「所得水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

図表でみる中国経済(所得水準編)

図表でみる中国経済(所得水準編) | ニッセイ基礎研究所 図表でみる中国経済(所得水準編) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿は、中国経済をこれから学ぼうとお考えの方々を対象に、新聞記事やレポートでは通常前提として省略されることが多い基礎的な経済データを、図表を用いて素人にも分かり易く解説し、理解を深めていただくことを趣旨

2015年4月6日愛媛県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度愛媛県市町民所得統計

ここから本文です。更新日:2017年3月29日平成26年度愛媛県市町民所得統計(最新)市町民所得統計は、県民経済計算を基に各種統計指標を用いて地域別、市町別に按分推計することによって、県内市町における1年度間の経済活動によって生み出された付加価値を生産、分配面から捉え、市町の経済規模、産業構造、所得水準などを明らかにするもので、平成26年度の推計結果は次のとおりです。・総生産の構成比は、中予が42.7%、東予が41.3%、南予が16.0%・地域別経済成長率は、全ての地域でプラス成長。・1人当た

2014年11月23日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車普及による社会への影響についてのレポートです。

国際的視点から見た自動車の社会的費用の内部化

Special Report 国際的視点から見た自動車の社会的費用の内部化宇沢氏の警鐘2014年9月、宇沢弘文氏が他界した。理論経済学者として二部門成長モデルや不均衡動学理論などの優れた業績を残す一方、社会運動家としても積極的な活動を行い多くの功績を残した稀有な経済学者であった。1974年に出版された『自動車の社会的費用』(宇沢弘文著、岩波新書)は、当時の日本社会に対し、自動車の無制限な増大が市民の基本的権利を著しく侵害していると警鐘を鳴らし、大きな反響を呼んだ。宇沢氏は本書を通して、自動車の運

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

訪日客数増加のポテンシャル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 訪日客数増加のポテンシャル人口と訪日率という側面で見た中国の潜在性 去る1月17日に日本政府観光局が発表した訪日客数推計値によれば、2013年の訪日客は延べ1,036万人と、史上初めて1,000万人の大台を突破した。とはいえ、政府はより高い水準を目標に掲げている。統計発表と日を同じくして開催された第3回観光立国推進閣僚会議では、東京オリンピックが開催される2020年に向け、訪日客2,000万人達成を目

2013年11月7日日本総研フィードバック数:0マーケティング海外

拡大する中国の消費市場

2012年の中国の家計消費支出は2.5兆ドルと日本の1.3倍に拡大した。2015年の支出規模は8兆ドルに達する可能性もある。消費構造の変化も見込まれるなか、サービス消費が特に拡大する見通しである。■拡大する消費市場 近年、中国では人件費が急ピッチで上昇している。これにより、中国の生産拠点としての魅力は低下しつつある(詳しくは、アジア・マンスリー2012年3月号「厳しさを増す中国の加工貿易」を参照)。 もっとも、視点を変えてみると、所得水準の上昇により、消費者の購買力が向上し、消費市場としての魅力

2013年8月21日日本総研フィードバック数:0社会/政治

数字を追う~1 人当たりGDP・GNI の実態と人口から見える成長課題…小国の超・高所得と日米の健闘、日独製造業の明暗、中所得の罠とBRICs 等

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 8 月 20 日No.2013-020数字を追う~1 人当たり GDP・GNI の実態と人口から見える成長課題…小国の超・高所得と日米の健闘、日独製造業の明暗、中所得の罠と BRICs 等調査部 主席研究員 吉本澄司《要 点》 わが国の 2011 年の 1 人当たり GDP は世界 23 位、1 人当たり GNI は 22 位であるが、間接税の影響による押し上げや、為替レート変動の大きさを考慮すると、わが国より明

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ