「成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月18日IDCフィードバック数:0モバイル

国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測

国内コラボレーティブ/コンテンツ アプリケーション市場予測を発表 2016年 国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場規模は、前年比成長率1.3%、3,950億5,700万円、働き方改革に伴うクラウド型コラボレーションが成長 2017年以降はSaaS型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は1.9%で推移し、2021年には4,349億1,600万円と予測 ITサプライヤーは、働き方改革をキーとした中小企業向けコラボレーティブ

2017年8月14日IDC★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測を発表 エンタープライズモバイルデバイス市場の2016年~2021年の年間平均成長率は2.5%と予測 画面サイズは、働き方改革などモビリティ需要の高まりから、タブレットやポータブルPCなどのミドルサイズ(9~13インチ)の製品の成長率が高まると予測 エンタープライズモバイルデバイス市場の中でWindowsは、2020年以降50%以下の構成比になると予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年7月20日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内CRM市場予測

2016年 国内CRM市場規模は、前年比成長率3.7%増、938億5,300万円。セールス/マーケティングアプリケーションが市場成長を牽引 2017年以降はデジタルトランスフォーメーション(DX)の台頭により2016年~2021年の年間平均成長率は5.0%、2021年市場規模は1,195億3,000万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、既存CRMアプリケーションへのコグニティブ/AIシステム連携製品/サービスの開発などが必要 IT専門調査会社 IDC Jap

2017年7月5日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ソフトウェア市場 2016年の実績と最新予測

国内ソフトウェア市場 2016年の実績と最新予測を発表 2016年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率2.2%、ビッグデータの本格化や働き方改革に関連する市場が高い成長 2017年は前年比成長率3.9%、2016年~2021年の年間平均成長率は4.3%と予測 IoTやコグニティブ/AIシステムの活用拡大などデジタルトランスフォーメーションにおける取り組みがソフトウェア市場に新たな市場機会をもたらす ソフトウェアベンダーは従来型のソフトウェアビジネスから脱却し、クラウドネイティブに適したビジ

2017年6月20日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測を発表 2017年の国内第3のプラットフォーム市場は、13兆2,126億円、前年比成長率は6.1%を予測 消費者市場の成長は鈍化し、企業分野と公的分野の第3のプラットフォーム支出が拡大する 金融、製造、小売、運輸/運輸サービス、公共/公益分野、官公庁において堅調に拡大 金融の「Fin Tech」のサービス化や製造業のIoT実装の本格化、小売や運輸業における人手不足を補うための第3のプラットフォーム活用が同市場を牽引する SMB(Sma

2017年6月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2017年の国内IT市場は、スマートフォンなどにおいて需要拡大が見込まれることから、支出規模は14兆9,891億円で、前年比成長率2.0%とプラス成長を予測。2019年まで堅調な推移を見込む。 2017年はほとんどの産業分野でプラス成長を予測。小売、情報サービス、運輸/運輸サービスでは、2%台後半の比較的高い成長率を見込む。 中長期的に国内IT市場を拡大させるためには、ユーザー企業の経営課題解決を支援するソリューションを積極的に提案

2017年6月6日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測を発表 2016年 国内UC&C市場規模は、前年比成長率2.9%増、2,502億円9,400万円。企業音声インフラのリプレイス需要は一巡、コラボレーションのクラウド移行が活発 2017年以降はクラウド型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は2.4%、2021年市場規模は 2,818億1,500万円と予測 ITサプライヤーは、UC&C機能のクラウド提供を一層推進し、

2017年6月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測を発表 2016年 国内EAソフトウェア市場規模は、前年比成長率2.3%、4,916億円7,200万円 2016年~2021年の年間平均成長率は4.0%、2021年の市場規模は5,993億8100万円と予測 今後はインテリジェントERPが、働き方改革の中心施策として、継続的に市場を牽引する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締

2017年4月20日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測

2016年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.9%増の7,017億円 2016年~2021年の年間平均成長率は3.7%、2021年市場規模は8,427億円と予測 デジタルトランスフォーメーションによる業務内容の変化への対応、潜在的人材の発掘、テクノロジーによる武装が重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

国内IoT向けITサービス市場支出額は2016年に急拡大。前年比96.9%増、548億円 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率64.8%で成長、2021年には6,670億円に IoT向けサービス事業者は、IoTの価値を最大化するための部門/企業/産業間を横断したデータ活用において、その連携を支援し「バリューチェーンをつなぐ」役割が重要になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年3月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

2016年の国内ITサービス市場は、前年比1.4%増の5兆4,515億円と推定 2016年~2021年の年間平均成長率は1.1%、2021年の市場規模は5兆7,674億円と予測 国内ITサービス市場をけん引してきた大規模なシステム構築案件が減少傾向にある中、ITサプライヤーには変化する市場環境への抜本的な対応が求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する 高い成長性が期待されるユースケースは、農業フィールド監視、小売店舗内個別リコメンデーション、院内クリニカルケア、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマートアプライアンス 2020年以降もベンダーがIoTビジネスを継続的に成長させるためには、新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携を進

2017年1月11日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内ソフトウェア市場予測

2016年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率3.9%、ビッグデータ関連市場が成長 2015年~2020年の年間平均成長率は4.2%、2019年には3兆円を突破 コグニティブ/AIシステム/コンテンツアナリティクスソフトウェアへの投資が拡大 企業のデジタルトランスフォーメーションに対応するために機能ごとに細分化されたソフトウェアコンポーネントを提供することが重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正

2016年12月29日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野/企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野/企業規模別予測を発表 国内第3のプラットフォーム市場は、企業向け市場の成長率が高く、モビリティを中心に成長してきた一般消費者市場は飽和状態となる 企業向け市場では、予測期間前半はモビリティをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半には、ビッグデータ市場の成長も誘発する結果、2020年には約14兆円市場に成長する 特に小売、保険、製造業、公益業界における大企業を中心に成長し、予測期間後半には製造業や保険業界を中心に中堅中小企業において

2016年12月28日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・プレミアム化調査

プレミアムセグメントは力強い成長を続け、多くの市場でカテゴリ全体の売上を上回る。消費者の購買力と消費が世界中で上昇するとともに、継続的な成長の可能性は高くなっている。消費者の高級志向は高額商品だけに留まることなく、日用品でもプレミアム商品が選ばれている。パーソナルケア、美容、ホームケア、そして各種食品・飲料のカテゴリも、世界中の多くの市場で力強い成長を見せている。プレミアム商品の特徴として最も回答が多かったのは、高品質(54%)と優れた性能(46%)。最も成功しているプレミアム商品は、従来のソリ

2016年12月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は、14兆6,706億円、前年比成長率マイナス0.6%と予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年の市場規模は15兆3,653億円と予測 銀行、小売、運輸/運輸サービス、公共/公益、建設/土木などで、2016年はプラス2%台の前年比成長率を予測 製造業では2016年初頭から続いた円高が設備投資の抑制傾向を招き、2017年までプラス1%台で推移 IT専門調査会社

2016年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内PaaS市場予測

2015年の国内PaaS市場規模は648億円、前年比成長率48.1% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーションへのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続。2015年~2020年の年間平均成長率は22.1%、2020年の市場規模は1,761億円と予測 PaaS基盤の提供に当たっては標準に則ったサービスを提供していくことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:

2016年11月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表 2015年の国内インフラストラクチャサービス市場規模は2兆4,498億円 2015年~2020年の年間平均成長率は1.7%、2020年の市場規模は2兆6,661億円と予測 ハイブリッドクラウド運用管理とマネージドセキュリティサービスが今後の成長を支える IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IT

2016年11月1日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場規模は4,113億円、前年比成長率5.0% 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は中期的に高成長。2015年~2020年の年間平均成長率は5.3%、2020年の市場規模は5,325億円と予測 ITサプライヤーは自身のビジネス体制をDX時代に適合したものに変化していく必要がある

2016年9月25日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測を発表 2015年の標的型サーバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場は前年比77.9%増の92億円。2015年~2020年の年間平均成長率は22.1%、2020年には251億円と予測 2015年の標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場は前年比7.6%増の3,666億円。2015年~2020年の年間平均成長率は7.6%、2020年には5,290億円と予測 サイバーセキュリティソリューションを提供するベンダーは、産業特化型標的型サイバー攻撃向け対策ソリュー

2016年9月13日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測

国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測を発表 2015年の国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場規模は、前年比成長率5.4%、3,860億9,400万円。クラウド型コラボレーションが成長 2016年以降はSaaS型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2015年~2020年の年間平均成長率は2.9%で推移し、2020年には4,458億2,700万円と予測 ITサプライヤーは、クラウドを活用したマイクロサービス機能提供、およびコグニティブシステ

2016年9月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BA(ビジネスアナリティクス)ソフトウェア市場予測

国内BA(ビジネスアナリティクス)ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内BAソフトウェア市場規模は1,921億2,100万円、前年比10.2%増の高成長 企業のデータ活用意欲は継続的に高まり、クラウド型データウェアハウス、セルフサービスBIなどのソリューションが浸透し市場成長を加速 企業のデジタルトランスフォーメーションの基盤として需要は拡大。2015年~2020年の年間平均成長率6.4%、2020年には2,617億6,200万円に達すると予測 IT専門調査

2016年9月1日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表 2015年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比39.8%増の2,771億円 2020年の市場規模は、2015年比2.7倍の7,346億円と予測 国内パブリッククラウドサービス市場には「効率化」と「変革」といった成長を促進する2つの要素があり、それらが連携するAPIエコノミーが、同市場を「新たな成長期」へと導く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役

2016年8月18日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コンバージドシステム市場予測

2016年の国内コンバージドシステム市場は、前年比11.0%増、480億6,800万円と予測 2015年~2020年の年間平均成長率10.0%、2020年の市場規模を698億9,600万円と予測 ハイパーコンバージドシステムが市場をけん引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。国内における2015年のコンバ

2016年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システム管理ソフトウェア市場予測

国内システム管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内システム管理ソフトウェア市場は前年比4.9%増で3,000億円を突破 仮想化システム管理やプライベートクラウド管理の需要増加が成長の促進要因 日立製作所がシェア1位を堅持、ヴイエムウェアが急成長で存在感を高める 2016年は前年比4.9%増、2015年~2020年の年間平均成長率は4.6%と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人

2016年7月24日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別予測を発表 第3のプラットフォーム市場は、企業向け市場の成長率が高く、モビリティを中心に成長した一般消費者市場は飽和状態となる 予測期間前半ではモビリティをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半には、ビッグデータ市場の成長も誘発する結果、2020年には約14兆円市場に成長する 特に小売、銀行、製造業、公益業界における大企業を中心に成長し、予測期間後半には中堅中小企業においても活用するケースが増えていく

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2016-2020

PwC、年次調査 「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2016-2020」を発表 エンタテイメント&メディア業界が直面する5つの変化世界のエンタテイメント&メディア企業は、複雑かつ競争激化する中でさらなる成長と価値創造を目指し、既存企業・新規参入企業のいずれにとっても、若年層の需要が新たな機会創出の鍵となる *本プレスリリースは、2016年6月8日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。 2016年6月8日‐PwC

2016年6月2日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けネットワーク機器市場動向

国内企業向けネットワーク機器市場動向を発表 2015年 国内企業向けネットワーク機器市場は前年比成長率5.6%、2,131億円 シスコシステムズが3つの製品分野すべてで首位 大きな成長は見込みにくいが安定した市場。2015年~2020年の年間平均成長率0.7% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業

中国経済:4-6月期成長率(予想)~工業部門の不振を背景に6.8%へ鈍化

中国経済:4-6月期成長率(予想)~工業部門の不振を背景に6.8%へ鈍化 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:4-6月期成長率(予想)~工業部門の不振を背景に6.8%へ鈍化 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国経済を供給面から見ると、4-5月期の工業生産は第1四半期(1-3月期)の伸びを大幅に下回っている。但し、足元では工業生

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 内需が主役の景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 内需が主役の景気回復デフレ懸念は後退したが、インフレ懸念にはまだ早い ◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率は、前期比+0.4%の堅調な伸びとなった。個人消費(同+0.5%)のみならず、固定資本形成(同+0.8%)と政府消費(同+0.6%)も成長に貢献した。消費回復には原油安効果に加えて、就業者増と賃金上昇率の加速も追い風となっている。なお、4月以降の消費者信頼感は改善が頭打ち

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし | ニッセイ基礎研究所 【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月16-17日(現地時間)に開催された。予想通り金融政策の変更はなし。声明文では、前回

2015/2016年度経済見通し(2015年6月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年6月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年06月09日○8日に発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的大きめに上方修正された。主な修正要因は、法人企業統計調査の結果を受けて設備投資と在庫投資が上方修正されたことによるものである。設備投資は前期比+2.7%と3四半期連続で増

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み

米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、1‐3月期が予想外のマイナス成長となった。景気低迷の主な要因は悪天候や西海岸の港湾スト等の一時的な要因

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

残存季節性で歪む米国の成長率~1~3月期はマイナス成長ではなかった可能性も~

みずほインサイト米 州2015 年 6 月 8 日残存季節性で歪む米国の成長率欧米調査部エコノミスト1~3 月期はマイナス成長ではなかった可能性も03-3591-1289山崎亮ryo.yamasaki@mizuho-ri.co.jp○ サンフランシスコ連銀の分析によれば、マイナスとなった米国2015年1~3月期実質GDP成長率は、季節調整で除去し切れなかった季節変動の影響で、実勢よりも低く出ている可能性がある。○ 本稿の試算によれば、こうした「残存季節性」の問題は需要項目の段階で発生している。個

2015年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2015年6月号

統計情報2017 年 8 月 1 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 8 月号)データバンク課調査本部竹山 翠[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に下方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月比+1.6%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は14年3月以来の高水準景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・一致指数は前月の反動もあり 1.3pt 減機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・移

2015年1~3月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は持ち直しに転じた後も、その勢いは力強さに欠けている。個人消費は、10~12月期の前期比+0.4%に続き、同+0.4%と3四半期連続で増加した。消費税率引き上げ後の反動減の影響が薄らいでおり、耐久財の伸びが同+1.1%と2四半期連続でプラスとなるなど明るい面

2015/2016年度経済見通し(2015年5月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年5月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年05月22日○20日に公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、このうち、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は昨年夏場をボトムとして持ち直しに転じたものの、その後の勢いは力強さに欠けている。○2014

2015年5月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年日本経済見通し ~15年度の成長率見通しを下方修正も、景気回復基調は持続~

2015・2016年日本経済見通し ~15年度の成長率見通しを下方修正も、景気回復基調は持続~

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (経済概況)10-12月期の成長率は低下したものの、底堅い成長が持続米国経

2015年1~3月期のGDP(1次速報)予測

2015年05月01日5月20日に公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率は2四半期連続でプラスとなったと予想されるが、前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と緩やかな伸びにとどまったようだ。景気は持ち直しているが、その足取りは重たいままである。この結果、2014年度の実質GDP成長率は前年比-1.1%と5年ぶりのマイナスになったと見込まれる。個人消費は、反動減の一巡や実質賃金の減少幅縮小を背景に前期比でプラスが続くが、伸びは小幅にとどまっている。設備投資は、企業業績が改善していることを

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測

2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5/20に内閣府から公表される2015年1-3月期の実質GDPは、前期比0.5%(前期比年率2.1%)と2四半期連続のプラス成

中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果

中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国国家統計局は15年1-3月期の国内総生産(GDP)を発表した。実質成長率は前年同期比7.0%増(前期比1.3%増)と、14

2015年4月24日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

主観的な所得の予想を使った恒常所得仮説の検証―中国のマイクロデータを使って―

主観的な所得の予想を使った恒常所得仮説の検証―中国のマイクロデータを使って―殷 婷 (研究員) /暮石 渉 (国立社会保障人口問題研究所) /若林 緑 (東北大学) 概要本研究では、大阪大学の「くらしの好みと満足度についてのアンケート」の中国都市パネル調査における主観的な所得の予想に関する質問項目を利用し、予期される所得の変化に対して消費がどの程度反応するのかという過剰反応の検証を行った。操作変数法を用いた分析の結果、2009年から2010年、2010年から2011年、そして2009年か

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:一段と減速する景気と難しい舵取り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:一段と減速する景気と難しい舵取り4月20日に預金準備率を追加引き下げ ◆国家統計局によると、2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、2014年10月~12月の同7.3%から低下した。3月の全人代(国会)で発表された2015年の政府目標である7.0%前後と同じ成長率とはいえ、2009年1月~3月の同6.6%以来6年ぶりの低い伸びとなった。1月~3月の前期比は1.3%と発表され

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>2015-04-15 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年日本・アジア/米国間コンテナ荷動き・運賃の動向について

2014 年日本・アジア/米国間コンテナ荷動き・運賃の動向について掲載誌・掲載年月:日刊 CARGO15 年 3 月 日本海事センター企画研究部 研究員 松田 琢磨 はじめに (公財) 日本海事センターでは、 PIERS (Port of Import/Export Reporting Service) の統計データ(PIERS データ)をもとに、 『日本・アジア/米国間のコンテナ貨物の荷 動き動向』を毎月発表している1。PIERS は米国情報公開法に基づき米国税関が発表す る自動積荷目録システ

2015年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

実は見た目以上に厳しい中国経済 ~1Q成長率は前期比年率+5%強に低迷、追加対策は不可避の状況~

実は見た目以上に厳しい中国経済 ~1Q成長率は前期比年率+5%強に低迷、追加対策は不可避の状況~

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

中国の株価急伸をどう見るか? 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 中国の株価急伸をどう見るか?基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では経済成長の鈍化傾向が続いている。2014年の実質GDP成長率は前年比7.4%増と前年の同7.7%増を0.3ポ

2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目

中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 直近の中国経済を供給面から見ると、製造業を中心とした第2次産業が弱いため景

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ