調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 意識調査賃金

「意識調査賃金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月20日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2017/2/142017年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善、過去最高の51.2%が見込む〜 2017年度の従業員給与・賞与、改善効果で約3.5兆円増加と試算 〜はじめに2017年の景気は、「悪化」や「踊り場」局面になると考える企業が前年から減少したうえ、「分からない」が過去最高となるなど(「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」)、先行きが一段と見通しにくくなっている。その一方で、政府は官民対話等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞

2016年2月18日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2016/2/152016年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は46.3%で7年ぶり減少〜 賃金改善の理由、「労働力の定着・確保」が過去最高の73.8% 〜はじめに2015年の景気は「踊り場局面」とする企業が半数を超える(「2016年の景気見通しに対する企業の意識調査」)など停滞感の漂う一年となったが、政府は官民対話を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素とし

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は44.6%で過去最高〜 6割超の企業で総人件費が増加見通し 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査

2015/3/162015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は45.2%〜 賃金改善の内容は、ベア36.4%・賞与21.1% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月8日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する愛知県企業の意識調査

2015/2/272015年度の賃金動向に関する愛知県企業の意識調査賃金改善を見込む企業48.4%、全国を0.1ポイント上回る〜 「ベースアップ」による賃上げが「賞与」を上回る 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。帝国データバンク名古屋支店は、2015年度の賃金動

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査

2015/2/202015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は50.0%で前年度比増加〜 「ベースアップ」による賃金改善が上昇 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する九州企業の意識調査

2015/2/232015年度の賃金動向に関する九州企業の意識調査賃金改善を見込む企業は48.9%で過去最高〜 ベアが前年度比6.0ポイント増の38.6% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。そこで帝国データバンク福岡支店は、2015年度の賃金動向に関する企業の意

2015年2月16日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

TDBの調査です。

2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/2/162015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は48.3%で過去最高 〜 給与・賞与は総額3.2兆円増加すると試算 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。 このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ