「所得環境」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

先行き改善が期待される家計の所得環境~消費が牽引役となり、好循環が実現へ~

先行き改善が期待される家計の所得環境~消費が牽引役となり、好循環が実現へ~

2015年5月14日信金中央金庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足や賃上げについてのレポートです。

最近の雇用・所得環境と今後の見通し -人手不足感は根強いが、賃上げの波及ペースはなお緩やか-

最近の雇用・所得環境と今後の見通し -人手不足感は根強いが、賃上げの波及ペースはなお緩やか-

FRBの金融政策正常化と米国の個人消費

○米連邦準備制度理事会(FRB)は2015年中頃にも金融危機後初となる利上げを行い、肥大化したバランスシートの縮小に着手する見通しである(金融政策の正常化)。本レポートは、個人消費の周辺環境の現状を整理することを通じて、FRBの金融政策正常化に伴う金融環境の変化が景気に与える影響を展望する。○雇用・所得情勢に注目すると、雇用が改善する一方で賃金上昇が滞っている。背景には、非正規雇用化が進み、低賃金産業に従事する人々が増えたことがある。こうした環境の下で所得格差も拡大しており、消費のすそ野を担う中

2014年7月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年7月7日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年4月)と比較すると、全地域が、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変化はないとしている。各地域からは、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動がみられているものの

2014年3月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計14年1月~所得環境の改善基調は続く

毎月勤労統計14年1月~所得環境の改善基調は続く | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計14年1月~所得環境の改善基調は続く 押久保 直也・現金給与総額は前年比で3ヶ月ぶりの減少・雇用環境の回復基調が明確に3月4日に厚生労働省から発表された2014年1月の毎月勤労統計(速報)によると、1月の現金給与総額は前年比▲0.2%(12月:前年比0.5%)となり、3ヶ月ぶりに減少した。さらに、消費者物価が上昇基調を強めていることから、1月の実質賃金は前年比▲1.8%(12月:前年比▲1.3%)となり、7ヶ

2014年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計13年12月~所得環境は改善基調が明確に

毎月勤労統計13年12月~所得環境は改善基調が明確に | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年12月~所得環境は改善基調が明確に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は前年比で2ヶ月連続増加・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く2月5日に厚生労働省から発表された2013年12月の毎月勤労統計(速報)によると、12月の現金給与総額は前年比

毎月勤労統計13年11月~所得環境は改善基調へ

毎月勤労統計13年11月~所得環境は改善基調へ | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年11月~所得環境は改善基調へ 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は前年比で5ヶ月ぶりに増加・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く12月27日に厚生労働省から発表された2013年11月の毎月勤労統計(速報)によると、11月の現金給与総額は前年比0.5

グラフで見る東海経済(2013年10月)

2013年10月24日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。スマートフォン向けの電子部品・デバイスの生産が増加しているが、主力の自動車の増産が一服している。海外景気の回復を背景に輸出は持ち直しが続くが、設備投資は伸び悩んでいる。個人消費は、消費者マインドが高水準で推移し高額品消費が好調だが、所得環境の改善が緩やかで消費全体では緩やかな持ち直しに止まっている。公共投資は国の発注を中心に増加基調が続いている。今後は、輸出の緩やかな持ち直しが続くとみられる一方で、自動車の生産水準が横ばい

毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境

毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境 | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境 押久保 直也・現金給与総額は前年比で2ヶ月連続減少・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く10月1日に厚生労働省から発表された2013年8月の毎月勤労統計によると、8月の現金給与総額は前年比▲0.6%(7月:前年比▲0.1%)となり、2ヶ月連続で減少した。その内訳を見てみると、所定外給与は前年比3.1%と増加したものの、ウェイトの大き

グラフで見る東海経済(2013年8月)

2013年08月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車の増産が一服し、輸送機械の生産が減少に転じたものの、海外景気の回復を背景に、輸出は持ち直し傾向が続いている。また、個人消費は高額消費の好調が続き、住宅投資も消費増税前の駆け込み需要が本格化し始めている。公共投資も国・地方いずれの発注も増加している。一方、雇用環境は、有効求人倍率が製造業を中心に3県ともに改善したが、常用雇用は全国に比べて弱めの動きが続いている。所定内給与が2ヶ月連続で増加しているが、賃金全体では緩やかな持ち直

グラフで見る東海経済(2013年7月)

2013年07月23日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車や航空機部品などの輸送機械の生産が減少したものの、海外景気の回復を背景に輸出は持ち直し傾向が続いている。個人消費は、高額消費が好調で百貨店販売は東京や大阪に比べ高水準で推移している。住宅投資も緩やかに持ち直しており、公共投資も増加基調が続いている。一方、雇用環境は横ばい圏で推移しているが、新規求人倍率が愛知と岐阜で悪化に転じたほか、常用雇用も全国に比べて弱めの動きが続いている。賃金は、所定内給与が増加に転じるなど緩やかに持ち

グラフで見る東海経済(2013年6月)

2013年06月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車や航空機部品などの輸送機械の生産が大きく増加したほか、海外景気の回復を背景に輸出の持ち直しも続いている。1~3月期の設備投資は2四半期ぶりに増加した。個人消費は、高額消費の好調が続き、百貨店販売が高水準で推移するほか、新車販売も8ヶ月ぶりにプラスに転じている。住宅投資は緩やかに持ち直し、公共投資も増加基調が続いている。一方、雇用環境は、求人倍率が改善傾向にあるが、常用雇用の改善は頭打ちとなっている。今後も、世界経済の緩やかな

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

消費の回復は持続するのか~株高依存でなく、所得環境の改善が必要~

消費の回復は持続するのか~株高依存でなく、所得環境の改善が必要~

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:1キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年3月) ~所得環境はまだまだ弱い~

毎月勤労統計(2013年3月) ~所得環境はまだまだ弱い~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ