「懐中電灯」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年9月6日えそらフィードバック数:0社会/政治

家庭内の震災に対する意識調査

[] えそら合同会社(代表社員 喜多竜二、東京都渋谷区)は、防災の日に先立ち、首都圏在住者を対象に「家庭内の震災に対する意識調査」を実施しました。【調査概要】調査期間:2016年8月9日(火)~8月30日(火)調査方法:インターネットを利用した行動観察リサーチ/アンケートリサーチ調査対象:首都圏在住の男女有効回答数:行動観察リサーチ (定性調査 20サンプル)アンケートリサーチ (定量調査 326サンプル)割付方法:1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)調査日時:2016年8月9日(火)~8月30

2016年9月1日オノフフィードバック数:0社会/政治

被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備

被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備 9...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備9月1日は防災の日、...被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備9月1日は防災の日、アンケート調査結果を発表 みんなのプロジェクト(運営:株式会社オノフ、所在地:東京都港区、代表取締役:安宅 正晴)は、9月1日の「防災の日」を迎えるにあたり、みんプロメンバー4

2016年8月8日ネクストフィードバック数:0社会/政治

震災経験者と未経験者では○○の重要度が違う!?~おうち編【地震と住まいの調査1】

震災経験者と未経験者では○○の重要度が違う!?~おうち編【地震と住まいの調査1】 | 【LIFULL HOME'S】住まいのお役立ち情報 震災経験者と未経験者では○○の重要度が違う!?~おうち編【地震と住まいの調査1】ほとんどの人が最も長い時間を過ごす家。だからこそ日頃から自宅でも地震などの災害に備えておくことは重要です。今回は、20代から50代までの男女480人に、災害に備えて家に常備しているものや、家に対して補強したことなどを聞きました。明日からすぐにでも真似できる地震対策について学んでみま

2014年3月11日日経BPフィードバック数:0社会/政治

防災に対する意識や、実践している行動

東日本大震災から3年の歳月が経つ現在、防災に対する意識や、実践している行動についてアンケートを実施しました。アンケートは2014年2月18日~2月28日の間、日経ウーマンオンラインの読者を対象にウェブ上で実施。回答者数は151名です。背の高い家具を固定していない人が5割以上 前回に引き続き、アンケートに見る働き女子の防災意識を紹介する。まずは自分の家に関すること。 背の高い本棚や家具を倒れないよう固定しているかという質問には、「固定していない」人が53.6%で半分以上に及んだ。 背の高い本棚など

第37回 台風の季節、備えは万全ですか? 2001.08.30~2001.09.05

●分析いよいよ9月。台風の季節、備えは万全ですか? と題した第37回目の投票。有効回答数は144票でした。新しく会員になられた方、また今回もご協力いただいた方、皆さままことにありがとうございます。暑さ厳しい夏も終わり、さわやかな初秋の訪れ…。しかし毎年心配なのが台風です。天災は忘れた頃にやって来るの教えの通り、自然の力を侮らず災害についてもきちんと考えておきたいもの。でもつい忘れて…という方もいらっしゃることでしょう。そこで今回のゴーゴーリサーチは、チェックしながら災害準備もできる“お役立ちアン

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0社会/政治

皆さんのご家庭の防災対策は?(2012/08)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2012年12月21日マイボイスコムフィードバック数:1社会/政治

マイボイスコム 災害への備え・対策

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ災害に対して備えている人は3割弱、備えていない人が半数強。東北や関東や中部で多い。災害の備え・対策は「非常用の食糧・飲料水、衣類などの備蓄」「靴、懐中電灯などを、いつでも使えるように準備」「家具などの転倒・落下防止対策」「非常時に持ち出すもの、防災用品の準備」などが上位 災害の備え・対策を始めたきっかけは「東日本大震災」が最も多く「テレビ・ラジオ番組をみて」「災害の被害を受けた地域・人々を見聞きした」「自分や家族などが、実際に災害の被害にあ

2009年9月1日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

地震の備えに関する調査

2009年08月28日地震発生時に持って逃げるもの、1位「携帯電話」 2位「財布」 3位「通帳・印鑑」8割が、地震直後に「テレビ速報を見る」。 10代は「携帯電話で情報収集」が3割弱。約半数は地震に対して‘備え’あり。「懐中電灯・非常灯」「非常持ち出し袋」を準備。株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の15才以上の男女を対象に、「地震の備えに関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年8月24日(月)~8月25日(火)。有効回答は5

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ