「懸念材料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2016年4月14日2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査 4社に1社が「増収増益」も、個人消費や中国経済への懸念強まる 〜 アベノミクスへの企業の評価は60点、1年前より3.9ポイント低下 〜 国内景気は、公共工事の減少が地域経済を悪化させる要因となっているほか、中国経済や資源国経済の低迷による金融市場の混乱で企業や家計のマインドを萎縮させるなど、全国的に悪化している。また、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、景気動向は地域や業界、規模によっ

2015年12月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年の景気見通しに対する企業の意識調査

2015年12月14日2016年、「中国経済」が最大の懸念材料 〜 景気回復に必要な政策、消費関連や法人減税が上位を占める 〜 2015年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.3%増、年率換算で1.0%増となり、2四半期ぶりにプラス成長となった。また、住宅着工戸数や有効求人倍率も改善が続くなど改善傾向を示す指標がある一方、ここにきて公共投資や個人消費にやや足踏み傾向がみられ、業種や地域で景況感の格差が表れている。帝国データバンクは、2015年の景

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

多摩地区企業の2015年度の業績見通しに関する意識調査

2015/6/2特別企画 :多摩地区企業の2015年度の業績見通しに関する意識調査多摩地区企業、アベノミクスは62.9点〜 下振れ懸念で「雇用の悪化」「人手不足」が急増 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わって,消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料にもなっている。また、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なっている。

2015年5月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する山形県内企業の意識調査

2015/5/12特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する山形県内企業の意識調査3割弱が「減収減益」、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中61.0点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/272015年度の業績見通しに関する企業の意識調査(新潟県)4分の1が「増収増益」も、規模間格差への懸念は根強い〜 アベノミクスに対する評価は100点満点中62.5点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する近畿地区企業の意識調査

2015/4/242015年度の業績見通しに関する近畿地区企業の意識調査27.9%が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中66.1点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する千葉県内企業の意識調査

2015/4/242015年度の業績見通しに関する千葉県内企業の意識調査企業の3社に1社が「増収増益」見込み〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点で62.9点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なってい

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する九州企業の意識調査

2015/4/202015年度の業績見通しに関する九州企業の意識調査26.1%が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響

2015年4月14日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/14特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査3割が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる 〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与え

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

移民とユーロ圏の経済・政治情勢~経済成長の底上げ期待の一方で政治面では懸念材料に~

移民とユーロ圏の経済・政治情勢~経済成長の底上げ期待の一方で政治面では懸念材料に~

東京のオフィス市場です。

需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料

需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東京のオフィス市況は改善が続いている。需要は大幅に拡大し空室率は低下している。その一方、なかなかビルオーナー

コモディティ・レポート (2014年5・6月)

I.コモディティ市況全般: 5月にやや下落後、6月は再び上昇ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、再び上昇してきている。マクロ経済的な要因に加えて、イラクやウクライナなど地政学要因や、インドネシアの禁輸措置や中国の青島港での不正取引の捜査といった個別要因も相場変動の材料となっている。強弱様々な要因が混在しているが、世界景気が回復する中で、地政学要因も意識され、商品市況はやや上昇しやすい状況が続きそうだ。II.エネルギー市況: イラク情勢の緊迫化を受けて上昇ブレン

2014年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鉱工業生産指数(2014年5月) ~ヘッドライン以上に弱い内容。在庫の増加が懸念材料~

鉱工業生産指数(2014年5月) ~ヘッドライン以上に弱い内容。在庫の増加が懸念材料~

2014年3月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

危機的状況が続くウクライナ~資本流出によるロシア経済への打撃が懸念材料~

危機的状況が続くウクライナ~資本流出によるロシア経済への打撃が懸念材料~

【フィリピンGDP】通年7%超は達成したが…

【フィリピンGDP】通年7%超は達成したが… | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】通年7%超は達成したが… 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.現状:伸び率は6%台に減速、通年では7%超を達成フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は1月30日、2013年10-12月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(

2014年1月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】QE3縮小決定の影響は限定的 しかし、国内に懸念材料は多い

【アジア新興経済レビュー】QE3縮小決定の影響は限定的 しかし、国内に懸念材料は多い | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】QE3縮小決定の影響は限定的 しかし、国内に懸念材料は多い 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)生産指数はフィリピンを除き軟調といえる。なかでもこれまで不調が続いていたタイで、一段と悪化したことや、比

【台湾GDP】与党の内紛で国内にも懸念材料

【台湾GDP】与党の内紛で国内にも懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 【台湾GDP】与党の内紛で国内にも懸念材料 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 台湾の行政院主計処(DGBAS)は10月31日、2013年7-9月期の実質域内総生産(GDP)の速報値を公表した。成長率は前年同期比(原系列)で+1.58%となり、前期の2013年4-6月期(同+2.

2013年11月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2013年10月

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年8月) ~実質賃金の低下が懸念材料に~

毎月勤労統計(2013年8月) ~実質賃金の低下が懸念材料に~

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年8月) ~実質賃金の低下が懸念材料も個人消費の増加シナリオは変わらず~

家計調査(2013年8月) ~実質賃金の低下が懸念材料も個人消費の増加シナリオは変わらず~

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国

【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国 | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国 研究員 高山 武士フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は8月29日、2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で7.5%の増加となり、前期(同+7.7%)とほぼ同じ、7%を超える高成長を維持した。また、前期比(季節調整済)では+1.4%(前期:同+2.3%)と前期からやや減速している。2013年4-6月期の成

【マレーシアGDP】低成長からの脱却ならず

【マレーシアGDP】低成長からの脱却ならず | ニッセイ基礎研究所 【マレーシアGDP】低成長からの脱却ならず 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら マレーシア統計庁(DOSM)は8月21日に2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で4.3%の増加となり、前期の前年同期比+4.1%よりやや加速した

ユーロ圏の危機対応における潜在的なリスクの拡大~米国長期金利上昇などの外部環境変化の中の懸念材料~

ユーロ圏の危機対応における潜在的なリスクの拡大~米国長期金利上昇などの外部環境変化の中の懸念材料~

2013年7月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年6月調査)

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2013年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)6月のアジア新興国・経済の各種指標は、5月に引き続き、生産や輸出で伸び悩みが続いた。注目は、自動車販売台数が総じて不

中国経済:来週の注目ポイント~3月の在庫増が懸念材料の工業生産に注目

中国経済:来週の注目ポイント~3月の在庫増が懸念材料の工業生産に注目 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:来週の注目ポイント~3月の在庫増が懸念材料の工業生産に注目 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 中国では、13日に工業生産、小売売上高、固定資産投資など4月の主要経済指標が発表される。中国経済は1-3月期の実質GDP成長率

2013年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治海外

【インドネシアGDP】かろうじて6%、先行きの懸念は残る

【インドネシアGDP】かろうじて6%、先行きの懸念は残る | ニッセイ基礎研究所 【インドネシアGDP】かろうじて6%、先行きの懸念は残る 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は5月6日、2013年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で6.0%の増加となり、前期の201

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ