調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 投資信託説明書

「投資信託説明書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年1月 CANADAウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料(2015年1月)"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで経済・投資環境について情報発信しています。為替・⾦利最上位格付国としての優位性などを背景に、 為替は堅調に推移(円/カナダ・ドル) 140 120 100 80 60 40 20 0 '07/1 '09/1 '11/1 '13/1 (2007年1⽉末〜2014年12⽉末) (%) 7円/カナダ・ドル(左軸) カナダ残存5年程度の国債利回り(右軸)物価エネルギー価格の下落からインフレ率はターゲット近辺

投資テーマが『米国REIT』をあと押し

“⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM情報提供資料2014年12月11日No.146投資テーマが『米国REIT』をあと押し 米国の株式ストラテジストが推奨する投資テーマの中に、① 米国内の売上比率が高い企業への投資 、②配当利 回りが高い企業への投資 、の 2つのテーマがある。そして 『米 REIT』は①②の2つの条件を兼ね備えており、投 資対象としての注目度が高まっている。  【図表1】は『米REIT』と『米株式』の年初来推移である。 REITの年初来リターン(11月末現在)は+2

G-7(先進7カ国)の優等生『カナダ』~『経済』『財政』の健全性~

“⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM情報提供資料2014年12月1日No.144G-7(先進7カ国)の優等生『カナダ』~『経済』『財政』の健全性~ 【図表 1】は G-7 各国の『金融危機 ( 2008 年)前のピー ク』と『今年直近』の経済規模(実質GDP )を比較したも のである。金融危機で落ち込んだ経済をどこまで回復さ せた かを示して いる 。カナダは金融危機前のピークを +9.2% 上回る水準にまで回復しており、他の G-7 諸 国を上回っている。  【図表2】は

2014年11月 CANADAウォッチ

~主な指標をななめ読み~情報提供資料(2014年11月)"大和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで経済・投資環境について情報発信しています。為替・金利最上位格付国としての優位性などを背景に、(円/カナダ・ドル) 140 120 100 80 60 40 20 0 '07/1 '09/1 '11/1 '13/1物価エネルギー価格の下落からインフレ率はターゲット近辺(%)為替は堅調に推移(2007年1月末~2014年10月末) (%) 7円/カナダ・ドル(左軸) カナダ残存5年程度の国債利回り(右

「普通の人が、普通に始めていい時代」の到来が予感される今、日興アセットがお伝えしたいこと

2014.2日興AMファンドアカデミーベーシック「普通の人が、普通に始めていい時代」 の到来が予感される今、 日興アセットがお伝えしたいこと今年1月からNISAが始まり、投資への注目が高まっています。 一方、昨年好調だった日本や世界の市場は、年が明けてから 変調を来しているようにも見えます。 しかし日興アセットは、短期的な値動きで急にやる気になったり、 萎えてしまったりすることこそが、最も避けるべきことなのでは ないかと考えています。「普通の人」でも資産運用が必要な時代 とはいえ、暗い話で投資を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ