調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報漏えい

「情報漏えい」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年12月27日JCN Newswireフィードバック数:0ビジネス

消費者は情報漏えいを起こした企業とは取引しないことが明らかに Gemalto

アムステルダム, 2017年11月28日 - (JCN Newswire) -デジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であるジェムアルトの委託で世界の消費者10,000名以上を対象に実施された調査によると、大部分(70%)の消費者が、情報漏えいを起こした企業とは取引しないと回答しています。また、10人中7人(69%)の消費者が、企業は顧客の個人情報保護を重視していないと感じています。一方で、消費者がセキュリティ対策を適切に講じていないこともこの調査で明らかになりました。半数以上(56%)が依然

2017年4月9日エムオーテックスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ教育の実態調査

~NO MORE 情報漏えいプロジェクト~全国47都道府県のビジネスパーソン1,410名&情報システム部門担当100名に聞いた「セキュリティ教育の実態調査」エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”を2014年10月に発足しました。同プロジェクトでは、セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック『7つの習慣・20の事例』の提供を2017年2月

2016年2月1日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

情報資産の管理実態に関するアンケート調査

情報資産の管理実態に関するアンケート調査 2016年01月28日■ 「電子データの管理者権限など適切に保管している」との回答が60.2% ■ 「情報漏えいの危険や保管場所は作った本人しかわからない」との実態が浮かぶ ■ 文書管理ツールやデジタルアセットマネジメント(DAM)について、「導入済み」の回答は17.5% ■ 「DAMのメリットは情報漏えいの防止につながる」との理解は浸透  株式会社MM総研(東京都港区、所長:中島洋、以下 MM総研)と凸版印刷株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:

2016年1月25日MM総研フィードバック数:0社会/政治

マイナンバー制度対応システム・サービスの導入実態調査

マイナンバー制度対応システム・サービスの導入実態調査 2016年01月21日■ マイナンバー制度対応に「既に取り組んでいる」と回答した企業は69.9% ■ 対応した業務のうち「人事・給与」が占める比率は最大の49.1% ■ マイナンバー対応システム・サービスへの期待は「セキュリティへの対応力の高さ」がトップ  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は1月21日、企業のマイナンバー制度に対応にしたシステム・サービスの導入実態に関する調査結果を発表した。本調査は、同制度に対応したシステムやサービス

2015年12月11日エムオーテックスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

スマートデバイスの紛失実態調査

【MOTEX NEWS LETTER】忘年会シーズンの情報漏えいに要注意!一年の苦労は忘れてもスマホは忘れるな!「スマートデバイスの紛失実態調査」を実施MOTEXが社会的問題である「情報漏えい」の解決・防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”から最新のNEWSを配信します。今回は「忘年会シーズンの情報漏えいに要注意!一年の苦労は忘れてもスマホは忘れるな!」です。忘年会シーズンに起こり得る情報漏えいのリスクと対策に関するレポートに加え、都内12店舗の居酒屋チェーン「笑笑」での啓

2015年11月26日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~18時。土日祝祭日を除く) 2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ見ただけで感染する「正規サイト汚染」の脅威 Trend Labs 2015年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

2015年3月3日エムオーテックス★フィードバック数:0ビジネス

Webメールの利用についての調査です。

Webメールサービスの利用実態

【MOTEX NEWS LETTER】約半数が“メール誤送信”経験アリ!社外の信用損失リスクをはらむ“メール誤送信”。“メールチェック漏れ”に要注意!エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”を2014年10月に発足。今回、プロジェクトサイトにて、20~60代の男女140名に「Webメールサービスの利用実態」を調査いたしました。今や、ビジネスシーン

2015年1月8日MM総研★フィードバック数:0ビジネス

法人でのモバイル利用についての調査です。

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2014年度版)

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2014年度版) 2015年01月07日■法人向けフィーチャーフォンは3年後も54%が残る見通し ■スマートフォン導入企業の割合は、本格導入が増えるも、検討中の予備軍は減少 ■スマートフォンの従業員配布率は現在5.8%から3年後12.5%へ拡大の見通し ■タブレット端末の従業員配布率は現在2.6%から3年後6.2%へ拡大の見通し ■スマートフォン導入拡大の阻害要因では「ウイルス感染」不安が2位に上昇  MM総研(

2014年12月2日エムオーテックス★フィードバック数:0ビジネス

スマートデバイスと情報漏えいについての調査です。

業務用スマートデバイスの利用実態調査

~NO MORE 情報漏えい プロジェクト~30代男女のビジネスパーソン600名に聞いた「業務用スマートデバイスの利用実態調査」エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”を10月に発足。プロジェクト第二弾として、今回、スマートデバイスを会社から支給されている全国30代男女のビジネスパーソン600名を対象に「業務用スマートデバイスの利用実態」を調査い

2014年4月1日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TechTargetのレポートです。

情報漏えい対策に関する調査リポート

TechTargetジャパンは2014年1月、TechTargetジャパン会員を対象に「情報漏えい対策に関する読者調査」を実施した。調査結果からは、企業の情報漏えいに対する危機意識からセキュリティ対策製品/技術の導入状況、標的型攻撃への対策状況などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業における、情報漏えい対策の実態や関連製品の導入状況について調査するため方法

2014年3月17日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのまとめです。

2014年版 情報セキュリティ10大脅威

2014年版 情報セキュリティ10大脅威複雑化する情報セキュリティ あなたが直面しているのは? 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。 第1章 セキュリティ脅威の分類と傾向攻撃者の意図・被害者の特性等で脅威を分類し、脅威が高まる社会的背景等を解説しています。第2章 2014年版10大

2009年2月9日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

PCログ監視システムの利用状況に関するアンケート調査

調査概要 目的:TechTargetジャパン会員のPCログ監視システムの利用状況調査方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2008年12月13日〜12月22日有効回答数:460件※ 回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。  TechTargetジャパンでは2008年12月13日から22日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「PCログ監視システム」に関す

2009年1月5日日立製作所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日立子会社によるセキュリティに関するまとまった調査です。

2008年ファイル交換ソフトによる情報漏えいに関する調査結果

HIRT-PUB08008:2008年ファイル交換ソフトによる情報漏えいに関する調査結果 ファイル交換ソフトを通じた情報漏えいに関する現状を明らかにするために、2007年に引き続き、インターネットユーザのファイル交換ソフト利用状況や意識に関して調査を行いました。調査期間:2008年9月18日〜9月26日 調査の方法:インターネットユーザに対するWEBアンケート方式回答数:有効回答数 20,189人PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビ

2008年11月4日アイティメディア★フィードバック数:1企業情報システム

TechTargetにノークリサーチがシンクライアントに関する調査結果を載せています。

シンクライアントの導入検討、これだけは知っておきたい

連載第2回となる今回は、前回「“再ブーム”のシンクライアント、その実現方式を理解する」で解説したシンクライアントの各方式をビジネスニーズの観点から整理するとともに、ノークリサーチが行ったシンクライアントに対するユーザー意識調査の結果に基づき、シンクライアントの現状と課題について考察したいと思う。シンクライアントに関係するビジネスニーズ シンクライアントの導入が有効なビジネス上の課題としては、以下が挙げられる。情報漏えい防止(社内) クライアントPCに保存された個人情報をUSBメモリで持ち出したり

2008年4月21日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPA/三菱総研による大規模調査です。

2007年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査

2007年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査の報告書公開について掲載日 2008年 4月17日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)は、最新の情報セキュリティ関連の被害実態及び対策の実施状況等を把握し、情報セキュリティ対策を推進するため、「2007年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」を実施し、報告書を公開しました。最新の情報セキュリティ関連の被害実態及び対策の実施状況を把握するため、企業・自

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ