「所得格差」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月10日アクセンチュアフィードバック数:0キャリアとスキル

Getting to Equal 2017(男女のキャリア平等に向けたレポート2017)

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年3月31日アクセンチュア最新調査――2020年に大学を卒業する女性は、社会人時代に男女の所得平等を経験する初めての世代になる可能性がある キャリア構築を促進する3つの要素により、所得格差解消を加速【東京発: 2017年3月31日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、2020年に先進国で大学を卒業する女性は、社会人として男女間所得格差の解消を経験する初めての世代となる可能性があ

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (7)アベノミクスと今後について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ⑦アベノミクスと今後についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性229

2016年10月5日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

日本では所得格差も貧困意識も拡大していない決定的データ

日本では所得格差も貧困意識も拡大していない決定的データ

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (7)アベノミクスと今後について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ⑦アベノミクスと今後についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名

2015年5月26日オウチーノフィードバック数:0キャリアとスキル

「主婦の格差」に関する実態調査

2015.5.25 「主婦の格差」に関する実態調査株式会社 オウチーノ世の中には、「格差」がある。初任給ではさほどなかった所得格差も、年をとるにつれて大きくなり、自分の家庭にも影響を与える。子どもの教育機会は両親の収入に左右されると言われ、また、旦那様の稼ぎによっては、奥様が望んでいなくてもパートに出なければいけないこともある。家計を切り盛りしている主婦は、どれくらいその「格差」を感じているのだろうか。住まいの相談窓口住まいのことならなんでも対面・無料で相談できる、住まい探しとリフォーム・リノベ

2015年4月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスはどの程度包括的か

アベノミクスはどの程度包括的か過去2年間、日本はデフレ脱却と経済再生を目指し、野心的ないわゆるアベノミクスに取り組んでいる。一方、世界中の政策立案者や研究者は格差について議論している。本稿では、成長と所得分配双方を考慮した指標を用いて、アベノミクスが包括的な成長に与える影響について評価する研究を紹介したい。我々の分析の主要な政策的含意は、日本において成長を促進し格差を縮小するためには、構造改革の本格的な実施が必要であるということである。 日本も、先進国で近年拡大しつつある格差と無縁ではない。事例

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味

巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知ら

フィリピン経済の現状と今後の展望~ なぜ好調なのか? 好調は長続きするのか?~

○フィリピン経済は、1960~1990年代にかけて長期低迷に陥っていたが、近年は好調であり、2012年以降の経済成長率はASEAN主要国のなかでもトップクラスである。需要面で景気拡大を牽引しているのは個人消費であり、それを支えているのが、在外フィリピン人労働者(OFW)からの送金である。○個人消費の好調を支える要因として、ペソ高の影響も見逃せない。このペソ高の背景には、国際金融界のアキノ政権への信認の高さがある。2010年に就任したアキノ大統領は、汚職の撲滅や財政健全化などの公約を実行に移し、国

2014年12月9日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

所得格差は経済成長を損なう

OECDによると、所得格差は経済成長を損なう2014年12月9日最新のOECD分析によると、所得格差を是正すれば、経済成長は活性化されるでしょう。所得格差の縮小している国は所得格差が拡大している国より速く成長すると分析しています。成長にとって最大の問題は、下位中間層及び貧困世帯とそれ以外の社会層との格差が拡大していることです。重要なのは教育で、格差が成長を損なう主な要因は貧困層の教育投資不足です。アンヘル・グリアOECD事務総長は「この説得力あるデータは、大きく、さらに拡大しつつある格差問題に取

2014年9月28日経済産業研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

男女の所得差の要因分析です。

ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明

ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明概要本稿はホワイトカラ―正社員の男女の所得格差について傾向スコアによる標準化に依拠するDFL法を用いて要素分解をする。結果は年齢、学歴、勤続年数の人的資本3変数の男女差で男女所得格差の35%を、職業、労働時間、職階の3変数合わせて追加の43%を、合計6変数で格差の78%を説明することを示す。単独では職階の男女差が最も大きな説明力を持つ。また用いた傾向スコアの妥当性について診断を行うとともに、多変量線形回帰分析に基づく

2014年8月27日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済新論:実事求是 縮小に向かう所得格差

中国経済新論:実事求是 縮小に向かう所得格差計画経済の時代の平等主義に伴う弊害を打破すべく、改革開放以来、中国は鄧小平が提唱した「先富論」を旗印に、平等よりも成長を優先させる発展戦略を推し進めた。30年余りが経ち、総じて国民生活は向上してきたが、その一方で所得格差が容認できないレベルまで拡大してしまい、そのままでは、社会が不安定化する恐れがある。幸い、近年、農村部における余剰労働力の枯渇(いわゆる「ルイス転換点」の到来)に伴う労働力不足をきっかけに、労働分配率が上昇しており、その結果、所得格差も

2014年7月3日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

グローバルでの政策課題についてのレポートです。

今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する

OECDによると、今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する2014年7月2日最新のOECD報告(「今後50年間の政策課題」)は、2060年の世界展望を示しており、それによると、今後世界経済成長の鈍化や所得格差の拡大が予測されます。高齢化及び新興国の緩やかな失速により、世界の成長率は2010~2020年の3.6%から2050~2060年には2.4%へと鈍化し、イノベーションや技能投資に益々牽引されるようになります。「今後50年間の政策課題」によると、二酸化炭素排出量の増加を抑制しない限

所得分配を考える(4) 『頭の片隅で覚えておきたいこと』

所得分配を考える(4) 『頭の片隅で覚えておきたいこと』 2014/03/10政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 これまで3回にわたって所得格差を簡潔に論じてきた。第一回では日本だけではなく、世界中で所得格差が生じていることを説明した。第二回では日本の所得格差は高齢化に伴うものであり、OECDの多くの国々では賃金格差が原因となっていると論じた。第三回では、日本の高齢化世帯、特に単身及び夫婦のみ高齢者世帯の増加は、社会的・経済的要因で生じていること示している。海外では、

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長は貧困削減に役立つか?(2)-理論と実際- ◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

所得分配を考える(3)  所得格差拡大の原因(その2)

所得分配を考える(3)所得格差拡大の原因(その2) 2014/02/28政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 1.我が国の高齢化の進展と高齢者世帯の増加我が国の所得格差の大きな原因は前号(※1)で高齢化によるものだと説明した。図表1をみると高齢者世帯はほぼ一貫して上昇している。高齢者単独世帯及び高齢者夫婦のみ世帯が特に増加していることがわかる。人口の高齢化が進展しているのは、平均寿命が伸びたためだということは言うまでもない。しかし、単に高齢化だけでは高齢者単独世帯及び夫

所得分配を考える(2)  『所得格差拡大の原因(その1)』

所得分配を考える(2)『所得格差拡大の原因(その1)』 2014/02/21政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 1.我が国の所得格差拡大の原因昨年発表になった「平成23年度所得再分配調査」から世帯別の調査結果を図表1に示している。世帯類型別にジニ係数(※1)をみると、総数の当初所得が0.5536であるのに対し、「単独世帯」が0.6801、「夫婦のみ世帯」が0.6309と総数のジニ係数を上回っている。世帯主年齢別についてみると、「65~69歳」が0.6175、「70~7

所得分配を考える(1)  『拡大する所得格差』

2014/02/14政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 厚生労働省は、昨年10月「平成23年度所得再分配調査」結果を報告した。また、OECDは2011年に「Divided We Stand」という報告書を発表して、OECD加盟各国の所得格差について分析している。本稿ではこの2つの報告書を用いながら、日本も含めた所得格差の最近の動向について素描してみたい。我が国で所得格差が話題になったのは、2006年1月19日における内閣府の月例経済報告で「統計データから経済格差は確認で

2014年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長は貧困削減に役立つか?(1)-理論と実際- ◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

2013年3月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

全人代に見る中国経済成長率目標

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 現在北京で開会中の中国全人代における政府活動報告で、2013年の経済成長率として「7.5%左右(前後)」という数値が発表された。昨年の党大会で示された「10年間でGDP倍増」に必要な平均年率成長7.2%程度、昨年実績の7.8%等を踏まえた大方の事前予想通りで、特に内外で驚きをもって受け止められてはいない。中国に限らないが、政府が発表するこうした数値は、こうなるであろうという予測的な数値なのか、達成した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ