調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報通信総合研究所

「情報通信総合研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

InfoCom ICT経済報告 2016年4-6月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年9月21日ICT経済を下支えするサービス利用の活発化(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、IC

グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年5月26日ICT普及、100年以上かかった先進国の水準に遅れていたアフリカでも15年で到達 -グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)技術の世界的な普及と変遷を分析するために、篠﨑彰彦・九州大学教授監修のもと、グローバルICTインディケーターを作

ICT投資の経済効果、一般投資の2倍に!

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年3月25日ICT投資の経済効果、一般投資の2倍に!・2014年度GDP統計確報を反映して本研究所のマクロモデルを再推定・ICT関連の設備投資によるGDPの押し上げ効果(乗数効果)は、ICT以外の設備投資と比べると2倍・足元の経済減速を織り込み、昨年12月公表分から経済見通しを下方修正 (株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、

2015~2018年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年12月18日2015~2018年度経済見通し 実質経済成長率:2015年度1.0%、2016年度1.6%、2017年度0.0%、2018年度1.3%を予測(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数75、

InfoCom ICT経済報告 2015年7-9月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年12月1日ICT経済、4四半期ぶりのマイナス成長へ -ICT財生産、サービスともに減速も9月からは反転の兆し-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom IC

InfoCom ICT経済報告 2015年4-6月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年8月28日ICT経済、輸出中心に足踏み状態(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、ICT経済概況

コネクテッドカー:米国通信キャリアが狙う次の市場

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 コネクテッドカー:米国通信キャリアが狙う次の市場 米国通信市場ではスマートフォンの普及率が80%を超えており、通信キャリアは各社ともにARPU向上の施策としてタブレットの普及に力を入れている。さらに、タブレットの次の市場としてIoT(Internet of Things)に向けた準備を既に整えている。IoTの中でも米国通信キャリアが力を入れているのは、スマートホーム(オートメーションテクノロジーが備わった住宅)とコ

2015年1‐3月期のICT経済

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年6月3日ICT経済、2期連続でプラス成長 -好調な情報サービス業と、スマートフォンや車載向け部材需要の増加が寄与-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom

情報検索~情報活用に関する最新動向(1)ビジネス情報収集にも使えるニュース・キュレーションアプリ

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 TOPITトレンド全般情報検索~情報活用に関する最新動向(1) ビジネス情報収集にも使えるニュース・キュレーションアプリ情報検索~情報活用に関する最新動向(1) ビジネス情報収集にも使えるニュース・キュレーションアプリ 「情報検索~情報活用に関する最新動向」では、情報収集、情報検索、情報整理、情報分析、情報活用、情報創造等をめぐるトレンドや話題をお届けします。さまざまなニュースソースから、社会的に話題のニュースやア

中国スマートフォン市場、2015年第1四半期は過去6年初の前年割れ:Appleの復活とサムスンの凋落

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 TOPITトレンド全般中国スマートフォン市場、2015年第1四半期は過去6年初の前年割れ:Appleの復活とサムスンの凋落中国スマートフォン市場、2015年第1四半期は過去6年初の前年割れ:Appleの復活とサムスンの凋落 調査会社IDCが2015年5月11日、2015年第1四半期(1~3月)における中国スマートフォン市場の調査結果を発表した(※1)。それによると2015年第1四半期の出荷台数は前年比4.3%減の9

ガラケー出荷台数が7年ぶりに前年を上回る:今でも根強い人気のガラケー

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 ガラケー出荷台数が7年ぶりに前年を上回る:今でも根強い人気のガラケー MM総研は2015年2月3日、2014年1月~2014年12月まで1年間の日本国内携帯電話端末における出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数は前年比2.5%減の3,828万台で、2012年から2年連続で減少した。スマートフォン出荷台数は前年比5.3%減の2,770万台だが、フィーチャーフォン出荷台数は前年比5.7%増の1,058万台となった。フィ

ICT関連分野の市場動向-2014年9月の動向

ICT関連分野の市場動向−2014年9月の動向(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年9月のICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はICT関連市場を法人向けサービス(売上高)、消費者向けコンテンツ(売上高)、プラットフォーム(売上高)、端末(生産額)の4つのレイヤに大別して動向を表したものである。これを見ると消費増税以降、減少幅が拡大し続け

2014~2017年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2014年12月19日2014~2017年度経済見通し -実質経済成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.7%、2016年度1.8%、2017年度0.0%を予測-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数

つぶやき分析です。

Twitterでみる旅行先ランキング

Twitterでみる旅行先ランキング(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 数年前まで消費者の行動や心理分析においては、アンケート調査やブログ、口コミサイト等のデータが活用されていた。近年SNSサービスが急速に普及し、日々膨大な量のデータが飛び交うようになった。いわゆるビッグデータである。このビッグデータをリアルタイムに分析することによってビジネスに活かす動きが活発になっているが、SNSサービスにおいて代表的なものがTwitterのつぶやき(ツイ

ICT関連分野の市場動向-消費増税後の動き

ICT関連分野の市場動向−消費増税後の動き(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年4月の消費増税(5%から8%)により、2014年4−6月期の実質消費支出は前年同期比で−1.6%(ICT関連実質消費支出は前年同期比で−5.5%)と落ち込んだ。しかしながらすべての市場が縮小したわけではない。今回はICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はI

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ