「所得税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月28日国税庁★★フィードバック数:0キャリアとスキル

国税庁の調査です。

平成25年分民間給与実態統計調査

平成26年9月国税庁平成25年分民間給与実態統計調査結果について1 調査の概要(1) 沿革 民間給与実態統計調査は、昭和24年分から始まり、以後毎年実施しており今回が第65回目に当たる。 昭和29年分の調査から、統計法に基づく指定統計(第77号)となり、平成19年の統計法改正により、平成20年分の調査から基幹統計とされている。(2) 目的 この調査は、統計法に基づく基幹統計「民間給与実態統計」の作成を目的とする調査である。「民間給与実態統計」は、民間の事業所における年間の給与の実態を、給与階級別

2014年9月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年利2%で運用しても資産は目減りする?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年利2%で運用しても資産は目減りする?インフレ下で重要性を増す「非課税」の意義 総務省によると、消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は、2013年6月以後、直近2014年7月まで14ヵ月連続で対前年同月比でプラスとなっており、いよいよデフレ脱却が近づいている。デフレの時代が終わりインフレが続くようになると、家計が持っている預貯金の実質的な価値が目減りする、とよく言われる。政府・日銀が目標とする年2%の物

2014年7月1日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

夏季の特別給の支給について

夏季の特別給の支給について平成26年6月30日総務局 6月30日、都職員に夏季の特別給(期末・勤勉手当)が支給されましたので、お知らせします。1 支給日 平成26年6月30日(月曜)2 職員定数 165,491人(警察、消防、教育、公営企業職員を含む。以下同じ。)3 支給率4 支給総額 1,299億円5 一人当り平均支給額(推計)※支給率及び平均支給額は、再任用職員を除く※税等控除後は、所得税及び共済掛金(社会保険料)を控除した後の額 ※知事については、在職期間に応じ7割支給 問い合わせ先総務局

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年収1,000万円前後の層に負担増が集中する平成26年度税制改正大綱(所得税)と家計関連の予算の解説 ◆本稿は「平成26年度税制改正大綱」(以下、大綱)のうち所得税に関連する事項と平成25年度補正予算案・平成26年度予算案の家計に関連する事項について解説する。◆大綱では、現在245万円である所得税の給与所得控除の上限を、平成28(2016)年分の所得税から230万円に、平成29(2017)年分の所得税

2014年1月9日京都大学フィードバック数:0社会/政治

国民生活基礎調査の個票データによる所得税収変動要因等の定量的分析

国民生活基礎調査の個票データによる所得税収変動要因等の定量的分析

2013年9月29日国税庁★フィードバック数:0キャリアとスキル

給与についての統計調査です。

平成24年分民間給与実態統計調査

平成25年9月 国税庁平成24年分民間給与実態統計調査結果について1 調査の概要(1) 沿革 民間給与実態統計調査は、昭和24年分から始まり、以後毎年実施しており今回が第64回目に当たる。昭和29年分の調査から、統計法に基づく指定統計(第77号)となり、平成19年の統計法改正により、平成20年分の調査から基幹統計とされている。(2) 目的 この調査は、民間の事業所における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、併せて、租税収入の見積り、租税負担の検討及び税務行政運

2011年12月15日国税庁フィードバック数:4社会/政治

平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況

平成23年10月 国税庁平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成22事務年度(平成22年7月から平成23年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況 所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています

2011年10月24日国税庁フィードバック数:4社会/政治

平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成23年10月 国税庁平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成22事務年度(平成22年7月から平成23年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況 所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています

2009年3月9日アイシェアフィードバック数:0ビジネス

自分で確定申告をしたことがある半数以上~「e-Tax」未経験者では存在を知らない人も

確定申告に関する意識調査 自分で確定申告をしたことがある半数以上~「e-Tax」未経験者では存在を知らない人も1月1日から12月31日までの全所得を計算し申告した上で、その所得額に応じた税金を納める確定申告。手続きが煩雑で面倒といったイメージがあるが、確定申告が必要な場合、還付申告に該当するケースなどはどのくらい知られているのだろうか。また、『e-Tax(国税電子申告・納税システム)』の利用状況など、20代から40代を中心とするネットユーザー男女456名の回答を集計した。「給与の年間収入額が2,

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ