「投資家」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

対米ドル円レートの変動要因に対する定量的考察

今週の指標 No.1158 対米ドル円レートの変動要因に対する定量的考察 ポイント2016年12月26日2016年の対米ドル円レートは、年初から8月半ばにかけ1ドルあたり約20円円高方向に推移したものの、その後は本稿執筆時点(※1)までに約15円円安方向に推移し、年間での日次変化率の標準偏差は、これまでのところ2010年以降で最も大きな値となっている(図1)。この変動の背景として様々な要因が報じられているものの、大きくは日米金利差によるものと投資家のリスク選好によるものに分けられると考える(※

2016年11月2日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

不動産投資に関する意識調査(第6回)

不動産投資に関する意識調査(第6回)95%の投資家が現在の不...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 不動産投資に関する意識調査(第6回) 95%の投資家が現在の不動産価格を「高い」...不動産投資に関する意識調査(第6回) 95%の投資家が現在の不動産価格を「高い」と回答 1年後の価格は「変化なし」が40%で最多 不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内

2016年7月8日VOYAGE GROUPフィードバック数:0ライフスタイル

朝活に関する調査

企業情報COMPANY会社概要・代表の想い・経営陣紹介・沿革・CSRなどをご覧いただけます ニュースNEWS当社のプレスリリース・パブリシティ・勉強会/登壇情報をご覧いただけます 事業紹介BUSINESSVOYAGE GROUPで展開している各事業に関して説明しています テクノロジーDESIGN AND TECHVOYAGE GROUPの「技術」に対する考え方や在り方をCTOメッセージやクルー発信のブログを通してお届けします カルチャーCULTURE働きがいを生み出す企業文化への仕掛けをご紹介し

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐

PwCの調査によれば、鍵となる人材、価値創造、 業績連動型報酬について投資家の見解はCEOと正反対 サイバー攻撃への脅威と主要市場の認識については一致 *本プレスリリースは、2016年4 月27日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。PwCが実施したグローバル調査において、業績連動型報酬、鍵となる人材の調達、価値創造などの主要課題に関する投資家とCEO(最高経営責任者)の考え方に大きな違いがあることが鮮明になりました。2015年

2015年6月9日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度総合調査研究「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進のための調査研究」

平成26年度総合調査研究「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進のための調査研究」

グローバルでの投資家調査です。

2015年グローバル・インベスター・センチメント調査

最近の市場環境の変化によって、投資家に多くの投資機会がもたらされたと考えます。今回フランクリン テンプルトン インベストメンツが実施したアンケートの結果から、現在の複雑な金融市場において投資家が2015年の市場をどの様に捉えているのかが見えてきました。今回で5回目となる投資家アンケートは世界23ヵ国・地域の11,500人の投資家を対象として2015年2月に実施されました。また、日本の投資家の回答結果をご覧ください。今後の投資戦略をお考えになる際のご参考になりましたら幸いです。 株式市場

2015年5月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上日経平均株価が4月22日、2000年4月14日以来15年ぶりに、終値で2万円の大台を回復した。日本経済は長期のデフレから脱却し、企業社会が構造的に変わったのだろうか。株価の回復は日本企業が「稼ぐ力」を取り戻したことを示しているのだろうか。 ◆◆◆筆者は、マクロでは将来リスクの懸念があり、企業レベルのミクロでは構造変化の希望があると考える。まずマクロの問題である。円安が進んだことで、輸出企業は数量ベースの業績が変化しなくても円建ての収益は大きく改善

2015年4月30日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

2015年海外直接投資信頼度ランキング

[] 今回で15回目の発行となる「海外直接投資信頼度指数(FDICI)」の最新の調査によれば、回答者の3の2が2016年までに海外直接投資の規模を、世界金融危機前のレベルに戻す予定であるとし、調査対象である世界の大手企業経営層が成長の機会を前向きにとらえていることがわかった。本調査の創始者でA.T. カーニーグローバル・ビジネス・ポリシー・カウンシルの会長、ポール・ラウディシナは、こう述べている。「投資家は先の金融危機を必死に過去のものにしたいと考え、すでに新しい投資先に目をむけている。マーケッ

企業情報サイト調査結果分析2014 第3回:重視される企業情報

企業情報サイト調査結果分析2014第3回:重視される企業情報経営理念は重要企業情報サイトユーザーに対して「あなたが企業を理解するために重要と思う企業情報をお選びください(複数回答)。」という質問を行ったところ、最も回答者が多かったのは「会社案内」(67.9%)であった。企業情報サイトユーザーにとって会社案内は当企業を理解するために最も基本的な情報と認識されているようである。二番目は「経営理念」である。経営理念はここ数年、企業情報サイトユーザーが重視する情報として、会社案内に次ぐ位置を確保している

2015年4月16日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資海外

2015年米国個人投資フルサービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX シニア層の投資家には、資産移転の後押しが必須 米国の投資フルサービス満足度、エドワード・ジョーンズとフィデリティ・インベストメンツが1位 ※本報道資料は、日本時間4月9日午前2時に米国で発表された資料を翻訳したものです 米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジのCS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国

2015年4月8日BlackRock★フィードバック数:0大型消費/投資

投資家調査です。

インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査)の日本における調査結果

投資家は今、何を考えているのでしょうか? グローバル・インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査) 日本レポート 2015 投資家が長い人生のための 資産形成への一歩を 踏み出すために日本においては、2015年が2回目となるブラックロック・グローバル・インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査)は、世界20か国約3万1,000人の投資家を対象に行われた投資家動向調査であり、本レポートでは、日本人が自身の資産運用やリタイアメント(退職)に向けた準備などについて、どのように考えている

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐明確な財務報告のためのイノベーション‐

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか? ‐明確な財務報告のためのイノベーション‐企業価値評価につながる開示を行う上で、会計方針注記、財務諸表の形式、あるいは財務業績とマネジメントコメンタリーとの関連付けに気を配ることは有意義です。本報告書では、PwCが実施したプロの投資家を対象とした世界調査をもとに、会計方針注記、財務諸表の形式、あるいは財務業績とマネジメントコメンタリーとの関連付けについて、投資家が何を期待しているのかについて分析し、経営者が財務報告を改善する機会をご紹

PwCのレポートです。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐統合報告を活用して力強いストーリーを語る‐

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか? ‐統合報告を活用して力強いストーリーを語る‐投資家の期待に応え、企業価値評価につながる企業開示を行うためには、プロの投資家のニーズや見解を理解することが重要です。一般的に、企業開示は、財務報告と非財務報告に大別され、さらに財務報告はIFRSなどの一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)と非GAAP情報に分類されます。コーポレートレポーティングの有効性を最大化するためには、これらの情報に対するプロの投資家の満足度合いを意識するこ

2014年12月15日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

投資家と企業の対話を促す「長期投資」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 投資家と企業の対話を促す「長期投資」長期投資VS短期志向 第6回 投資家が投資先企業と積極的に対話をして、長期的で持続的な企業の成長を実現していこうとすることを指して、「長期投資」と定義づけるような政策提言が多く出されています。こうした対話をエンゲージメント“engagement”と言いますが、今回は、対話やエンゲージメントの具体的なテーマとしてどのようなものが想定されているか、また実際にどのようなテ

PwCのレポートです。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか? ‐調整後業績数値を公表するにあたって‐経営陣が真に役立つ財務報告資料を用意したいのであれば、プロ投資家のニーズや見解を理解することが肝要です。私たちは、コーポレートレポーティングの有効性を最大化するべく、プロ投資家を対象とした世界調査を実施しました。本報告書では、大半のプロ投資家が有用であると考えている調整後業績数値(APM)の開示について検証し、APMレポーティングの改善に向けた機会を紹介します。※APM:Adjusted per

「短期」は損気~冷静な判断と中長期の投資が重要~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月20日「短期」は損気~冷静な判断と中長期の投資が重要~ 中国やユーロ圏での景気の先行き不透明感や、エボラ出血熱の感染拡大への懸念などを背景に、市場に不安感が拡がる中、投資家のリスク回避の動きを受け、世界的に株価が軟調気味となっています。投資家の不安心理を反映する指標とされるVIX(ビックス)指数は15日に一時、2011年12月以来の30超えを記録、その後はやや低下したものの、落ち着きを取り戻したとは言えない状況です。VIX

投資とスマホです。

投資家の約3割はスマホアプリを利用! スマホアプリを利用した株・FX取引のコツや注意点は?

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト 投資家の約3割はスマホアプリを利用! スマホアプリを利用した株・FX取引のコツや注意点は?昨今、20代、30代の若年層投資家を中心に、スマホアプリなどを利用した「スマホによる株式・FX投資」が増加傾向にあるといわれています。そこで今回は、資産運用している投資家のみなさんを対象に、スマホアプリの利用状況や、PCとスマホの使い分けなどについて実態調査を実施しました。あなたの資産運用にも使える技が見つかるかも!?株・FX取引における投資の際のスマ

2014年10月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

小額投資は創業を活性化させるか~クラウドファンディングの意義と課題~

みずほインサイト日本経済2014 年 10 月 7 日小額投資は創業を活性化させるか政策調査部主席研究員クラウドファンディングの意義と課題03-3591-1306小野有人arito.ono @mizuho-ri.co.jp○ ベンチャービジネスの新たな資金調達手段として、インターネットを通じて不特定多数の投資家から小口資金を調達する「クラウドファンディング」が注目を集めている○ クラウドファンディングは、事業への共感を示したい人々による寄付や、新製品・サービス開発の支援的な購入から始まった。最近

力強さを見せるアジア・ハイイールド社債

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月8日アジア・ハイイールド社債は7月以降、ウクライナ情勢の緊迫化やアルゼンチンの一部債務の不履行問題などにより、世界的にリスク回避の動きが強まる環境下でも、堅調に推移しています。一方、ここ数年上昇傾向で推移していた米国ハイイールド社債は、7月に入り、利食いなどの売り圧力が強まり下落に転じました。ハイイールド社債でも地域により異なる値動きとなった主な背景として、各社債を保有する投資家層の違いが挙げられます。海外(域外)投資家による

2014年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

2014年7月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

株式市場の新たな投資家層を意識した成長戦略

株式市場の新たな投資家層を意識した成長戦略

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度総合調査研究我が国企業の持続的成長に向けた企業と投資家の望ましい関係構築及びインセンティブに関する調査報告書

平成25年度総合調査研究我が国企業の持続的成長に向けた企業と投資家の望ましい関係構築及びインセンティブに関する調査報告書

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐

Extracting value ‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐世界の5つの市場の鉱業セクターをカバーする投資家やアナリストを対象として、「鉱業会社は効果的に業績に関する報告を行っているか」という観点でPwCが調査を実施しました。投資家やアナリストから得られた回答から、改善を望んでいる領域があることが分かりました。投資家やアナリストは、アニュアルレポートに代表される鉱業会社のコーポレートレポーティングを基本的には評価しています。また、コーポレートレポーティングの質と会

国際マネーフローから考える投資家のポートフォリオ・リバランス~日本・米国の動きを中心に~

国際マネーフローから考える投資家のポートフォリオ・リバランス~日本・米国の動きを中心に~ | ニッセイ基礎研究所 国際マネーフローから考える投資家のポートフォリオ・リバランス~日本・米国の動きを中心に~ 伊藤 拓之ポートフォリオ・リバランスとは、投資家が持つ資産の構成比率を変更することである。例えば投資家の資産構成が株式50%、債券50%であったとき、金融市場の好転を予想して、その資産構成を株式60%、債券40%に変更する場合などがこれにあたる。2013年4月より実施されている日本銀行の『量的

2014年4月20日生命保険協会★★フィードバック数:0大型消費/投資

企業と投資家それぞれを調査しています。

株式価値向上に向けた取り組みに関するアンケート

[ ここから本文です ]生命保険協会(会長:佐藤 義雄 住友生命保険 会長)は、株主・投資家の立場から、株式発行企業による株式価値向上に向けた取り組みについて、昭和49年度より40年間に亘り継続的に調査を行っております。当協会では、企業と株主のコミュニケーションの充実、ならびに課題意識の共有化が株式価値を向上させ、ひいては株式市場全体の活性化に繋がるものと期待しております。このような観点から、当協会では、平成25年度も企業および投資家の意識や取り組み等についてアンケート調査を行い、株式価値向上に

日米の株式市場の動向と見通し

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し2014年04月11日<ポイント> ・4月初め以降、日米の株価は雇用などの経済指標が改善傾向にあるにも関わらず、軟調な展開となっています。 ・今後の企業業績に不透明感があるなか、米ハイテク株が下落したことなどが、下落のきっかけと見られます。 ・株価は日米の景気や企業業績の回復期待などを背景に、緩やかな上昇基調に戻り

中国の景気対策とリスク資産見直しの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月4日中国では、企業景況感が悪化傾向にあるだけでなく、今年1~2月に鉱工業生産などの主要経済指標がそろって数年ぶりの低い伸びにとどまったことなどから、景気の先行きに対する警戒感が強まりました。そうした中、国務院(内閣)は2日、中小企業に対する税制優遇措置の拡充、鉄道建設の加速、低所得者居住地域の再開発からなる景気下支え策を発表しました。当局が景気下支えに動くとの観測が台頭し、事前に株価が反発していたこと、具体策が想定の範囲にとど

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成 24 年度総合調査研究「我が国のコーポレートガバナンスの開示のあり方に関する調査研究」 最終報告書

平成25年3月29日経済産業省経済産業政策局 企業会計室 御中株式会社アイ・アール ジャパン平成 24 年度総合調査研究「我が国のコーポレートガバナンスの開示のあり方に関する調査研究」最終報告書1 / 37<目次>はじめに(本調査研究報告書の意義) .................................................................................... 3エグゼクティブサマリー ...........................

International Investment Atlas 2014

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は本日、世界の不動産投資に関する最新の年次レポート「International Investment Atlas 2014」を公表しました。このレポートによれば2013年の世界の不動産投資総額は前年比22.6%増加して1兆1,800億米ドルに達し、2007年以降の最高となりました。グローバルな不動産投資は、景気後退が終わり、市場活動と価格が上昇したことで2013年に曲がり角を迎えました。センチメントは上向き、流

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

貯蓄から投資へ 実現のために企業が果たすべき役割

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 " 貯蓄から投資へ" 実現のために企業が果たすべき役割『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載 “ 貯蓄から投資へ” は、個人金融資産を預貯金からリスク性資産へシフトさせ、日本の持続的な経済成長のために有効活用しようとする試みである。“ 貯蓄から投資へ” が実現するための経路の一つに“ 企業の成長期待”・“ リスク資産の期待収益率向上” があるが、過去、日本企業の利益率は投資家を満足

2014年2月25日価格.com★フィードバック数:0大型消費/投資

価格コムがNISAについての調査結果を公表しました。

NISA(ニーサ)についてのアンケート-投資に関する新制度、知ってる?使ってる?-

価格.comリサーチ第75回のテーマは、話題の制度「NISA(ニーサ)」。NISAは、今年1月からはじまった投資に関する非課税制度。今回はそのNISAの認知度から利用状況まで、幅広くお伺いしました!話題の制度に対する、みんなの本音をチェックしてみましょう。 「マネー」カテゴリーに「NISA(ニーサ)口座比較」コンテンツを展開する価格.comでは、「NISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)開始直後の2014年1月に「NISA(ニーサ)」の利用状況に関するアンケートを実施しました。その結果40代以

2013年11月7日フィデリティ投信★フィードバック数:0大型消費/投資

70代投資家の調査です。

年齢を感じさせない70代投資家の隠れた課題 ~投資家3000人アンケートにみる70代投資家の実像~

注目情報デジタルコンテンツフィデリティ投信株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第388号一般社団法人 投資信託協会 会員/一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員© 2017 フィデリティ投信株式会社 All Rights Reserved.

市場サイクルから読み取る不動産投資市場の見通し

市場サイクルから読み取る不動産投資市場の見通しリーマンショック後から減少を続けてきた不動産取引件数は2012年に入り、回復に転じている。安倍政権の政策により投資資金の流入が加速しているものの、賃貸市場の回復は緩やかな状況にとどまっている。政策主導の不動産市場の回復に対する疑心暗鬼とリーマンショックの記憶が残る状況下で、不動産投資市場の見通しを立てることは極めて難しくなってきていると言える。不動産投資市場の見通しが必要とされる中で、不動産取引は頻繁には行われず、かつ相対で取引されるケースが多いため

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、物価・為替の安定へ4回連続の利上げ ~資金流出を招く投資家の信認低下の「素」を絶つ改革の必要性~

ブラジル中銀、物価・為替の安定へ4回連続の利上げ ~資金流出を招く投資家の信認低下の「素」を絶つ改革の必要性~

投資家保有構造から考える日本国債の安定性

投資家保有構造から考える日本国債の安定性

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:3ビジネス

平成23年度総合調査研究(持続的な企業価値創造に資する非財務情報開示のあり方に関する調査)報告書

経済産業省 経済産業政策局 企業会計室 委託調査研究平成 23 年度総合調査研究 持続的な企業価値創造に資する非負務情報開示のあり方に関する調査 報告書平成 24 年 3 月目次はじめに ........................................................................ 1エグゼクティブサマリー ........................................................... 3第1章事業環境と金

天気と株式投資の関係を見ています。

投資と天気の意外な関係

投資と天気の意外な関係 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 関東甲信地方は平年より10日早い5月29日に梅雨入りとなりました。6月上旬は晴れの日が続いて空梅雨の様相でしたが、一転して6月中旬以降は梅雨時期らしいどんよりした曇りや雨の日となっています。長いこと雨の日が続くと、気分が落ち込みがちになることもよくあります。ところで近年、経済学に心

2013年4月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

タイ、復興需要一巡に懸念はあるが、堅調さは期待される ~投資家からの信認向上に向けた課題は未だ少なくない~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートタイ、復興需要一巡に懸念はあるが、堅調さは期待される~投資家からの信認向上に向けた課題は未だ少なくない~発表日:2013年4月17日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 一昨年の大洪水で壊滅的な影響を受けたタイ経済だが、昨年は政府の復興計画のほか、企業の設備投資や家計消費の予想外の伸びを背景に文字通りのV字回復を果たした。同国は自動車を中心に世界的に重要な生産拠点である中、政府の

リスク評価における収益率分布の再現はどれほど重要か -長期の投資家にとって重要な課題について考える

リスク評価における収益率分布の再現はどれほど重要か -長期の投資家にとって重要な課題について考える | ニッセイ基礎研究所 リスク評価における収益率分布の再現はどれほど重要か -長期の投資家にとって重要な課題について考える 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――論点の整理3――具体的手法と結果4――おわりに資産

リアル店舗での購買や外食についても注目しています。

全国スマートフォンユーザー1000人調査第3回

企業のベスト・マーケティング・パートナーとして、世界一級のマーケティングサービス企業集団を目指す。先進的かつ創造的な統合マーケティング・ソリューションの提供を通じて、新たな市場やムーブメントを創造し、社会/生活者に活力を与え続ける存在になる。 博報堂DYグループ各社は、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対しブランド・クリエティブ、マーケティング、メディアなどの領域において、それぞれの「個性」と「強み」を活かし最適な課題解決力を提供しています。 株主・投資家の皆様へ株主・投資家のみなさま

テレビを見ながらの利用にフォーカスしています。

「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第2回

企業のベスト・マーケティング・パートナーとして、世界一級のマーケティングサービス企業集団を目指す。先進的かつ創造的な統合マーケティング・ソリューションの提供を通じて、新たな市場やムーブメントを創造し、社会/生活者に活力を与え続ける存在になる。 博報堂DYグループ各社は、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対しブランド・クリエティブ、マーケティング、メディアなどの領域において、それぞれの「個性」と「強み」を活かし最適な課題解決力を提供しています。 株主・投資家の皆様へ株主・投資家のみなさま

2012年8月29日矢野経済研究所フィードバック数:6大型消費/投資

FX(外国為替証拠金取引)の動向調査結果 2012

2012年08月29日 FX(外国為替証拠金取引)の動向調査結果 2012 ~取引高は下げ止まりの傾向、預かり残高、口座数は依然拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて店頭FX(外国為替証拠金取引)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2012年6月~8月2. 調査対象:商品先物会社、FX専業会社、証券会社、ネット銀行等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<外国為替証拠金取引(FX: Foreign Exchange)とは>

Twitter、Facebook、mixiについて、PCとスマートフォンでの利用状況の比較をしています。

全国ソーシャルメディアユーザー1000人調査

企業のベスト・マーケティング・パートナーとして、世界一級のマーケティングサービス企業集団を目指す。先進的かつ創造的な統合マーケティング・ソリューションの提供を通じて、新たな市場やムーブメントを創造し、社会/生活者に活力を与え続ける存在になる。 博報堂DYグループ各社は、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対しブランド・クリエティブ、マーケティング、メディアなどの領域において、それぞれの「個性」と「強み」を活かし最適な課題解決力を提供しています。 株主・投資家の皆様へ株主・投資家のみなさま

スマートフォンの所有と利用についての調査です。

全国スマートフォンユーザー1000人調査

企業のベスト・マーケティング・パートナーとして、世界一級のマーケティングサービス企業集団を目指す。先進的かつ創造的な統合マーケティング・ソリューションの提供を通じて、新たな市場やムーブメントを創造し、社会/生活者に活力を与え続ける存在になる。 博報堂DYグループ各社は、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対しブランド・クリエティブ、マーケティング、メディアなどの領域において、それぞれの「個性」と「強み」を活かし最適な課題解決力を提供しています。 株主・投資家の皆様へ株主・投資家のみなさま

博報堂によるスマートフォンのユーザー分析です。

スマートフォンユーザー実態調査・分析結果報告

企業のベスト・マーケティング・パートナーとして、世界一級のマーケティングサービス企業集団を目指す。先進的かつ創造的な統合マーケティング・ソリューションの提供を通じて、新たな市場やムーブメントを創造し、社会/生活者に活力を与え続ける存在になる。 博報堂DYグループ各社は、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対しブランド・クリエティブ、マーケティング、メディアなどの領域において、それぞれの「個性」と「強み」を活かし最適な課題解決力を提供しています。 株主・投資家の皆様へ株主・投資家のみなさま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ