「所得弾性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年10月29日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

経済・金融経 済・金 融輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要上席研究員○海外景気が良くなっても輸出は増加しにくくなっている古金 義洋(図1)世界経済と日本の輸出(%)10国内景気は期待通りに回復していないが、最大の誤算は円安にもかかわらず輸出が増加5していないことだ。輸出メーカーの売上・利益は円安で嵩上げされたが、製造業の生産活0動は伸びていない。それでも「海外景気が回輸出数量(世界全体)輸出数量(先進国)輸出数量(日本)経済成長率(世界)復すれば輸出も増加するはず」との予想が多いが

2014年10月10日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

消費税率引き上げ後の個人消費の動向と今後の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税率引き上げ後の個人消費の動向と今後の展望財・サービス別に見た消費動向の特徴について 2014年10月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆本稿では、消費税率引き上げの影響を整理するとともに、足下の消費動向を財・サービス別に分析する。そのうえで、個人消費の先行きについて展望したい。◆そもそも消費税率の引き上げは個人消費に対して、①「駆け込み需要とその反動」、②「

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

わが国輸出入の構造変化を探る-貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014年3月31日No.2013-046わが国輸出入の構造変化を探る― 貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間 ―調査部 副主任研究員 下田 裕介《要 点》◆ わが国景気は回復傾向が続いているものの、景気のけん引役は政策効果をはじめとする内需で、外需は低迷。輸出は横ばいで推移する一方、輸入は総じて増勢が続いており、貿易収支は赤字が持続。貿易赤字は、円相場の下落による輸出の数量押し上げ効果から、収支が改善すると期待されたものの、

「日本経済研究」No70

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【70】 2014年3月発行本稿は、中国経済の高成長の陰で生じてきた過剰資本蓄積の原因と、それに伴う厚生損失を定量的に明らかにする。まず、中国の高成長と共に家計部門に対する資本所得・労働所得の過少支払いが生じていたこと、それが企業部門に大量の内部留保を生み出し、過剰な資本投資がもたらされた可能性を指摘する。Abel et al.(1989)

中国の輸入の現状

2013/09/24調査部 野田 麻里子 1.金額・数量ともに緩やかな伸びにとどまる輸入2.金額ベースでは依然として製品輸入が中心3.上昇傾向にある一次産品輸入の所得弾性値4.消費の促進と民生の改善に資する輸入の拡大

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

経済トレンド現れ始めた円安の輸出押し上げ効果~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~経済調査部大塚 崇広(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向上→輸出増、②外貨建て輸出の場合は、円安の進展=輸出採算の改善→値下げ(価格競争力の向上)→輸出増、といったプロセスで輸出を押し上げる。円建て輸出

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート現れ始めた円安の輸出押し上げ効果発表日:2013年6月27日(木)~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向

中国経済レポート No.40 所得階層別消費支出と普及率から探る消費伸び悩みの背景と若干の展望

2013/03/28調査部 野田 麻里子 1.はじめに2.所得階層別消費性向は総じて低下傾向が続く3.低下する耐久財消費支出の所得弾性値4.所得階層別耐久財普及率が示唆する消費の現状5.所得分配制度改革の実施は消費拡大につながる可能性あり

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ