調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 戸建て住宅

「戸建て住宅」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年3月号

みずほ米国経済情報2014年3月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標の一部に持ち直しが見られるようになった。強弱が入り混じり、大寒波の影響がどの程度なのか見極めにくい状況ではあるが、少なくとも経済指標が市場予想を下回る局面は峠を越えている。◆注目されるのは、米企業の設備投資マインドの改善である。新興国不安に地政学的リスクの高まりも加わる中、企業の先行きに対する自信がむしろ強まっていることは心強い動きと言える。◆今後は寒波の影響が消え経済指標は全般的に上向いていくと予想される。大寒波によって見えに

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

みずほ米国経済情報2014年2月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は引き続き下ぶれ気味で推移している。市場が予想する以上に、大寒波による影響が大きいようだ。消費活動や物流等、幅広い分野にわたって経済活動が押さえ込まれているが、春先には持ち直そう。◆大寒波の中、良いニュースも届いた。2015年3月15日まで債務上限の適用を停止することが決まった。政治的な対立が財政を通じて経済活動に悪影響を及ぼすリスクがほぼ解消された。◆米国株価の推移を見る限り、新興国不安が消費に与える影響は限界的とみられる。懸

2013年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年7月号

みずほ米国経済情報2013年7月号[米国経済の概況]◆4~6月期の実質GDP成長率は鈍化した模様だ。今月末に発表されるGDP統計では大幅な統計の改訂を伴う点に注意が必要だが、歳出削減、グローバル経済の減速、金融市場の動揺等が景気を減速させたとみられる。◆足元では、低調だった製造業の業況や鉱工業生産に持ち直しの動きがみられる。一方、非製造業の業況は軟化した。設備投資は資本財や建設支出の減速・低迷がみられる。もっとも、資本財の新規受注は拡大基調にある。◆雇用は回復を続けている。消費は株価の一時的な下

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ