調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 意識調査報告書

「意識調査報告書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較-

高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較- Copyright (C) 2011 National Institution For Youth Education 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号 Tel: 03-3467-7201(自動音声案内)

2016年10月17日武蔵野市フィードバック数:0社会/政治

景観ガイドラインについてのアンケート調査

景観ガイドラインについてのアンケート調査結果報告書(平成28年5月実施)景観ガイドラインについてのアンケート調査結果報告書(平成28年5月実施)1 調査目的本市では、平成29年の公表に向けて、魅力ある景観の形成を進めていくための指針となる武蔵野市景観ガイドライン」を検討しています。本調査は、景観ガイドラインの検討の参考とするために、市民および商業者の景観への意識を把握することを目的として実施しました。2 調査対象市内に居住する満18歳以上の市民(無作為抽出) 1,000名武蔵野市商店会連合会に加

2016年7月28日農林水産省★★フィードバック数:0社会/政治

食育に関する意識調査報告書

次の調査の企画・実施を委託しております。 食育に関する意識調査報告書「食育に関する意識調査報告書」(平成28年3月 内閣府食育推進室) お問合せ先消費・安全局消費者行政・食育課担当者:食育計画班 代表:03-3502-8111(内線4576) ダイヤルイン:03-3502-5724 FAX番号:03-3502-0594

大学生の87%が「就職活動に不安」

【プレスリリース】大学生の87%が「就職活動に不安」 ラーニング導入実績1200超を誇る国内最大級のeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、就職活動を行っている大学生を対象に就職活動に対するアンケート調査を実施し、その結果を2016年6月27日に公開いたしました。アンケートの結果、就職活動を行っている大学生の実に87%が「就職活動や就職に不安」を感じていることが明らかとなりました。内定を1つでも獲得して

2016年5月30日内閣府★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成27年度インターネットによるバリアフリー化に関する意識調査報告書

平成27年度インターネットによるバリアフリー化に関する意識調査報告書(PDF形式) 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2016年2月5日デジタル・ナレッジフィードバック数:0社会/政治

ICTの活用状況についてアンケート調査

【プレスリリース】小中高の8割が『全校的にICT活用』~“本質的な教育に時間を割ける”メリットも。やる気が出る、わかりやすい―「授業・生徒が変わった」具体例とは~ eラーニング導入実績1200超を誇る国内最大級のeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役社長:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、株式会社Z会ラーニング・テクノロジと共同で、ICTを導入している小中高の教員100名を対象にICTの活用状況についてアンケート調査を実施、その結果を公

「アクティブラーニング」の導入実態調査

【プレスリリース】「アクティブラーニング」の導入実態調査。6割が成果を実感!環境整備・教員研修の実施がカギか 1000を超える企業・スクール・学校のeラーニングシステムを立ち上げている『日本で初めてのeラーニング専門ソリューションベンダー』、株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は株式会社Z会ラーニング・テクノロジと共同で、2015年10月、アクティブラーニングを導入している小・中・高校教員100名を対象に、アクティブラーニングの実施状況についてアンケート調査を実施しました。

校教員、大学教員に対する反転授業に関するアンケート調査

【プレスリリース】高校教員・大学教員の半数が『反転授業』導入に意欲~「アクティブラーニングにつながる」「授業ビデオ作成が大変」 高まる期待と課題~ 高校教員・大学教員の半数が『反転授業』導入に意欲~「アクティブラーニングにつながる」「授業ビデオ作成が大変」 高まる期待と課題~1000 を超える企業・スクール・学校の e ラーニングシステムを立ち上げている『日本で初めての e ラーニング専門ソリューションベンダー』、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)が運営する e ラー

2015年8月3日デジタル・ナレッジフィードバック数:0キャリアとスキル

全国の看護師・准看護師を対象にeラーニング研修の実施状況に関するアンケート調査

【調査レポート公開】看護師の7割が「eラーニング研修で学びたい」~実際の導入率17%、目まぐるしく進化する医療現場ならではのeラーニング活用を~ 1000を超える企業・スクール・学校のeラーニングシステムを立ち上げている『日本で初めてのeラーニング専門ソリューションベンダー』、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、全国の看護師・准看護師を対象にeラーニング研修の実施状況に関するアンケート調査を行いました。その結果、eラーニング研修を導入

2014年大学生の意識調査報告書

「2014年大学生の意識調査報告書」のご案内毎年実施している「学生の消費生活に関する実態調査」が50回の節目を迎えるにあたって、「2014年大学生の意識調査」を実施しました。この報告書は、現代大学生の意識を深く分析した第1部の「2014年大学生の意識調査」報告と、「第1回~第50回学生生活実態調査にみる大学生活の変化」の第2部で構成されています。

オンライン映像教材を利用している社会人を対象に、学習に関するアンケート調査

【プレスリリース】利用満足度91%、43.8%が「ほぼ毎日学習」(*1)『オンライン映像教材』が社会人学習の新スタンダードへ 利用満足度91%、43.8%が「ほぼ毎日学習」(*1)『オンライン映像教材』が社会人学習の新スタンダードへ~つづき再生・ポイント表示・質問機能でさらなる付加価値を~1000を超える企業・スクール・学校のeラーニングシステムを立ち上げている『日本で初めてのeラーニング専門ソリューションベンダー』、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)が運営するeラー

2015年5月15日鹿児島県★フィードバック数:0社会/政治

鹿児島県の調査です。

少子化対策に関する県民意識調査報告書

ここから本文です。少子化対策に関する県民意識調査報告書について少子化の進行の一因となっている未婚・晩婚化が年々進んでいることから,結婚や育児に関する県民の意識を把握し,今後の少子化対策の参考にするとともに,次世代育成支援対策推進法に基づく「新かごしま子ども未来プラン(仮称)」の基礎資料を得ることを目的として調査を行いました。少子化対策に関する県民意識調査報告書 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリン

2015年3月30日熊本県★フィードバック数:0キャリアとスキル

熊本県の調査です。

男女共同参画に関する県民意識調査報告書(平成26年11月調査)

 熊本県庁 〒862-8570 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号 Tel:096-383-1111(代表)

2014年10月22日日本製薬工業協会フィードバック数:0ライフスタイル

第8回くすりと製薬産業に関する生活者意識調査

くすりと製薬産業に関する生活者意識調査報告書第10回くすりと製薬産業に関する生活者意識調査の結果が閲覧できます。

データベース管理者1000人の調査です。

データベースのセキュリティ対策および管理者意識調査報告書

報道関係者各位2014 年 9 月 10 日データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)データベースのセキュリティ対策およびデータベース管理者の意識調査報告書を公開~ 管理者の 10 人に 1 人は「情報を売却するかも知れない」 ~データベース・セキュリティ・コンソーシアム(会長:安田浩)では、2014 年 9 月 10日、『「DBA1,000 人に聞きました」アンケート調査報告書』を公開しました。※DBA:データベース管理者◇URL: http://www.db-security.o

理科、科学についての調査です。

高校生の科学等に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較-

高校生の科学等に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較-1 調査の目的2 調査内容3 調査方法等4 調査対象者の基本属性1 自然や科学への興味や関心2 自然や科学に関する学習3 自然や科学で心に残った出来事4 科学や社会問題への関心5 科学や技術に対する評価6 体験的学習と科学や社会問題への関心との関係1 観察や実験に関する意識2 理科の自由研究3 理科に関する意識4 希望する理科の授業国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センター長 明石 要一資料 Copyright (C

2014年7月21日坂出市フィードバック数:0社会/政治

人権に関する市民意識調査報告書

人権に関する市民意識調査報告書について 坂出市では、平成15年12月に「坂出市人権教育・啓発に関する基本指針」を策定し、すべての行政施策の根底に人権がかかわっていることを認識する中で、市民一人ひとりの人権が尊重されるまちづくりをめざし、さまざまな取り組みを行っています。これまでの人権施策の検証を行うとともに、人権問題が市民の日常生活の中でどのように意識されているかを把握し、各種人権課題の解消に向けた今後の教育及び啓発のあり方を考える基礎資料とするために、平成25年8月に「人権に関する市民意識調査

2014年6月11日福岡県★フィードバック数:0社会/政治

福岡県の調査です。

子育て等に関する県民意識調査

子育て等に関する県民意識調査(平成25年度版) 調査の概要及び調査結果報告書について 本県では、少子化の流れを変えることを目指しつつ、安心して子どもを生み育てることができ、子どもたちが健やかに育つ社会づくり、地域全体で子育てを支え応援する社会づくりを推進するため、次世代育成支援対策推進法に基づき、平成22年3月に福岡県次世代育成支援行動計画「出会い・子育て応援プラン」(後期計画)を策定し、様々な施策を講じているところです。 このたび、本県における今後の少子化対策を推進するうえでの基礎資料とするた

2014年4月1日沖縄県★フィードバック数:0ライフスタイル

沖縄県民の意識調査です。

第8回県民意識調査報告書 くらしについてのアンケート

ここから本文です。更新日:2016年9月29日第9回県民意識調査報告書 くらしについてのアンケート結果広く県民の意識や価値観、行政ニーズの変化及び行政施策に対する充足度等を把握して今後の県政運営に活用するため、県民意識調査報告書を取りまとめました。調査項目沖縄県民の自己像 県民の「幸せ」感 地域とのつながり 生活各面の重要度及び充足度 政策の優先度 県民の価値観 居住意向 県(民)の長所と短所 生活状態の意識、変化及び今後の見通し 生活状態の達成度と希望 産業の振興度 重点施策 米軍基地に関する

企業における動画活用の実態調査

株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、22歳以上の社会人(管理職以上)計300名を対象に、企業における動画活用の実態とインターネット動画配信サービスの利用に関するアンケートを実施し、その調査結果を公開致しました。アンケートでは、企業としてインターネット動画配信を「すでに行っている」が9.3% 、「行う検討をしている」が21.3%、 「行う予定はない」が69.3%という結果となり、企業での動画活用は今だ限定的であることが明らかとなりました

eラーニングの利用についての調査結果です。

eラーニング利用の実態調査

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、eラーニングを利用している製造業の経営者・役員および従業員計49名を対象に、技術教育におけるeラーニング利用の実態についてアンケート調査を実施しました。その結果、現状では、『コンプライアンス教育』『基礎技術教育』にeラーニングを活用している会社が多いことがわかりました。今後は『専門技術教育』『商品知識教育』にeラーニングを活用したいという声が多く、映像教材の特性を十分に生かしたeラーニングで、より高度かつ専門的な教育を実施したいという

震災で教育意識に変化?教育機関注目の『保護者の本音』と『今求められる学習サービス』とは ~東日本大震災の教育への影響に関する調査報告書リリース~

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、小・中・高校生の子どもを持つ関東地方に住む保護者100名に対してアンケートを行い、東日本大震災とそれに伴う計画停電等による子どもたちへの影響や教育機関の対策、保護者自身の教育への意識変化などについて調査を実施しました。 その結果、震災による影響(複数回答)は、「学校の授業が一部休講となった」がもっとも多く、次いで「交通機関の混乱などにより一時的に学校に通えなかった」「習い事に通えなくなった」となり、多くの子どもたちが通学や学習上影響を

2011年6月1日デジタル・ナレッジ★フィードバック数:0ビジネス

企業の経営者を対象とした震災調査です。

【経営者100人に聞く】東日本大震災の事業への影響と対策 ~関心が高まる危機管理やテレワーク、経営者側の意識とは~

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、東日本大震災により"事業や経営に影響を受けた"とする全国の経営者および経営に携わる役員計100名を対象に、震災の影響とその対応策、さらには、震災後注目を集めているテレワーク(在宅勤務)導入についてアンケート調査を実施しました。(有効回答数100)その結果、震災による影響は『売上の減少(見込み)で事業計画の見直しが必要となった』がもっとも多く、多くの企業が資金繰りや売上計画の見直しを含む緊急対応を迫られた実態が浮き彫りとなりました。また

ユーザー側のフィッシングに関するまとまった意識調査です。

フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008

~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008について2008年07月30日フィッシング対策協議会は、2008年2月にインターネット利用者を対象とした「フィッシングに関するユーザ意識調査」を実施し、その調査結果をまとめました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ