「態度変容」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月22日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2018-春夏

日経BPコンサルティング コーポレートサイト Webサイトのブランド力、総合編では「Yahoo! JAPAN」、一般企業編では「サントリー」がトップ、第2位に「Tサイト」日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2018-春夏」2018年06月20日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2018-春夏」の結果をまとめた。Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響などを明らか

2018年1月23日日経BPフィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2017-秋冬

日経BPコンサルティング コーポレートサイト Webサイトのブランド力、総合編では「Yahoo! JAPAN」、一般企業編では「サントリー」がトップを獲得日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2017-秋冬」2017年12月20日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2017-秋冬」の結果をまとめた。Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、201

2018年1月12日UUUM★フィードバック数:0マーケティング

YouTuberを活用したタイアップ動画の態度変容効果を検証

ニュースリリースYouTuberを活用したタイアップ動画の態度変容効果を検証UUUM(ウーム)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:鎌田 和樹)は、YouTube視聴ユーザーの男女1,195人に対し、タイアップ動画に関してアンケート調査を実施し、態度変容効果の検証を行いました。調査対象:全国の12歳〜39歳の男女有効回答数 :1,195サンプル調査方法:インターネットリサーチ調査期間:2017年11月一連の調査の中でYouTuber施策は認知、興味・関心、理解促進、利用(購入)意欲向上とマーケ

2017年12月15日Cyber Bull★★フィードバック数:0エンタテインメント

スマートフォン動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査

NEWSプレスリリース2017.11.17スマートフォン動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査『スマートフォン動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査』を実施致しました。スマートフォンの動画広告、半数以上が最後まで視聴経験あり10代は約6割、30代~40代の男女においても4割以上の結果に■調査サマリースマートフォン上で動画広告を最後まで視聴した経験がある人は半数を超え、30代、40代の男女においても4割以上の結果にスマートフォンで動画広告を最後まで視聴する理由は「動画の時間が短かったか

2016年6月7日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

フェイスブックとテレビ―のシナジーについて(クロスメディア・リサーチ)

WHAT'S NEWデジタルとFacebookのさらなる活用方法前回、「Facebook広告による態度変容効果を検証」でご紹介したようにFacebook広告には態度変容効果があることがわかった。今回は、それを他のメディアと比較した結果をご紹介する。調査手法には、カンターグループMillwardBrown社のCrossMedia Research(クロスメディア・リサーチ)を用いた。分析は、 Facebookと共同で調査を実施した日本の大型ブランドキャンペーンについて、測定された複数の効果データを

2015年12月11日電通★フィードバック数:0大型消費/投資

IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する調査を実施2015年12月9日電通、IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する調査を実施 ― 国内導入の議論に当たっては、IRに対する継続的な認知・理解促進が不可欠 ―●IR導入に反対する層は44.6%。賛成する層29

高いターゲティング精度だけではない!Facebook広告による態度変容効果を検証

WHAT'S NEW最近、Facebookで大手メーカーの広告を目にすることが増えているのはなぜか。それは、Facebook広告には、クリックやコンバージョンといったいわゆるレスポンス効果(エンゲージメント)だけでなく、ブランド効果(態度変容効果)があるということを理解している広告主が増えてきているからである。Kantar JapanはFacebook上で実施された大型のブランドキャンペーンのブランド効果測定を、世界的なブランド&コミュニケーション調査の専門機関であるMillwardBrown社

2014年6月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

YouTubeに関するアンケート

YouTubeのプロモーション動画をきっかけに態度変容した人の割合は? 4人に1人が動画を見た後に、商品購入した経験ありYouTubeのプロモーション動画をきっかけに態度変容した人の割合は?プレロール型広告を見て、一度でもサイトを訪問したことのある人は2割以上調査結果サマリー4人に1人が、YouTubeの動画をきっかけに商品購入した経験ありYouTubeで企業の公式プロモーション動画を視聴したことがある人のうち、25.0%の人がその視聴をきっかけに商品やサービスを購入したことがあると回答しました

2014年5月22日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

購買行動における態度変容に関するアンケート

予定と違うモノを購入してしまった態度変容の「きっかけ」は何? 予定と違うモノを購入してしまった態度変容の「きっかけ」は何?予定と違うモノを購入してしまった態度変容の「きっかけ」は何?購買時の態度変容を、エステサロンやアプリなど「全11カテゴリ」で調査調査結果サマリー予定と違う洋服や装飾品を購入したきっかけは、「店内のディスプレイ」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、最初に買おうと思っていたブランド(商品)から、最終的にそれとは異なるブランド(商品)を購入することになった気持ちの変化の

2013年11月2日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0マーケティング

Facebookでの口コミについての調査です。

Facebookにおけるクチコミを見て4人に1人がアクションする

ソーシャル時代の「聞く技術」の最新事例をお届けします 聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。 新サイトTOPページ⇒Facebookにおけるクチコミを見て4人に1人がアクションするOriginal Update by Zach Dischner Facebookには知人や友人、またつながっている企業がシェアする情報があふれています。私たちは能動的に情報を探しにいかなくても、Facebookのタイムラインを眺めることで受動的に人によってフィルタリングされた価値あ

2013年10月4日翔泳社フィードバック数:0マーケティング

記事へのいいね!回数が多いほど、態度変容度合いは高い? Facebook記事反応データ×アンケート調査で、Facebookページの効果を探る

記事へのいいね!回数が多いほど、態度変容度合いは高い? Facebook記事反応データ×アンケート調査で、Facebookページの効果を探る こんにちは、コムニコの相川です。ソーシャルデータマイニング研究所の第三回連載となりました。今回はFacebookページ記事へのユーザー反応と、アンケート調査を組み合わせて、Facebookページがどのような効果を生んでいるのか、その確認を試みました。Facebook Insightや、アンケート調査単体では見ることができなかった、「Facebookページの

2012年10月4日SURVEY MY★フィードバック数:1マーケティング海外

尖閣問題を受けての態度変容を見ています。

中国第4回ライフスタイル調査(日本への態度変容速報)

中国第4回ライフスタイル調査(日本への態度変容速報)

2012年8月31日ロックオン★フィードバック数:67マーケティング

GIZMODOの記事のアトリビューションです。

Gizmodoの記事はどれだけ人の心を動かしているのか?を分析してみた!

Gizmodoの記事はどれだけ人の心を動かしたか?を分析してみた! メディアの見えない価値を評価する!ガジェット情報満載ブログのGizmodo()。遊び心満載の読者目線で伝えられる記事は思わず見入ってしまうものです。個人的にも好きでよく見るのですが、例えば、商品紹介を見たユーザーは実際にどれだけ影響を受け、態度変容を起こし、購買行動に影響を及ぼしているのでしょうか?基本的にこういったメディアの記事広告など、効果測定が行われていないわけですが、広告効果測定ツール「アドエビス」の機能を利用することに

マーケティング視点でのFacebook調査です。

Facebookページのファンになってからの態度変容・購入経験等についての調査

Facebookページのファンになってからの態度変容・購入経験等についての調査

2012年1月18日日経BPフィードバック数:28マーケティング

Webブランド調査2011-秋冬

日経BPコンサルティング コーポレートサイト Webサイトのブランド力、会員サイトの「CLUB Panasonic」がトップ10入り。トップ50には「態度変容」力のあるサイトが並ぶ ―「Webブランド調査2011-秋冬」(2011年10月実施)より―2012年01月18日 日経BPコンサルティング(東京都港区)は2011年10月に実施した「Webブランド調査2011-秋冬*」の結果をまとめ(表1)、2011年12月21日に調査結果報告書を発行・発売した。「Webブランド調査」は、企業や団体が運

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ