調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 感染症患者

「感染症患者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月17日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成26年結核登録者情報調査年報集計結果(概況)

平成26年結核登録者情報調査年報集計結果(概況) 本年報は、全国の保健所を通じて報告される結核登録者の状況(平成26年1月1日〜12月31日)を取りまとめたものである。 [1] 年間の新登録結核患者数は初めて2万人を下回り、罹患率も減少傾向が続いているが、 いまだ年間1万9千人以上の結核患者が新たに登録されており、喀痰塗抹陽性肺結核(※1)患者も年間7千6百人以上登録されている。(参考資料 4-1 [97KB]、4-2 [97KB] 参照)・新登録結核患者数:19,615 人・新登録結核患者罹患

2014年12月19日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京都での流行状況です。

都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに

都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに平成26年12月18日福祉保健局 都内では、インフルエンザ定点医療機関からの第50週(12月8日から12月14日まで)の患者報告数が「流行注意報基準」※ を超え、インフルエンザの流行が広がっています。第50週での注意報は、新型インフルエンザ※※が流行した平成21(2009)年を除き、平成11(1999)年に感染症法に基づく調査が開始されて以来、最も早く、今後、大きな流行へと拡大する可能性があります。インフルエンザの予防、拡大防止のために、より一層注意を払う

2014年11月28日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

インフルエンザの流行は始りました。

都内でインフルエンザの流行開始

都内でインフルエンザの流行開始平成26年11月27日福祉保健局 都内のインフルエンザ定点医療機関からの第47週(11月17日から11月23日)の患者報告数が、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えました。過去5シーズンにおいて最も早い流行開始となっています。インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しています。今後、本格的な流行が予想されるため、インフルエンザにかからない、感染を広げないための対策を一人ひとりが心がけてください。インフルエンザ対策のポイントこまめな手洗い休養・栄養・水分

2014年7月27日厚生労働省★フィードバック数:0ライフスタイル

結核罹患についてのデータです。

平成25年結核登録者情報調査年報集計結果(概況)

平成25年結核登録者情報調査年報集計結果(概況) 本年報は、全国の保健所を通じて報告される結核登録者の状況(平成25年1月1日〜12月31日)を取りまとめたものである。 ○ 日本の結核罹患率は、欧米諸国と比較して高く、依然としてその水準に達してはいない。(参考資料 1 [233KB] 参照)日本の結核罹患率(人口10万人対の新登録結核患者数)(16.1)は、米国(3.1)の5.2倍、ドイツ(4.9)の3.3倍、オーストラリア(5.7)の2.8倍。○ 結核新登録者および罹患率はともに減少傾向にあ

2014年7月22日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京での流行状況です。

ヘルパンギーナが流行、都内で警報基準を超える

ヘルパンギーナが流行、都内で警報基準を超える平成26年7月17日福祉保健局 毎年夏に流行する子供の感染症であるヘルパンギーナ、手足口病及び咽頭結膜熱(プール熱)の患者報告数が増加しています。特にヘルパンギーナについては、都内の小児科定点医療機関からの第28週(7月7日〜13日)における患者報告数が、都の警報基準を超え、大きな流行となっています。ヘルパンギーナの患者の約95%は、6歳以下の小児となっています(うち半数以上が2歳以下)。家庭での手洗いの習慣づけや保育所、幼稚園、学校などでの感染予防の

2013年12月27日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

本格流行の兆しです。

都内でインフルエンザの流行開始

都内でインフルエンザの流行開始平成25年12月26日福祉保健局 都内のインフルエンザ定点医療機関からの第51週(12月16日から12月22日)の患者報告数が、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えました。インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しています。今後、本格的な流行が予想されるため、インフルエンザにかからない、感染を広げないための対策を一人ひとりが心がけてください。インフルエンザ対策のポイントこまめな手洗い休養・栄養・水分補給咳エチケット適度な室内加湿・換気予防接種(かかりつ

2013年2月8日東京都★フィードバック数:649ライフスタイル

風しん患者報告数です。

東京都 これまでにない規模の風しん流行が継続しています

これまでにない規模の風しん流行が継続しています妊婦への感染には特に注意してください!平成25年2月7日福祉保健局 都内においては昨年夏に風しん患者数が急増して以降、これまでにない規模の流行が継続しています。今年1月に入り患者数はさらに増加し、第4週ではこれまでで最多の患者数となっています。昨年からの傾向として、患者は20代から40代の男性が多く、女性では20代の方の割合が高くなっています。また、患者の多くは予防接種歴がない又は確認できない方となっています。妊婦や妊娠の可能性のある方については、胎

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ