「成長戦略」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年1月27日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Increasing Agility to Fuel Growth and Competitiveness(成長と競争力の拡大に向けた俊敏性の強化)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――82%の上級役職者が自社の成長に向けたコスト削減の意向を持つ一方、大多数が成長投資とコスト削減の連動に苦戦 最高経営幹部間での認識の相違が一因である可能性が判明 【ニューヨーク発:2016年1月12日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が約700名の上級役職者に対して行った最新調査によると、82%の回答者は「コスト削減によって捻出した資金を、自社の成長分野に投資したい」と考えている一方で、大多数は「

経営者調査です。

第7回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題~現下の経済と企業経営~」

第7回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題~現下の経済と企業経営~」

2015年6月11日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ヨーロッパの産業についてのレポートです。

みずほ産業調査 Vol.50 欧州の競争力の源泉を探る ?今、課題と向き合う欧州から学ぶべきことは何か?

みずほ産業調査 Vol.50書誌情報特集:欧州の競争力の源泉を探る–今、課題と向き合う欧州から学ぶべきことは何か– 欧州概観 –欧州の「稼ぐ力」を分析するための着眼点– 化学 –欧州化学産業が示唆する我が国化学産業の成長戦略の方向性 鉄鋼 –我が国各社の欧米系自動車用鋼材市場の攻略に向けて 医薬品 –グローバル医薬品市場で生き残るために 食品 –「標準化」と「現地化」の組み合わせとパートナーシップ戦略 重電 –バリューチェーンの現地化とM&A の活用 自動車 –IoT の進展によるモノ

2015年5月29日日本政策投資銀行★フィードバック数:0ライフスタイル

畜産業界についてのレポートです。

畜産業界調査報告書 ~「畜産王国」南九州の成長戦略II~

畜産業界調査報告書 ~「畜産王国」南九州の成長戦略II~

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度総合調査研究 成長戦略の次なる一手に関する調査分析 報告書

平成26年度総合調査研究 成長戦略の次なる一手に関する調査分析 報告書

2015年2月1日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

EY総研インサイト Vol.3 February 2015

Vol.3 February 2015発行年月: 2015.02EY総研インサイトはEY総合研究所が発行している機関誌です。EY総研の研究成果を定期的にお届けするため機関誌「EY総研インサイト」のVol.3を刊行しました。各研究員による経済、社会・産業、経営に関する専門レポートに加え、本特集では、「成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として成長戦略の内容や目指す姿について概観した上で、企業としての対応について考察しています。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォ

材料の種(ねたのたね)2014年 年間まとめ号

2015年の傾向を考えるマーケティングのねたたね材料の種2014年 年間まとめ号ジャストリサーチサービスはマーケティングリサーチを主たる業務としています。マーケティングの材料(ねた)の種(たね)探しから、水遣り、成長過程の検討、成果物の評価まで、マーケティングに関するあらゆる場面でお手伝いをさせていただきます。「マーケティングの材料の種」は2ヶ月に1度「日経新聞」「日経MJ」に掲載された記事の中から「材料の種」となる記事を抜粋し、その月の兆候を読み取ったものを作成しております。今号では2014年

2015年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今年の成長戦略展望 ~移民、正社員解雇ルール、農地法改正と社会保障改革に注目~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:今年の成長戦略展望2015年1月5日(月)~移民、正社員解雇ルール、農地法改正や社会保障改革に注目~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 消費税率引き上げの影響は当初の想定以上に大きかった。日本経済は昨年2月から景気後退局面入りした可能性が高く、10-12 月期以降の経済成長率の戻り次第では、2014 年度は東日本大震災のあった 2011 年度以来3年ぶりのマイナス成長になる可

2014年11月29日信金中央金庫★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスへの期待、評価です。

中小企業における「成長戦略」への期待について ―第157 回全国中小企業景気動向調査(特別調査)にかかる詳細なデータ分析より―

中小企業における「成長戦略」への期待について ―第157 回全国中小企業景気動向調査(特別調査)にかかる詳細なデータ分析より―

経営者調査です。

第6回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題 ~現下の経済と企業経営~」

第6回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題 ~現下の経済と企業経営~」

2014年11月14日みずほ情報総研★★フィードバック数:0ライフスタイル

医療機器産業についてのレポートです。

日本の医療機器産業が世界市場で勝ち抜くためには

社会動向レポート 日本の医療機器産業が世界市場で勝ち抜くためには(1/2) 社会政策コンサルティング部 コンサルタント 日諸 恵利 わが国の医療機器産業が政府から成長牽引役と目されて久しいが、世界市場における日系企業の立ち位置に鑑みれば、その成長性については楽観視しがたいものがある。 現在、世界市場の拡大に寄与しているのは発展途上国の経済成長である。この発展途上国市場を獲得するためには、現在は大きく引き離された欧米の医療機器メーカーに対抗しうるだけの販路開拓戦略が必要である。その有効な打ち手

2014年11月5日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス 機関投資家の動向(1)~議決権行使の状況

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス機関投資家の動向①~議決権行使の状況 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえてEY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として関連する情報を発信し

2014年10月26日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえてEY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレ

2014年9月2日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

下期の経済政策です。

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

建設業許可業者数調査

リレ ー エ ッセ イ着 眼大局滋賀銀行 常務取締役児玉 伸一「 野 心 」と「 覚 悟 」 「経済財政運営と改革の基本方針2014」いわゆる骨太の方 話は変わりますが、すでに当行は平成15年10月に創立70周針2014が日本再生戦略の改訂として6月に発表されました。そ年を記念した意見広告の中で「地方銀行の時代」に挑戦するとの中で望ましい未来像に向けた道筋を掲げ、①稼ぐ力の増強の決意を表明しております。まさに真価が問われる時代になった②担い手確保③新成長分野④地域活性化という四つのポインと再認識

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

希望をつないだ新成長戦略

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 希望をつないだ新成長戦略~改革メニューは示されたが雇用面で課題~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 2014年6月に成長戦略の改訂版である「『日本再興戦略』改訂2014―未来への挑戦―」(以下、新成長戦略)が閣議決定された。今回の新成長戦略では、昨年6月の成長戦略では踏み込めなかった岩盤規制と呼ばれる農業や医療において比較的思い切った改革メニューが示され、昨年の成長戦略よりも高

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本の成長力はどうなるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の成長力はどうなるか日本経済中期予測(2014年8月)2章、3章 ◆安倍政権が今年6月に発表した新成長戦略に対する評価はB+と、一年前から上方修正した。ただ、大きな前進が見られる分野がある一方、雇用面では課題が残る。日本の成長力を伸ばすには、雇用・人材面でさらに一歩進んだ成長戦略が必要である。◆新成長戦略では、新たな担い手として、女性の活躍推進や外国人材の活用に期待が集まっている。女性のM字カーブ

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本経済 ~成長戦略の時間軸~

日本経済 ~成長戦略の時間軸~

2014年7月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

緊急リポート、成長戦略で2020年GDP600兆円達成

緊急リポート、成長戦略で2020年GDP600兆円達成

2014年7月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]2020年に向けた経済政策5分野の提言~成長戦略改訂版の評価とみずほ総研が考える効果的追加策~(概要版)

[緊急リポート]2020年に向けた経済政策5分野の提言~成長戦略改訂版の評価とみずほ総研が考える効果的追加策~(概要版)

2014年7月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]2020年に向けた経済政策5分野の提言~成長戦略改訂版の評価とみずほ総研が考える効果的追加策~

[緊急リポート]2020年に向けた経済政策5分野の提言~成長戦略改訂版の評価とみずほ総研が考える効果的追加策~

2014年7月16日第一生命保険フィードバック数:0ビジネス

投資とキャッシュをつなぐ成長戦略 ~コーポレートガバナンス改革の意図~

投資とキャッシュをつなぐ成長戦略 ~コーポレートガバナンス改革の意図~

2014年7月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

株式市場の新たな投資家層を意識した成長戦略

株式市場の新たな投資家層を意識した成長戦略

けいざい早わかり 2014年度第6号:改訂された成長戦略と骨太の方針2014

Q1.成長戦略が改訂されましたが、そのポイントは何ですか? Q2.それで成長力が高まるのですか? Q3.これまでの成長戦略と違って、今回改訂された成長戦略の効果は期待できますか? Q4.経済の再生が進めば財政は健全化できますか? Q5.骨太の方針では50年後に人口1億人を目指すようですが。

APECでのCEO調査です。

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けてPwCでは、2013年APEC CEO意識調査として、2013年6月11日から8月9日まで、APEC21カ国・地域を含む世界40カ国のCEOと業界リーダーを対象に調査を実施し、CEOやその他の経営トップ、ビジネス専門家にも詳細なインタビューを行いました。本報告書では、その結果を基に、世界を動かしている要因と自社の成長戦略に対するビジネスリーダーたちの見方を取りまとめ、次のような傾向があると説明しています。2013年は、その後

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

希望をつないだ新成長戦略(下)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 希望をつないだ新成長戦略(下)岩盤規制の改革は大きく進展、あとは実効性の担保 ◆2014年6月に閣議決定された成長戦略の改訂版「『日本再興戦略』改訂2014」(以下、新成長戦略)では、事業環境について、収益性を高めるコーポレートガバナンスの強化や法人実効税率の2015年度からの引き下げが明記される点等は高く評価できるが、法人実効税率の具体的な引き下げ幅やスケジュール感、引き下げに伴う財源の確保がどこま

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

希望をつないだ新成長戦略(上)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 希望をつないだ新成長戦略(上)改革メニューは示されたが雇用面で課題 ◆2014年6月に成長戦略の改訂版である「『日本再興戦略』改訂2014」(以下、新成長戦略)が閣議決定された。今回の新成長戦略では、昨年6月の成長戦略では踏み込めなかった岩盤規制と呼ばれる農業や医療において比較的思い切った改革メニューが示され、昨年の成長戦略よりも高く評価できる内容だ。一方で、肝心の雇用・労働市場改革はまだ踏み込み不足

2014年6月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2年目の成長戦略の素案 ~主軸は法人税率の引き下げ~

2年目の成長戦略の素案 ~主軸は法人税率の引き下げ~

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税改革議論の動向~第2弾成長戦略でどこまで道筋を示せるか~

法人税改革議論の動向~第2弾成長戦略でどこまで道筋を示せるか~ | ニッセイ基礎研究所 法人税改革議論の動向~第2弾成長戦略でどこまで道筋を示せるか~ 薮内 哲基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■要旨1月、スイスのジュネーブで開かれた世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)にて安倍首相は「法人税体系を国際相場に照らして競争的なものにしなければならない」「本

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

岐路に立つJリートの外部成長戦略

岐路に立つJリートの外部成長戦略 | ニッセイ基礎研究所 岐路に立つJリートの外部成長戦略 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら Jリート市場は昨年2.2兆円の不動産を取得する外部成長を実現し、市場全体の分配金も上昇基調にある。一方で、不動産売買市場の取引利回りは低下し一部に過熱感が見られるため、Jリート各社は今後の外部成長戦略につ

2014年3月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年度へ続く成長戦略の注目点~施策実行と課題への新たな対応の両輪運営が鍵~

2014年度へ続く成長戦略の注目点~施策実行と課題への新たな対応の両輪運営が鍵~

2014年2月6日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

今後10年間の予測です。

日本経済中期予測(2014年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2014年2月)牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度 ◆この一年間、安倍政権は、大胆な金融緩和や機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略など、いわゆるアベノミクスを推し進めてきた。この結果、期待が先行する形で円安が進み、足元では失業率は4%を下回ってCPI上昇率もプラスに転じている。◆大和総研では、こうした政策変化を織り込んで日本経済中期予測を一年ぶりに改訂した。今

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス1年、なさざること ~消費税増税に挑戦する2014年に襟を正す~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクス1年、なさざること 発表日:2013年12月26日(木)~ 消 費 税 増 税 に 挑 戦 す る 2014年 に 襟 を 正 す ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)安倍政権が発足して 12 月 26 日でちょうど1年目になる。循環的景気拡大は進んだが、一方で構造問題が置き去りにされてはいけない。人口減少、地方の疲弊、産業空洞化など構造的課題はまだ残されている。財政規律が、消費税収の増加で緩むと

2013年11月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

祝アベノミクス1年、目指すは企業活動の活性好循環

リサーチ TODAY2013 年 11 月 21 日祝アベノミクス1年、目指すは企業活動の活性好循環常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所がこのほど出版した『日本経済の明日を読む2014』1の主題は、アベノミクスによる効果をどう評価するかであるが、ポイントは成長戦略を通じた企業への支援姿勢が、今後企業活動に好循環をもたらすことができるかにある。下記の図表は、『日本経済の明日を読む2014』に示された、安倍政権が目指す経済再生への好循環を示す図表である。■図表:安倍政権が目指す

2013年9月30日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

みずほ総研の試算です。

[緊急リポート]2020東京オリンピックの経済効果~五輪開催を触媒に成長戦略の推進を~

[緊急リポート]2020東京オリンピックの経済効果~五輪開催を触媒に成長戦略の推進を~

成長戦略における産業政策

1.今月のグラフ ~大企業に控えるバブル世代、団塊ジュニア世代の影響2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:成長戦略における産業政策 (1)日本再興戦略における産業政策~その特徴とは何か(2)緊急構造改革プログラム~日本経済の3つのゆがみを根本から是正(3)産業の寡占化が進めば業績は好転するのか~業種によって影響はまちまち(4)雇用の扱いが焦点~失業なき労働移動の実現は可能か?

2013年7月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用面から成長戦略には評価できる点もある

雇用面から成長戦略には評価できる点もある

2013年7月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

参議院選挙後のアベノミクス(後編) ~過半数を獲得して成長戦略は実行段階へ~

参議院選挙後のアベノミクス(後編) ~過半数を獲得して成長戦略は実行段階へ~

2013年7月17日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

成長戦略の本当を考える(下編) ~医療分野での成長牽引は幻想か~

成長戦略の本当を考える(下編) ~医療分野での成長牽引は幻想か~

2013年7月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

成長戦略、次は民間の出番だ

成長戦略、次は民間の出番だ

2013年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用面からみた成長戦略の評価

みずほインサイト日本経済2013 年 6 月 28 日雇用面からみた成長戦略の評価経済調査部エコノミスト大和香織03-3591-1284kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp○ 「日本再興戦略」ではエネルギーや健康医療など成長分野の開拓・拡大によって、2020年までに+269万人の雇用増(労働需要の増大)を見込んでいる○ 一方で、人口減の悪影響を緩和するため20~64歳の就業率を5%Pt引き上げる目標だが、達成しても就業者数は2020年までに152万人減少(労働供給が減少)する

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

アベノミクスに対する誤解 ~鍵を握る財政規律と成長戦略の実現可能性~

アベノミクスに対する誤解 ~鍵を握る財政規律と成長戦略の実現可能性~

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長戦略に必要なものは何か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長戦略に必要なものは何か?~企業の力を引き出す制度改革~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載 安倍内閣の「三本の矢」のうち、成長戦略の議論が産業競争力会議や規制改革会議で本格化している。しかし、過去にも成長に関する議論は政府で何度も行われたが、いずれも実効性に乏しかった。日本は本当に今後も成長できるのか。もしできるのなら我々は何をすべきなのか。労働力人口が減る中で生活水準を上げ

2013年5月31日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

街おこしに企業の視点を活かそう

リサーチ TODAY2013 年 5 月 31 日街おこしに企業の視点を活かそう常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所では、4月に地域経済に関し長年の経験をベースにした『地域活性化ビジネス』と題する書籍を刊行した1。下記の図表はそのなかで示した各都道府県別の人口増加率の推移である。今日、アベノミクスで成長戦略が課題になるが、東京を中心とした大都市圏を除き、殆どの地域が人口減少にあるなかで、いかに地域活性化を実現できるかが問われている。■図表:都道府県別にみた人口増減6(%)4

2013年5月17日大和総研フィードバック数:5社会/政治

第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力アベノミクスにおける成長戦略を支える「タマ」込め ◆2013年5月3日、ASEAN+3財務相・中央銀行総裁会議、日-ASEAN財務相・中央銀行総裁会議が開かれた。◆今回の会議の成果は、①現地日系企業等への現地通貨での資金供給の促進、②インフラ開発の金融面での後押しについて、各国毎(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)に合同作業部会

2013年4月22日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【特集 アベノミクスと成長戦略】安倍政権の財政・金融政策のレジーム転換をどうみるか

【特集 アベノミクスと成長戦略】安倍政権の財政・金融政策のレジーム転換をどうみるか

2013年4月19日第一生命保険★フィードバック数:2社会/政治

高齢者の消費についてのデータです。

今年度は高齢者消費が現役世代消費を上回る!? ~第3の矢・成長戦略で、高齢者消費も射抜け~

今年度は高齢者消費が現役世代消費を上回る!? ~第3の矢・成長戦略で、高齢者消費も射抜け~

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1キャリアとスキル

成長戦略で雇用機会を増やす糸口は? ~産業・職種などの変化を踏まえ、規制・雇用制度など環境整備を

成長戦略で雇用機会を増やす糸口は? ~産業・職種などの変化を踏まえ、規制・雇用制度など環境整備を

2013年2月13日大和総研フィードバック数:5ビジネス

M&Aで企業は成長するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年2月13日コンサルティング・ソリューション第二部 主任コンサルタント 栗田 学我が国において、M&Aは企業の戦略としてすっかり定着してきた。1990年代は概ね年間500件以下で推移してきた日本企業同士のM&Aは、2000年代に入ると1,000件以上、年によっては2,000件を超える件数のレンジに跳ね上がった。業種別にみて多いのは非製造業である。2012年上半期のM&A件数をみると、上位7業種

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ