「意識変化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月28日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成28年度第2回インターネット都政モニター「建物の耐震化」アンケート

ここから本文です。平成28年度第2回インターネット都政モニター「建物の耐震化」アンケート結果今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、建物の耐震化に関する都民の意識変化を把握し、今後の都政運営の参考とするものです。主な調査結果大地震に対する意識の変化(P3)8割近くの方が「熊本地震以前から、東京でも大地震が起きるかもしれないと感じている」(79.0%)、2割近くは、「熊本地震が起きてから、東京でも大地震が起きるかもしれないと感じた」(16.8%)と回答、「東京と熊本は離れているので、大き

2016年3月7日博報堂フィードバック数:0社会/政治

新大人研レポート No.25 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その(9) 新しい大人世代の孫育ては「近居・孫友」の新スタイル

新大人研レポート No.25 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑨ 新しい大人世代の孫育ては「近居・孫友」の新スタイル・孫がいる60代の43.5%が孫育てに参加した経験あり。女性は52.2%、男性も32.7%とかなりの割合に。 ・孫育てをもう一度やりたいは、全体で男性76.2%、女性73.3%。孫育て参加理由は「一緒にいると楽しい、刺激がある」が73.0%と目立つ。 ・同居・近居については、35.4%の人が子ども家族との近居を望んでいる。2016年3月2日博報堂新し い大人文化研究所で

2015年11月25日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

クロスジェネレーションを求める新型50・60代

NEWS新大人研レポート No.21 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑤ クロスジェネレーションを求める新型50・60代 2015年11月18日 若者世代とは交流・協力し、それだけでなく若者世代をサポートしたい。「大人世代と若者世代がお互いの良さを認め合いつつ、交流・協力し、新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」「大人世代が若者世代を応援して、若者世代から新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」が共に7割強に。年代が高くなるにつれ、この傾向が強くなっている。博報堂新しい大人文化

2015年11月15日博報堂★★フィードバック数:0社会/政治

新型50・60代は「介護予防」「健康向上欲求」の意識高く

新大人研レポート No.20 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その④ 新型50・60代は「介護予防」「健康向上欲求」の意識高く「介護予防」を心がけ、「健康向上」を手段として 「生活を充実させ、楽しみたい」という気持ちが強い。 ・「健康を維持して今の暮らしを保ちたい」は全体の9割で、「健康を向上させて、生活を充実させたい/楽しみたい」は全体の8割。 ・現在携わっている介護に関しては「精神的負担」が大きく、自身の介護に関しては60代の83.2%が具体的な「介護予防」策を実践している。博報堂新

2015年10月27日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

新型50・60代は「新しい大人のライフスタイル」創りへ

NEWS新大人研レポート No.19 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その③ 新型50・60代は「新しい大人のライフスタイル」創りへ 2015年10月27日 「自分なりのライフスタイル」創造に意欲的。全体に女性がリード。健康は予防、趣味はパソコン。 「自分なりのライフスタイルを創っていきたい」が9割近く。誰と創りたいかは「配偶者とも創りたいが、自分一人のスタイルも創りたい」が全体の42.9%と最も高い。「配偶者と一緒に」は男性が41.8%、女性は29.2%と“夫の片思い”。博報堂新しい大

2015年10月13日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

新大人は“新型50・60代”であり、それをリードするのは「自然体大人女子」

新大人研レポートNo.18 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その② 新大人は“新型50・60代”であり、それをリードするのは「自然体大人女子」40~60代は「若々しい」が当たり前。「若々しい」に加え 「センスがいい」、「自然体に」を求める“新型50・60代”が登場。・「呼ばれて嬉しい言葉」は「センスがいい」が初めて「若々しい」を上回り、1位に。「若々しい」+α を求めている。 ・「こうありたい自分」としては「自然体に」が上位に。男性に先駆けて、女性ががんばる若さからより自然な若さを求めて

2015年10月8日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

新大人はこれまでの同世代と違う“新型50・60代”

新大人研レポートVol.17 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その① 「新大人はこれまでの同世代と違う“新型50・60代”」新大人は自分を“シニア”だと思わず、“シニア”と呼ばれたいとも思っていない。 「自分は従来の40~60代と違う」という意識が高い傾向に。・50代の9割近くは“シニア”を自分のことだと思っておらず、60代の9割近くは“シニア”と呼ばれたいとは思っていない。 ・40~60代の85.1%の人たちが「自分達は従来の40~60代とは違う」と思っている。 ・どういった点がいまま

2014年11月11日リクルートフィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税後半年間(4~9月)、消費者の外食への意識変化

ホットペッパー グルメ リサーチセンター 調査・研究・データ 消費税増税後半年間(4~9月)、消費者の外食への意識変化ホットペッパー グルメ リサーチセンター調査・研究・データ消費税増税後半年間(4~9月)、消費者の外食への意識変化 ホットペッパー グルメ リサーチセンターによる 独自の研究・調査結果のご報告や HOTPEPPERグルメサイトのアクセスログ分析による 消費者の検索傾向などです。消費税増税後半年間(4~9月)、消費者の外食への意識変化「何も意識しなかった」が過半数で市場への影響は限

2014年10月22日博報堂★★★フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総研です。

生活定点2014

NEWS22年間にわたる生活者観測データを一般公開、博報堂生活総研「生活定点2014」 2014年10月22日 発見や発想のヒントが得られる『生活定点』特設サイトオープン株式会社博報堂のシンクタンク「博報堂生活総合研究所」(以下「生活総研」所長:嶋本達嗣)は、22年間にわたり隔年で実施してまいりました生活者意識の定点観測調査『生活定点』を無償一般公開(フリーダウンロード、二次利用可能)いたしました。『生活定点』調査とは、1992 年から 22 年間にわたって隔年で実施している生活総研のオリジナル

2014年7月1日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

現代ベトナム人の社会意識

本稿は、ドイモイ期ベトナムの社会意識に関する既存研究のレビューに基づき、ベトナムにおける今後の社会意識研究の可能性について考察する。既存研究は、全般的に、貧しくとも生活満足度の高い国民、将来への楽観的な見通しをもつ青年、伝統的な価値観の残る農村、家族といった、社会の比較的平穏で安定的な側面を映してきた。しかし、ベトナム人研究者、政府関係者等の間でも、社会分化という現象およびそれに伴う社会意識の変化に対する関心、ないし研究の必要性に対する認識は高まっている。今後は、意識調査を含む様々な社会調査を通

2014年5月16日日経BPフィードバック数:0ビジネス

勤務先でのパソコンの導入に関する調査

Windows XPサポート切れ以降もセキュリティや管理工数への意識がさらに拡大―勤務先でのパソコンの導入に関する調査―2014年05月15日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)はこのほど、企業におけるパソコン導入に関する意識調査を情報システム部門の所属者に対して実施し、その結果をまとめた。この調査では、パソコン導入時の検討ポイントとして、特に、「セキュリティ」と「パソコンの管理工数(以下、管理工数と略す)」に着目して、それらを意識する度合いやその変化、変化の要因について尋ねた。調査を

2014年4月13日マーシュ★フィードバック数:0社会/政治

震災後6回目の調査です。

震災後の生活に関するアンケート-6回目-

震災後の生活に関するアンケート調査-6回目-総括 東日本大震災から三年、被災地域と関東圏それぞれの思いと意識変化震災に関する定点調査の第6回。2011年3月11日に発生した東日本大震災から3年が経過し、震災への意識・備えや現在の行動への影響を、関東圏、被災地域在住方を対象に調査した。震災への意識低下は窺えるものの、食品については良くも悪くも意識をされていることが明らかとなった。関東では、「少しでも復興の力になれるなら」と意識的に購入している人も1割強存在し、自分に何かできることはないかと、考えて

2013年11月11日バルクフィードバック数:0大型消費/投資

VOL.50 夏の過ごし方に関する調査(2011/7)

夏の過ごし方に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.50 夏の過ごし方に関する調査調査日時:2011年07月01日(金)~07月05日(火) 東日本大震災と原発事故の影響で経済産業省が打ち出した『節電アクション』。 3月に停電が行われた東日本だけにとどまらず、日本中が一つとなって取り組み始めています。 今年の夏も厳しい暑さが懸念されていますが節電しながら如何に乗り切るのか。 猛暑対策や節電対策に夏の旅行先も加えて調査いたしました。※本調査レポートの引用・転載

2013年7月17日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

日銀アンケートに見た予想以上の意識変化に注目

日銀アンケートに見た予想以上の意識変化に注目

2013年5月8日博報堂フィードバック数:6マーケティング

生活インデックスレポート・消費動向編2013年5月

NEWS博報堂生活総研『生活インデックスレポート・消費動向編5月』 [消費意欲指数] [デフレ生活指数] 2013年05月08日 ●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2指数から分析 ●5月の [消費意欲指数 = 48.4点] [デフレ生活指数= 60.8点]2013年5月8日生活インデックスとは、博報堂生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナル の指数です。2013年4月より発表を開始致しました。今回の生活イ

2011年9月28日積水化学工業★フィードバック数:1大型消費/投資

住宅に関する震災影響調査です。

「東日本大震災による住意識の変化」調査

「東日本大震災による住意識の変化」調査について2011年9月20日株式会社住環境研究所積水化学工業株式会社住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)の調査研究機関である株式会社住環境研究所(所長:倉片恒治、千代田区神田須田町1-1)は、このほど東日本大震災によって住意識、住宅重視ポイントがどのように変わったのかを明らかにするため、消費者行動の研究を行っている慶応義塾大学商学部清水研究会(清水聰教授)と共同で、「東日本大震災による住意識の変化」調査を実施しました。住まい選びの重視ポイントの変化だけで

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ