調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報通信政策研究所

「情報通信政策研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月19日総務省★★★フィードバック数:0マーケティング

メディア利用についてのまとまった調査です。

平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

報道資料「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表総務省情報通信政策研究所は、東京大学大学院情報学環 橋元研究室との共同研究として 「平成26年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」を実施し、その報告書等を取りまとめましたので公表します。 1 背景・目的「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」は、スマートフォンの普及等により利用が進んでいるソーシャルメディア等のインターネット上の新しいメディアと、テレビ、新聞といった従来型のメディアについ

2014年11月28日総務省★フィードバック数:0エンタテインメント

放送コンテンツの輸出についてのレポートです。

放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度)

報道資料放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度) 総務省情報通信政策研究所では、「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度)」の調査結果を取りまとめましたので、その概要を公表します。1 背景総務省情報通信政策研究所では、日本の放送コンテンツの輸出額について、平成16年度(2004年度)から調査を実施しています。今回、平成25年度(2013年度)の調査結果を取りまとめましたので、その概要を公表します。 2 概要 平成25年度(2013年度)の日本の放送コンテンツ海外輸

2014年7月18日総務省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

高校生のスマホ、ネット利用です。

高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査報告書

報道資料「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査報告書」の公表 総務省情報通信政策研究所は、東京大学情報学環 橋元研究室との共同研究として、「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」を実施し、その報告書を取りまとめましたので公表します。1 背景・目的総務省情報通信政策研究所では、その実態を明らかにするため、東京大学橋元研究室との共同研究として、東京都立高校生約15,000人を対象に、スマートフォン・アプリの利用実態及び家庭環境や友人関係などの利用を

2014年7月6日総務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ものづくりのデジタル化についてのレポートです。

「ファブ社会」の展望に関する検討会 報告書

報道資料「ファブ社会」の展望に関する検討会 報告書の公表 総務省情報通信政策研究所では、デジタルファブリケーション機器の普及による新しい「ものづくり」の動きが、社会にどのような影響を与えるかを展望するため、本年1月より「『ファブ社会』の展望に関する検討会」(座長 田中 浩也 慶應義塾大学環境情報学部准教授)を開催してきました。今般、同検討会において報告書がとりまとめられましたので、公表いたします。1 概要「3Dプリンター」等に代表されるデジタルファブリケーション機器の普及により、個人がネットワー

2014年5月25日総務省★★フィードバック数:0モバイル

ユーザー調査です。

位置情報の利用に対する意識調査

報道資料「位置情報の利用に対する意識調査」の公表総務省情報通信政策研究所は、「位置情報の利用に対する意識調査」を実施し、その結果を取りまとめましたので公表します。1 目的電気通信事業者が取得可能な位置情報の活用の在り方の検討に資するため、携帯電話利用者が位置情報を提供し、多様な目的に利用される事に対する意識調査を行い、その結果を取りまとめました。 2 調査速報についてその他の調査研究結果については、以下の情報通信政策研究所のホームページをご覧下さい。URL 連絡先情報通信政策研究所 調査研究

2014年5月14日総務省★フィードバック数:0モバイル

高校生のスマートフォンやソーシャルメディアの利用についての調査です。

「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」(速報)

報道資料「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」(速報)の公表 総務省情報通信政策研究所は、東京大学情報学環 橋元研究室との共同研究として、「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」を実施し、その速報を取りまとめましたので公表します。1 背景・目的昨今、高校生にもスマートフォンが急速に普及し、メッセージ・アプリを含むソーシャルメディアの利用が急速に進むなど、従来のメールや通話とは全く異なる新しいコミュニケーションの形態が拡大しています。また、その

2014年4月23日総務省★★フィードバック数:0エンタテインメント

総務省のレポートです。

放送コンテンツの海外展開に関する現状分析

報道資料放送コンテンツの海外展開に関する現状分析 総務省情報通信政策研究所では、「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析」(平成24年度)の調査結果を取りまとめましたので、その概要を公表します。1 背景総務省情報通信政策研究所では、日本の放送コンテンツの輸出額について、平成16年度(2004年度)から調査を実施しています。今回、平成24年度(2012年度)の調査結果を取りまとめましたので、その概要を公表します。 2 概要平成24年度(2012年度)の日本の放送コンテンツ関連輸出額は、100億

2014年4月15日総務省★★★フィードバック数:0マーケティング

メディア、デバイスの利用についての調査です。

「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(速報)

報道資料「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(速報)の公表 総務省情報通信政策研究所では、「平成25年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」を実施し、その速報を取りまとめましたので公表します。1 背景・目的スマートフォンの普及等により利用が進んでいるソーシャルメディア等のインターネット上の新しいメディアと、テレビ、新聞といった従来型のメディアについて、時間帯毎の利用実態、利用目的、信頼度等を把握し、メディア間の関係を明らかにすることを目的として、平成24年より「情報

2013年4月2日みずほ情報総研★フィードバック数:7社会/政治

障がい者のネットやモバイルの利用についての調査です。

障がい者のICT利用の現状と課題

技術動向レポート障がい者のICT利用の現状と課題― □□□□□□□□□□□□□□ ―経営・ITコンサルティング部シニアコンサルタント能瀬 与志雄障がい者のICT利用はある程度進んでいるが、ユーザインターフェース等利用のハードルは依然として高い。スマートフォンも、その課題は大きいが、一方で支援ツールとしての可能性も大きく、今後の発展が望まれる。る。例えば、セブン&アイ、イオンといった流はじめに情報通信技術(ICT)の国民への浸透はここを入れ始めており、セブン&アイグループは10年で著しいものがある

2012年9月11日総務省★フィードバック数:101セキュリティ/ネットワーク

スマートフォンの普及など環境面も含めた調査です。

「青少年のインターネット・リテラシー指標」の公表

報道資料「青少年のインターネット・リテラシー指標」の公表総務省では、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、別添のとおり結果概要を「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標(ILAS)」として取りまとめましたので、公表します。(報告書全体は、後日、情報通信政策研究所のホームページに掲載予定)1 経緯・目的総務省では昨年度、インターネット・リテラシー向上施策の重要性に鑑み、今後同施策を効果的に進めていくために、青少年のインターネット・リテラシーを可視化

2012年5月30日総務省★フィードバック数:81マーケティング

ソーシャルメディアも含めた情報源とその信頼度について調査しています。

東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査

報道資料東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査結果の公表 総務省情報通信政策研究所では、東日本大震災を契機として国民の情報行動やメディアへの信頼度等にどの程度の変化があったのかについての調査結果を取りまとめましたので、公表します。1 経緯情報通信政策研究所では、東日本大震災を契機として国民の情報行動やメディアへの信頼度等にどの程度の変化があったのか、震災直後と現在との2時点について震災前と比較、検証するため郵送調査を行い、今般、その結果をとりまとめました。 2 調査結果の概要 (1

2011年8月8日総務省★フィードバック数:32セキュリティ/ネットワーク

ネット、テレビ等各メディアでの情報流通と消費についての調査結果です。

情報流通インデックス

報道資料「情報流通インデックス」計量結果の公表 総務省情報通信政策研究所は、過去30年間にわたって国内の情報流通量を計量してきた「情報流通センサス」に代わる新たな情報流通量指標である「情報流通インデックス」を昨年度作成し、計量、公表しているところです。今般、平成21年度分のデータの計量結果を新たに取りまとめましたので、公表します。1 経緯総務省情報通信政策研究所は、過去30年間にわたって国内の情報流通量を計量してきた「情報流通センサス」に代わり、現在の情報通信メディアの状況、インターネットによる

2009年9月14日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報通信産業の経済動向報告(2009年第2四半期)

報道資料「情報通信産業の経済動向報告(2009年第2四半期)」の公表 総務省では、2009年第2四半期(4〜6月期)の情報通信産業の経済動向を取りまとめましたので公表します。 【ポイント】○ 景況感は電気機械業、通信業では大企業を中心に改善の兆し。○ 情報通信製造業は在庫調整が進み、薄型テレビ需要等により生産が持ち直し。○ 情報通信産業の設備投資は、減少傾向が続く。○ 情報通信関連の消費支出は3四半期ぶりに増加。 連絡先総務省情報通信政策研究所調査研究部 担 当:東川主任研究官、原田研究官 電

2009年8月24日総務省フィードバック数:20マーケティング

「インターネット検索エンジンの現状と市場規模等」に関する調査

報道資料「インターネット検索エンジンの現状と市場規模等」に関する調査結果の公表インターネット検索エンジンの月間延べ利用者数(2008年)は4,775万人、 PC向け検索連動型広告市場規模(2008年)は1,254億円に 総務省情報通信政策研究所では、インターネット検索エンジンの利用者数等に関する現状と関連する市場規模等の推計を取りまとめましたので、公表します。情報消費が進展する中、インターネット利用の増加に伴い、インターネット上のURLを瞬時に検索する検索エンジンの利用が拡大しています。本調査で

2009年7月21日総務省フィードバック数:36マーケティング

ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究

報道資料「ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究」の結果の公表 総務省情報通信政策研究所では、ブログ及びSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)について、2008年度の市場規模を推計した結果を取りまとめましたので、公表します。 CGM(Consumer Generated Media:消費者生成型メディア)を代表するブログ及びSNSは、日本で本格的に商用サービスの提供が開始されてから5年以上が経過し、サービス利用の拡大や市場の成長がみられています。このことから、本研究所では、ブログ及びSNS

2009年7月21日総務省フィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク

「情報流通インデックス研究会」報告書

報道資料「情報流通インデックス研究会」報告書の公表 総務省情報通信政策研究所では、現在の情報通信メディアの状況、インターネットによる情報流通の拡大等の動向を的確に把握できるよう、新たな情報流通量指標の枠組みについて幅広い見地から検討を行うため、平成21年1月から「情報流通インデックス研究会」(座長:廣松毅 情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科教授)を開催してきました。このたび、同研究会報告書が取りまとめられましたので、公表します。1 経緯総務省情報通信政策研究所では、過去30年間にわ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ