調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 投資信託説明書

「投資信託説明書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

りそな ダイナミック・アロケーション・ファンド(愛称:攻守のチカラ) 最近の運用状況について

りそな ダイナミック・アロケーション・ファンド(愛称:攻守のチカラ)最近の運用状況について2015年7月1日平素は、「りそな ダイナミック・アロケーション・ファンド(愛称:攻守のチカラ)」をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。当ファンドの運用状況について、お知らせいたします。≪基準価額・純資産の推移≫12,0002015年6月30日現在基準価額純資産総額純資産総額10,404 円12億円基準価額11,000分配金再投資基準価額15 純資産総10 額基準価額(円 10,000億円)ファンド-1.8

2015年7月 マーケットウォッチ

情報提供資料(2015年7月)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM経済・投資環境について情報発信しています。〜各資産の収益率、コモディティ・為替(対円)の騰落率〜直近1ヵ⽉間(2015年5⽉末〜2015年6⽉末)年初来(2014年12⽉末〜2015年6⽉末)2014年(2013年12⽉末〜2014年12⽉末)30(%)2017.013.711.61006.11.8 0.30.61.2-1.9-2.4-4.1-10-3.0-5.7 -4.6-3.5 -3.1-2013.72.710.3-2

2015年6月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年6月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価レアルは中央銀⾏による為替介⼊規模縮⼩懸念、⽶国インフレ率の上昇を受けて政策⾦利を引き上げ利上げ観測の⾼まりなどから弱含み(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2015年5月末)(%)18181616651414601255105084564404275円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70235'07/1 '08/1 '

2015年5月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年5月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価インフレ率の上昇を受けて政策⾦利を15年4⽉にレアルは政治的不透明感の後退などから上昇(円/ブラジル・レアル)13.25%へ引き上げ(2007年1月末~2015年4月末)(%)18181616651414601255105084564404275円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70235'07/1 '08/1 '09/1 '1

2015年3月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年3月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価政策⾦利を15年1⽉に引き上げたものの、インフレ率は⾜元では、1レアル42円前後、⾦利13%前後で推移(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2015年2月末)(%)再び上昇18181616651414601255105084564404235'07/120'07/175円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'08/1'09

2015年3月 CANADAウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料(2015年3月)"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで経済・投資環境について情報発信しています。為替・⾦利物価エネルギー価格の急落が経済成⻑とインフレに与えるエネルギー価格の下げ⽌まりを背景に⾜元で影響への対応として政策⾦利を引き下げ為替は反発(2007年1⽉末〜2015年2⽉末) (%)7(円/カナダ・ドル)140円/カナダ・ドル(左軸)56410053804260314020201-10-2'07/1120カナダ残存5年程度の国債利回り(右軸)0'

2015年3月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年3月)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は国際商品市況の下落などから⾜元もこのトレンドは継続しています。上昇率が伸び悩んでいます。(2007年1月末~2015年2月末)(円)20,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,0009

No.153 『カナダ・ドル』反転のタイミングを模索

“⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM情報提供資料2015年2月17日No.153『カナダ・ドル』反転のタイミングを模索■ 『カナダ・ドル』底入れの兆し 1月28日、『カナダ・ドル』は対米ドルで0.80米ドルを割り込み、6年ぶりの安値をつけた【図表1】。前回、『カナダ・ドル』が0.80米ドルを割り込んだのはリーマン・ショック後の金融危機の最中(2008~09年)であった。今回の『カナダ・ドル』の下落は原油価格の急落が背景と高コストのシェール・オイルのリグ(石

2015年2月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年2月)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は国際商品市況の下落などから⾜元もこのトレンドは継続しています。上昇率が伸び悩んでいます。(2007年1月末~2015年1月末)(円)20,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,0009

2015年2月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年2月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価政策⾦利を15年1⽉に引き上げ、インフレ率がターゲット⾜元では、1レアル43円前後、⾦利13%前後で推移(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2015年1月末)(%)圏内まで低下18181616651414601255105084564404275円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)7035'07/1'08/1'09/1'1

No.30 【日銀が物価見通しを下方修正】

30⽇銀が物価⾒通しを下⽅修正(2015年1⽉)【キーワード】展望レポート中間評価⽇本銀⾏は21⽇、昨年10⽉の「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)の中間評価を公表し、2015年度の物価⾒通しを下⽅修正しました。修正の背景には、消費再増税先送りや原油価格急落、円安/ドル⾼の⼀服など、⾦融緩和を拡⼤した昨年10⽉から状況が⼤きく変わったことが考えられます。原油価格の下落などが家計の消費拡⼤や物価の押し上げに結びつくには時間がかかるため、⽇銀に対し再び⾦融緩和圧⼒が⾼まる可能性もあります。当⾯の

2014年12月 ブラジルウォッチ

~主な指標をななめ読み~情報提供資料(2014年12月)"大和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで経済・投資環境について情報発信しています。金利・為替物価政策金利を引き上げたが、インフレ率はターゲット上限足元では、1レアル46円前後、金利12%前後で推移75(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年11月末)(%)を3ヵ月連続で超過(%)18181616651414601255105084564404235'07/120'07/1円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)7

2014年11月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2014年11月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価インフレ圧⼒の⾼まりから、政策⾦利を11.25%⾜元では、1レアル45円前後、⾦利12%前後で推移(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年10月末)(%)に引き上げ18181616651414601255105084564404235'07/120'07/175円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'08/1'0

2014年10月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2014年10月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価⾜元では、1レアル45円前後、⾦利12%前後で推移(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年9月末)(%)インフレ圧⼒は根強いが、政策⾦利は11%に据え置き181616651414601255105084564404220'07/1円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)7035'07/1'08/1'09/1'10/1'

2014年10月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2014年10月)"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数はおおむね⽇銀の想定どおりに推移⾜元もこのトレンドは継続しています。20,000しています。(2007年1月末~2014年9月末)(円)(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,000900.0

2014年9月 ブラジルウォッチ

情報提供資料〜主な指標をななめ読み〜⾦利・為替物価通貨レアルに底打ち感インフレ圧⼒は根強いが、政策⾦利は11%に据え置き⾦利上昇(債券価格は下落)傾向も⼀服75(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年8月末)(%)181616651414601255105084564404235'07/120'07/1円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'09/1'10/1'11/1'12/1'13/1'14/1※税金等諸費用は考慮していません。※外貨建資産には為替リスク等があり

2014年8月 ブラジルウォッチ

情報提供資料~主な指標をななめ読み~金利・為替物価通貨レアルに底打ち感インフレ圧力は根強いが、政策金利は11%に据え置き金利上昇(債券価格は下落)傾向も一服75(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年7月末)(%)181616651414601255105084564404220'07/1円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'08/1'09/1'10/1'11/1'12/1'13/1'14/1※税金等諸費用は考慮していません。※外貨建資産には為替リスク等があります

2014年7月 ブラジルウォッチ

情報提供資料~主な指標をななめ読み~ 金利・為替 物価(2014年7月)通貨レアルに底打ち感 金利上昇(債券価格は下落)傾向も一服75 70 65 60 55 50 45 40 35 '07/1 '08/1 '09/1 '10/1 '11/1 '12/1 '13/1 '14/1 (円/ブラジル・レアル) (2007年1月末~2014年6月末) 円/ブラジル・レアル(左軸) 2年国債利回り(右軸) (%) 18 16 14 12 10 8 6 4 2 18 16 14 12 10 8 6 4 2消

No.135 米国『REIT』の収益力が向上~配当利回りの魅力向上が期待される~

情報提供資料2014年7月8日No.135米国『REIT』の収益力が向上~配当利回りの魅力向上が期待される~米 国 REIT の 年 初 来 騰 落 率 ( 7 月 3 日 現 在 ) は+15.1%上昇と、株式の+7.4%を大きく上回っていら、より高い利回りを求めており、REITへの注目度る【図表1】。『景気回復』と『低金利』が同時進行しが高まっている【図表2】。米国REITは優良物件をている市場環境の中で、REITは収益力を向上させ多く保有しており、入居率が高く、賃料収入が安定している。

2014年6月 ブラジルウォッチ

情報提供資料(2014年6月)〜主な指標をななめ読み〜⾦利・為替75物価通貨レアルに底打ち感消費者物価指数は、前年同⽉⽐6.37%上昇⾦利上昇(債券価格は下落)傾向も⼀服政策⾦利は11%に据え置き(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年5月末)(%)円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)7018181616政策金利(参考、月末値)消費者物価(前年同月比)1465146012551050864564404220'07/135'07/1'08/1'09/1'10/1'11/

No.131 『日本株式』~消費増税を乗り越えられるか~

情報提供資料2014年6月11日No.131『日本株式』~消費増税を乗り越えられるか~日・米・欧の株式市場の年初来騰落率を比較すると、② 新車販売台数日本株の出遅れ感が目立っている【図表1】。2014年度の東証1部経常増益率(会社予想)が-0.5%比)も、前年比減少幅が4月に比べて半減した。と、2013年度の+38.6%から大幅に低下することが2013年日本株劣勢の一因になっているようだ。2014年度の2014年増減率業績予想には消費増税の影響をどう判断するかの不4月213,165 台18

2014年5月 ブラジルウォッチ

情報提供資料~主な指標をななめ読み~金利・為替物価通貨レアルに底打ち感金利上昇(債券価格は下落)傾向も一服75消費者物価は、前年同月比6.28%上昇政策金利は9会合連続で引き上げられ、11%に(%)18(2007年1月末~2014年4月末) (%)18円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)16(円/ブラジル・レアル)70政策金利(参考、月末値)14消費者物価(前年同月比)14601255105084564404220'07/1'08/1'09/1'10/1'11/1'12/1'13/

『日本株式』 相場環境

情報提供資料2014年4月25日No.128『日本株式』 相場環境■ 2013年の海外投資家の買い越し額は過去最高2013年の日本株(TOPIX)の上昇率は+51%と、米国株(S&P500)の+30%を上回り、先進国の中でも突出した上昇を記録した。【図表1】は海外投資家の日本株売買動向である。アベノミクスが始まった2012■年12月以降、海外投資家の買い越し額が急増した。 『異次元金融緩和』が始まった2013年4月には月間で過去最高を記録した。2014年1月、日本株市場が前年からの上昇

Market eyes No.126【『トルコ・リラ』相場~ 昨年来の悪材料が改善方向へ ~】

情報提供資料2014年4月10日No.126『トルコ・リラ』相場~ 昨年来の悪材料が改善方向へ ~『トルコ・リラ』は昨年来、悪材料が相次ぎ、下落基調を強めていたが、ここに来て、リラ安は収束の気配を見せている【図表】。以下に昨年来の悪材料とその改善状況をまとめた。■ 資金流出懸念政治的混乱がリラ安要因となったが、今年3月30日の統昨年5月、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融緩和縮一地方選挙で、政権与党の公正発展党(AKP)が圧倒小の可能性に言及したことから、新興国からの資金流的な勝利を収めた。4

「普通の人が、普通に始めていい時代」の到来が予感される今、日興アセットがお伝えしたいこと

2014.2日興AMファンドアカデミーベーシック「普通の人が、普通に始めていい時代」 の到来が予感される今、 日興アセットがお伝えしたいこと今年1月からNISAが始まり、投資への注目が高まっています。 一方、昨年好調だった日本や世界の市場は、年が明けてから 変調を来しているようにも見えます。 しかし日興アセットは、短期的な値動きで急にやる気になったり、 萎えてしまったりすることこそが、最も避けるべきことなのでは ないかと考えています。「普通の人」でも資産運用が必要な時代 とはいえ、暗い話で投資を

Market eyes No.121【『カナダ・ドル』足元の相場環境】

情報提供資料2014年2月19日No.121『カナダ・ドル』足元の相場環境昨年10月以降、カナダ・ドルは下落基調を続けた【図FRBは12月と1月のFOMCで各々100億ドルの緩和表1】。下落の背景は10月以降の『米国』と『カナダ』縮小を発表した。縮小のペースは850億㌦→750億㌦の金融政策の違いにある。米中銀のFRB(米連邦準→650億㌦であるが、市場の反応は『懸念したほど備制度理事会)は10月のFOMC(米連邦公開市場委員会)急激なものでなく、景気回復に配慮した縮小方針でで緩

Market eyes No.120【『米国リート』 10-12月期の業績動向】

情報提供資料2014年2月6日No.120『米国リート』 10-12月期の業績動向銘柄名セクターエクイティ・レジデンシャル集合住宅一株当たりFFO(前年同期比)0.77㌦ (+ 2.7%)*1市場予想0.75㌦総収入(前年同期比)+41.3%*2*2入居率(前年同期比)95.4% (± 0%)アバロンベイ・コミュニティーズ集合住宅1.51㌦ (+ 18.9%)1.46㌦+50.7%ボストン・プロパティーズオフィス1.29㌦ (+ 1.6%)1.25㌦+21.9%93.4% (+2.0%)SLグリ

Market eyes No.119【『米国REIT』調整完了のタイミングを探る】

情報提供資料2014年2月4日No.119『米国REIT』調整完了のタイミングを探る■ バリュエーション(株価評価):調整局面を経て割安水準に【図表1】は『REIT価格』とREITの『純資産価値』の比較である。通常『REIT価格』は将来の利益成長を織賃料上昇が続くとの予想である。■ モメンタム(市場価格の勢い):モメンタム反転の兆しり込む形で『純資産価値』よりも高値で取引されるの折れ線グラフが上向きの時は『REIT』のリターンが『株が一般的である。式』を上回っており、下向きの時は『R

Market eyes No.117【新しい株価指数『JPX日経インデックス400』】

情報提供資料2014年1月14日No.117新しい株価指数『JPX日経インデックス400』¾1月6日、日本株式に新しい株価指数が誕生した。日本企業は歴史的に株式持ち合いの比率が高「日本取引所グループ(JPX)」と「日本経済新聞社」かったため、株主に対する意識が薄かった。そして、が共同開発した『JPX日経インデックス400』である【図【図バブル崩壊後は景気低迷やデフレ経済の影響から、表1】。新指数は東証上場銘柄から『ROE(株主資表1】企業は利益成長のための投資に消極的であった本利益

Market eyes No.115【『J-REIT』日本の不動産市況】

情報提供資料2013年12月4日No.115『J-REIT』 日本の不動産市況【図表1】 主要都市の地価の動き(前四半期比)■ 主要都市地価:上昇傾向続く 【図表1】主要都市地価:上昇傾向続く図表1】¾国土交通省は11月26日、四半期毎の地価調査で(地区数)(2008年第3四半期~2013年第3四半期)150ある『地価LOOKレポート(7-9月)』を発表した。全Ⅰ~Ⅳ:各四半期国150調査地区のうち107地区で地価の上昇が確下落100認された。地価の横ばいが34地区、下落が9地区107上昇であっ

主要国・地域の為替(対円)の推移

主要国・地域の為替(対円)の推移(2012年7月6日 ~ 2017年7月7日)(円)米ドル直近値 113.89(円)ユーロ直近値 129.962017年7月11日130160(円)2212015020140110中国・元直近値 16.7518130161001201490110807012年7月 13年7月 14年7月 15年7月 16年7月 17年7月(円)12100韓国・ウォン直近値 9.879012年7月 13年7月 14年7月 15年7月 16年7月 17年7月(円)マレーシア・リンギ直

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ