「投資収益」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月16日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

Data 数字は語る 年率23.06% 2014年におけるNISAでの投資収益率 金融庁および日本証券業協会の統計を基に大和総研で推計した値

Data 数字は語る 年率23.06% 2014年におけるNISAでの投資収益率 金融庁および日本証券業協会の統計を基に大和総研で推計した値

ヘッジ・ファンドのテール・リスクについて

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)ヘッジ・ファンドのテール・リスクについて(当研究所主任研究員)〔要 旨〕ヘッジ・ファンドの定義の1つとして,絶対収益を追求すると言うものがある。つまり,どのような投資環境下においても,幾ばくかのプラスの収益を上げることが要求されると言う考え方である。さて,過去を振り返ると,ヘッジ・ファンドはその定義通りに収益を上げてきたのだろうか。ほとんどの期間については,その通

2013年5月15日財務省フィードバック数:31社会/政治

平成24年度中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年5月10日財務省平成24年度中 国際収支状況(速報)の概要「所得収支」の黒字幅は前年度比で拡大し、経常移転収支が赤字幅を縮小したものの、「貿易・サービス収支」が赤字幅を拡大したことから、経常収支の黒字幅は2年連続で縮小した(統計として連続性のある昭和60年度以降では、最少の経常黒字。なお、第2位は平成2年度の5兆5,778億円の黒字)。1.貿易・サービス収支▲9兆4,759億円の赤字(前年度比▲4兆1,795億円 赤字幅拡大)「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ