調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 我が国企業

「我が国企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月9日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

海外現地法人四半期調査(平成29年1~3月期)

海外現地法人四半期調査(平成29年1~3月期)を実施しました 経済産業省では、我が国企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表しております。この度、平成29年1~3月の調査結果を取りまとめました。我が国企業の海外現地法人における売上高(平成29年1~3月、ドルベース)は、前年同期比で4期連続の増加となりました。1.結果概要 (1)売上高 売上高(全地域合計)は、前年同期比+7.9%と4期連続の増加となりました

2017年5月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)を実施しました~2015年度における海外現地法人の動向~ 経済産業省は、毎年、我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し取りまとめの上で公表しています。このたび第46回の調査結果を取りまとめました。 2015年度における現地法人の動向は以下のとおりです。 製造業の海外生産比率(国内全法人ベース25.3%)は過去最高水準。海外設備投資比率

2017年4月7日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

海外現地法人四半期調査(平成28年10~12月期)

海外現地法人四半期調査(平成28年10~12月期)を実施しました 経済産業省では、我が国企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表しております。この度、平成28年10~12月の調査結果を取りまとめましたので公表します。我が国企業の海外現地法人における売上高(平成28年10~12月、ドルベース)は、前年同期比で3期連続の増加となりました。1.結果概要 (1)売上高売上高(全地域合計)は、前年同期比+4.3%と3

2015年6月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における森林の減少・劣化の防止等への我が国企業の貢献可視化に向けた実現可能性調査事業)(中部カリマンタン州における二国間クレジット制度REDD+プロジェクト実現可能性調査)(和文)

平成26年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における森林の減少・劣化の防止等への我が国企業の貢献可視化に向けた実現可能性調査事業)(中部カリマンタン州における二国間クレジット制度REDD+プロジェクト実現可能性調査)(和文)

2015年5月27日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度産業技術調査事業(我が国企業におけるイノベーション創出に関する調査)報告書

平成26年度産業技術調査事業(我が国企業におけるイノベーション創出に関する調査)報告書

2015年4月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における適応分野の我が国企業の貢献可視化事業)報告書【採択案件】

平成26年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における適応分野の我が国企業の貢献可視化事業)報告書【採択案件】

2015年4月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における適応分野の我が国企業の貢献可視化事業)詳細版報告書

平成26年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における適応分野の我が国企業の貢献可視化事業)詳細版報告書

2015年3月11日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

経産省の調査です。

2014年度 模倣被害調査報告書

「2014年度 模倣被害調査報告書」を取りまとめました 特許庁は、毎年度、我が国企業等の模倣被害の実態等について、アンケート調査を行っています。このたび、2013年度の結果を「2014年度 模倣被害調査報告書」として取りまとめました。2013年度の模倣被害率は、前年度被害率の21.8%から0.2ポイント増加して22.0%、インターネット上で被害※を受けた企業は模倣被害を受けた企業のうち60.5%(前年度比1.8ポイント減)であり、模倣被害は高止まりしています。※インターネット上の被害とは、イン

2014年11月6日貿易研修センターフィードバック数:0社会/政治

平成26年版通商白書(後編)~新たな成長モデルへの転換を目指す世界と日本~

IIST e-Magazine平成26年版通商白書(後編)~新たな成長モデルへの転換を目指す世界と日本~ | 経済産業省 通商政策局 企画調査室【配信日:2014/10/31 No.0236-0946】 配信日:2014年10月31日平成26年版通商白書(後編)~新たな成長モデルへの転換を目指す世界と日本~ 経済産業省 通商政策局 企画調査室東アジアにおける貿易投資の深化及び我が国企業と東アジアの関わり1. 東アジアにおける貿易投資の深化東アジアと世界主要地域との貿易フローを俯瞰すると、東アジア

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における適応対策及び森林の減少、劣化の防止等に関する我が国企業の貢献可視化事業)報告書

平成25年度非エネルギー起源温暖化対策海外貢献事業(途上国における適応対策及び森林の減少、劣化の防止等に関する我が国企業の貢献可視化事業)報告書

2014年8月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

通商白書についてのセミナー資料です。

2014年版通商白書について

2014年版通商白書について清水 幹治 (経済産業省通商政策局企画調査室長) 本白書では、経済の安定的な成長のためには構造改革や成長戦略の重要性が増しているとの認識のもと、各国の政策動向について分析を行うとともに、我が国の成長戦略としての国際展開戦略の重要性を指摘しています。 議事録はじめに通商白書は、我が国の対外経済政策に関する年次報告書として昭和24年から毎年発行しており、本年で66回目となります。「いまだ占領下にあった昭和24年。焼け野原を前に、戦後最初の通商白書はこう訴えました。

2014年8月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

我が国建設・不動産企業による海外PPP事業への参入等に関する戦略について

我が国建設・不動産企業による海外PPP事業への参入等に関する戦略について 平成26年8月1日 国土交通省 土地・建設産業局では、昨年度より「我が国建設企業の海外PPP事業への参画のための戦略検討」を実施し、我が国建設企業が海外PPP事業において成功を勝ち取るための戦略を検討してきたところですが、今般、これまでの内容を大幅に改訂し、「海外地域別の市場分析に基づく我が国建設・不動産企業戦略」として、新たに公表することと致しました。これまでの調査に加え、世界の不動産市場に係る調査を追加するとともに、

2014年7月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度アジア拠点化立地推進調査等事業(BEPSへの対応と我が国企業への影響に関する調査)調査報告書

平成25年度アジア拠点化立地推進調査等事業(BEPSへの対応と我が国企業への影響に関する調査)調査報告書

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源・エネルギー輸入大国である我が国の為替リスク対策に関する調査報告書

機密性○資源・エネルギー輸入大国である我が国の為替リスク対策に関する調査経済産業省 大臣官房 総務課 御中資源・エネルギー輸入大国である我が国の為替リスク対策に関する調査報告書報告書2014年3月31日(月)0機密性○第1章.我が国の現状と為替資源・エネルギー輸入大国である我が国の為替リスク対策に関する調査P 21.為替エクスポージャー2.為替とコスト競争力3.為替損益の発生第2章. 我が国の為替と貿易の歴史P 361.円と為替2.貿易と為替管理制度の変遷3.我が国の貿易と為替の歴史4.我が国の

2014年3月18日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のまとめです。

2013年度模倣被害調査報告書

「2013年度模倣被害調査報告書」を取りまとめました 特許庁は、我が国企業等の国内外での模倣被害の実態や対策の実施状況に関する情報を収集・分析した「模倣被害調査報告書」の2013年度版を取りまとめました。2012年度の1社当たりの平均被害額は1.9億円、模倣被害総額は1,001億円で、 前年度比で減少となりました(※1)。模倣被害率は21.8%で、中国等アジア地域を中心に模倣被害は引き続き深刻な状況が続いています。なお、複数の権利での被害やインターネット上での被害は増加傾向にあり、被害内容は多

2014年3月18日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

グローバルニッチトップ企業100選

「グローバルニッチトップ企業100選」を選定しました 経済産業省は、国際市場の開拓に取り組んでいる企業のうち、ニッチ分野におい て高いシェアを確保し、良好な経営を実践している企業を「グローバルニッチトップ 企業 100 選」として選定しました。加えて、今後の飛躍が期待される企業を「ネクスト GNT」として選定しました。【3月19日資料追加・差替】「表彰企業概要」を発表資料に追加しました。一部誤記があったため、発表資料「「グローバルニッチトップ100選」選定企業一覧」を差し替えました。 1.「グ

2014年1月24日総務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

技術貿易収支についての調査結果です。

世界に躍進する我が国の科学技術力

報道資料統計トピックスNo.77 世界に躍進する我が国の科学技術力 科学技術研究調査は、我が国における科学技術に関する研究活動の状態を把握することを目的として、毎年実施している調査です。今回は、本調査の結果から、我が国企業の技術貿易収支について御紹介します。技術貿易とは、諸外国との間における特許権、ノウハウの提供や技術指導等、技術の提供又は受入れのことをいいます。これらの技術は、科学技術に関する研究活動の成果でもあることから、技術貿易収支は、我が国企業の技術力・産業競争力を把握する重要な指標の一

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:1ビジネス

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際調査事業(我が国企業の海外展開の変遷と国際比較にかかる調査・分析)

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際調査事業(我が国企業の海外展開の変遷と国際比較にかかる調査・分析)

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(我が国関連企業のASEAN における事業展開とIT人材育成課題に関する基礎調査)報告書

基礎調査報告書平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(我が国関連企業の ASEAN における事業展開とIT人材育成課題に関する基礎調査)報告書平成25年3月29日財団法人 国際情報化協力センターはじめに本報告書は、財団法人国際情報化協力センターが経済産業省からの委託を受けて実施した平成 24年度「我が国情報経済社会における基盤整備(我が国関連企業の ASEANにおける事業展開と IT人材育成課題に関する基礎調査)」の結果を纏めたものです。日本と ASEAN(東南アジア諸国連合)の交流は

2013年5月30日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査(新興国における我が国企業の進出拠点の開発に関する調査・分析)調査報告書

平成24年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査(新興国における我が国企業の進出拠点の開発に関する調査・分析)調査報告書

2013年4月25日経済産業省フィードバック数:1ビジネス

ブラジルへの我が国企業の展開促進にかかる調査・分析報告書

ブラジルへの我が国企業の展開促進にかかる調査・分析報告書

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ