケージの説明、店頭の情報」が最も多い。情報源の2位以下は「テレビ」「メーカーや店舗の公式ホームページ」「店頭の店員」「雑誌」「折り込み広告」「オンラインショップの商品情報、口コミレビュー」など。決め手も「商品パッケージの説明、店頭の情報」が1位 家電製品購入時の情報入手

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム インスタントコーヒー(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへインスタントコーヒー飲用者は7割弱、2012年調査より減少。「ほとんど毎日」は全体の3割弱 インスタントコーヒーの飲用場面の上位3位は「家でくつろぎながら」「間食・おやつ」「朝食」で、2012年調査よりも「家でくつろぎながら」が増加 インスタントコーヒーの好きな飲み方は、「ホット/ブラック」「ホット/カフェオレ」「ホット/砂糖・クリーム入り」などが上位。「ホット/カフェオレ」は女性が男性を大きく上回る インスタントコーヒー購入時の重視点は「

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 胃腸薬の利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ胃腸薬利用者は全体の5割弱で、過去調査より減少傾向。年代が高いほど利用者が多い。利用場面は「胃もたれ」「胃痛」「食べすぎ」「胸やけ」など。過去調査に比べ「胃もたれ」は減少傾向、「食べ過ぎ」が増加傾向 市販の胃腸薬選定時の重視点は「効能・効果」に続き、「効き目のはやさ」「価格」「飲みやすさ」などが上位。参考情報源は「テレビ番組・CM」「販売店の店頭の情報」「家族や友人の意見」「商品パッケージの説明」「医師、薬剤師、店員など」などが上位 市販の

B2Bサイトについての調査です。

BtoBサイト調査結果分析2014 第3回:購入検討時における参考情報

BtoBサイト調査結果分析2014第3回:購入検討時における参考情報第1回では仕事上の情報源を見たが、今回はステージが変わり、購入検討時に参考にする情報源について検討する。グラフは購入検討時における参考情報を仕事上の情報源と対比する形で示したものである。【図1】BtoB顧客の購入検討時参考情報(2014)仕事上の情報源として重視されているのは「企業Webサイト」だったが、購入検討時でも同様に企業Webサイトを選択する人が最も多かった。ただし、回答者の割合は半分程度(65.7%→32.4%)に下が

業務上の情報源における企業サイトの位置付け

BtoBサイト調査結果分析2014第1回:業務上の情報源における企業サイトの位置付けグラフはBtoBユーザーがふだん、仕事で参考にしている情報源を示したものである(図1)。【図1】仕事上の製品・サービスの情報源(2013-14年)(回答者の割合、複数回答)企業のウェブサイトを利用すると答えた人の割合が最も高く、54.2%を占める。また、昨年の54.4%と数値はほとんど変わらなかった。(ただし、これはPCユーザーの値で、PCまたはスマートフォン、タブレット端末のいずれかを合わせると65.7%となる

2014年7月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ダイエット(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「現在ダイエットをしている」が2割強、「過去にしたことがある」が3割強で、これらをあわせたダイエット経験者は6割弱。ダイエットに関する情報収集をしている人は全体の7割弱。情報源は「テレビ番組」が4割強で、2位以下を大きく上回る ダイエットの理由は「体型・スタイルを良くするため」の他、「健康状態を改善するため」「自分自身で体型・スタイルの変化を感じたため」「生活習慣病を予防するため」「洋服をかっこよく着るため」などさまざま ダイエット方法は「

2014年6月18日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

職場の雰囲気に関する意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 女性が「良い」と感じる職場の雰囲気は、挨拶と助けあいの姿勢。女性の転職活動調査 ~「職場の雰囲気に関する意識調査」を発表~人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」()上で、サイト利用者の女性697名を対象に「職場の雰囲気」をテーマにアンケートを行いました。人材確保に苦慮する企業

2014年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 外貨預金の利用(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ外貨預金現在利用者は10.9%、利用経験者は19.8%。外貨預金利用意向は13.7%で過去調査より減少傾向、「わからない」が2011年より増加 外貨預金をしている金融機関は「シティバンク」「三菱東京UFJ銀行」「証券会社」「ソニー銀行」「住信SBIネット銀行」「新生銀行」などが各1割 外貨預金利用のきっかけの情報源は「金融機関のWebサイト」が最も多く、「金融機関の担当者のアドバイス」「家族や友人・知人」などが続く。地方銀行、証券会社での外

2014年4月3日オールアバウトフィードバック数:0大型消費/投資

増税前の駆け込み購入(クルマ編)

【生活トレンド研究所レポート2014 vol.7】「増税前の駆け込み購入(クルマ編)」に関する調査を実施~消費増税を見越してクルマを購入した人に一番選ばれたのは「国産・ガソリン車」~~クルマを選ぶ情報源、20代は意外にも「テレビCM」がトップ~

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶コーヒーの利用(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶コーヒーを飲む人は7割強で、過去調査と比べて減少傾向。週1本以上飲む人は全体の3割弱、男性30・40代では各半数。WONDA主飲用者、ダイドーブレンド主飲用者では他の層より飲用頻度が高い傾向 缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「無糖・微糖などの糖類の量」「タイプ」「価格」の順で多い。「価格」は過去調査に比べ増加傾向 缶コーヒー選定時の情報源で最も多いのは「テレビ番組・CM」で、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」など

企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け

企業情報サイト調査結果分析2013第1回:企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け「企業情報について、あなたが信頼できると思う情報源をお答えください(複数回答)。」という形式の質問で、最も回答者の割合が高かったのが新聞(64.4%)、次いで企業のWebサイト(58.9%)で、この両者の間には大きな数値の開きはなかった。さらにこれらにテレビ(46.4%)、ニュースサイトやポータルサイト(41.8%)が続くが、前2者と比べ、かなり数値が落ちる。【図1】ユーザーが信頼する企業情報の情報源(2013

伝統的な広告は 車を買う人にとって信頼できる情報源。(アメリカ)

WHAT'S NEW伝統的な広告手法(テレビ・新聞・雑誌等)は 車を買う人にとって信頼できる情報源。 一方、ソーシャルメディア等の消費者主導型コンテンツに影響される人は7%程度- 車を買いたいアメリカの消費者約1,000名に聞いた -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、近々新車の購入を検討している人たちが、情報収集から実際の購入までにどのような行動を取るのかをアメリカや中国で調査し、その結果を分析しています。昨年7月から10月にかけてグルー

2014年2月5日MMDLabo★フィードバック数:0ライフスタイル

情報源についての調査です。

花粉症に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 花粉症に関する情報源は「TV、PC、スマートフォン」から 花粉症に関する情報源は「TV、PC、スマートフォン」から MMD研究所は2014年1月24日~25日にかけて15歳以上の男女563人を対象に、「花粉症に関する調査」を実施致しました。 花粉症対策方法、対策グッズの購入方法、花粉症に関する情報源など、花粉症に関連した調査を行っています

2013年11月6日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

シニアのメディア利用についての調査です。

新大人研レポートⅩ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化(3)

NEWSHOMENEWSニュースリリース新大人研レポートⅩ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化③ 自ら情報収集し、メディアを賢く使いこなす“メディアエルダー”へ新大人研レポートⅩ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化③ 自ら情報収集し、メディアを賢く使いこなす“メディアエルダー”へ 2013年11月06日 50~60代の情報源は、テレビと新聞がダントツ。男性の3位にWebサイト、女性は友人や家族からのクチコミ。いま40~60代生活者が「日本の高齢社会を大きく転換」しようとし

2013年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 敬老の日の過ごし方(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ敬老の日にお祝いをした人は1割強で、年々減少傾向。お祝いをする立場として何かをした人は全体の2割強。「お祝いをする立場だが特に何もしていない」が全体の5割弱。行ったことの中では「プレゼントを渡した・贈った」が上位。かけた費用総額は「1,000円〜3,000円未満」「3,000円〜5,000円未満」がボリュームゾーン 渡したプレゼントはお菓子や食品、花・植物、衣料品などが上位。参考にした情報源は「店頭の情報(POPなど)」「プレゼントを貰う本

第428回 懸賞、ハマってる? 2009.08.27~2009.09.02

●分析雑誌を読んでいたり、スーパーなどで買い物をしていると、「プレゼントが●名様に当たる!!」という懸賞をよく見かけますよね。最近は、懸賞専門の本やホームページもあり、「よく当たる方法」を指南するマニュアルもあるとか。懸賞で生活する達人もいるようです。では、55192ママ・パパはどれくらい懸賞に応募されているのでしょう。さっそく調査してみました! Q1.この1年間に、懸賞やプレゼントクイズに応募しましたか?(複数可)※ただしゴーゴー育児への応募は除く。 この1年間の懸賞への応募を伺うと、大半

保険も含む金融商品についての調査です。

「金融商品」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「金融商品」について、オムニバス調査(NOS:

第498回 産院選びの決め手は? 2011.02.10~2011.02.16

●分析出産は女性にとって、まさに命をかけた大仕事。ママの体のこと、産まれてくる赤ちゃんのことを考えると、信頼・安心できる産院をきちんと選びたいものですよね。最近は、ゴージャスな食事やマタニティエステ、出産後のプレゼントといった「プラスα」で人気を集めている産院もありますが、一方で産院不足も問題になっているよう。そこで今回は「産院選びの決め手は?」と題してリサーチを実施。ママたちがどのようなポイントで産院を選ばれたか教えていただきました。 Q1.産院は満足でしたか?(自宅出産の場合はQ4へ)産院の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ