調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 成長率目標

「成長率目標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国経済についてのレポートです。

中国経済~2015年の注目ポイントは?

中国経済~2015年の注目ポイントは? | ニッセイ基礎研究所 中国経済~2015年の注目ポイントは? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎中国国家統計局は1月20日に実質GDP成長率を公表、2014年は前年比7.4%増となった。中国政府が設定した2014年の成長率目標は「7.5%前後」だったので、経済が“新常態”に移行したとする中国政府にとっては、ほぼ想定範囲内の結果だったといえるだろう。また、10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比7.3%増と前四半期から横這いだった(下左図)。景気動

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国のマクロ経済運営~景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導~

みずほインサイトアジア2015 年 1 月 28 日2015 年の中国のマクロ経済運営アジア調査部中国室長景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導03-3591-1378伊藤信悟shingo.ito@mizuho-ri.co.jp○ 2014年の中国の実質GDP成長率は前年比+7.4%。中国政府は、財政・金融政策による景気下支えを図りつつ、「+7.5%前後」という成長率目標を達成することに成功した○ 2015年の成長率目標は、過剰生産能力の調整のための投資抑制が必要なことなどから、「+7

中国株式市場について~目先、調整が続く可能性はあるが、出遅れ・割安感に注目

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日中国株式市場について~目先、調整が続く可能性はあるが、出遅れ・割安感に注目 9日の中国株式市場では、上海総合指数が前日比5.43%安の2,856.27ポイントと、2009年8月以来の大幅な下落率となりました。前日8日遅くに、中国の証券決済機関が、レポ取引による短期資金借入れ時の担保基準の厳格化を発表したことを受け、債券市場が下落したほか、人民元市場や株式市場にも下げが波及しました。また、世界景気の先行き不安感などを受

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:習近平・李克強政権下で経済政策は変わるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:習近平・李克強政権下で経済政策は変わるのか?『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 習近平・李克強政権が前政権から引き継いだのは、①投資に過度に依存した経済発展パターンの限界、②膨張する地方政府債務とシャドーバンキング、③深刻化する環境汚染、④「国進民退」(国有企業が優遇され、民間企業が蚊帳の外に置かれる)に象徴される経済改革の停滞――といった負の遺産である。残念ながら、20

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「無理」をした成長率維持へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:「無理」をした成長率維持へ明確な回復感はなく、問題も先送り ◆2013年の中国経済は地方政府債務やシャドーバンキングが急膨張するなか、従来型の投資主導で7.7%成長となった。この3月の全人代では2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後に据え置かれた。中国は2014年も形は多少変わるとしても、やはり「無理」をして成長率を維持することを選んでしまったのである。◆3月13日に行われた記者会見で李

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:リスク要因としての成長率7.5%目標

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2014年3月5日から開催されている中国の第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第2回会議では、李克強氏が首相に就任して初めての政府活動報告を行い、注目された2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後となった。◆実質GDP成長率目標の7.5%設定は2012年から3年連続であり、潜在成長率の低下が指摘されるなか、マーケットは目標が引き下げられなかったことに安堵しているかもしれない。し

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」 ~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~

中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」 ~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~

2013年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2014年目標は7%or7.5%、3.5%or4%?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2014年目標は7%or7.5%、3.5%or4%?中央経済工作会議は2014年の6項目の重点を提示 ◆2014年の経済運営を協議する中国共産党中央経済工作会議が12月10日~13日に北京で開催された。同会議で提示された6項目の重点は、①食糧の量的・質的安全を保障する、②産業構造の調整に注力する、③債務リスクをコントロールする、④地域(区域)の協調発展を積極的に推進する、⑤民生を保障・改善する、

2013年11月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済、6%台減速でも大丈夫と考える理由

リサーチ TODAY2013 年 11 月 14 日中国経済、6%台減速でも大丈夫と考える理由常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中国経済は2013年前半に減速が続いていたが、主要経済指標は下げ止まりの兆しを示している1。下記の図表にもあるように、7~9月期の実質GDP成長率は、前年同期比+7.8%(4~6月期:同+7.5%)と小幅ながら改善した。持ち直しの主因は次の2つある。①需要面での固定資産投資の伸びの上昇と、②供給面での工業生産の回復である。ただし、9月単月の主要指標をみると、横ば

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ