調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 投資家心理

「投資家心理」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月24日チャートなび★フィードバック数:0マーケティング

ツイッター楽観指数

ツイッターを利用した投資家心理の分析についてツイッターには毎日、投資家たちの口コミが大量に書き込まれます。トレーダースキャンでは、これらのツイートに含まれる言葉を感情分析することで、『ツイッター楽観指数』(投資家心理の楽観や悲観を数値化したもの)を独自公開しています。ツイッター楽観指数とはツイッター楽観指数 = 「ポジティブな単語の出現数」 - 「ネガティブな単語の出現数」0より大きいと、投資家が楽観的、0より小さいと悲観的と判断しています。グラフの見方例えば下の3つ目の「週次集計」のグラフをご

2015年4月8日BlackRock★フィードバック数:0大型消費/投資

投資家調査です。

インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査)の日本における調査結果

ブラックロックとはブラックロックは、1988年の設立後、現在では 世界最大*の独立系資産運用会社に成長し、世界中のお客様にグローバルのさまざまな資産の 運用やソリューションを提供しています。 ブラックロック・グローバル・インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査)は、世界18カ国/地域約2万8,000人を対象に行われた投資家動向調査です。日本においては、2017年が3回目となります。本レポートでは、日本人が自身の資産運用やリタイアメント(退職後)に向けた準備などについて、どのよ

「川中」分野を中心に引き続き注目されるMLP

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月19日「川中」分野を中心に引き続き注目されるMLP 1月に入り、再び、原油価格の下落が加速しています。昨年末、1バレル=53.27米ドルだったWTI原油先物価格は、1月13日に1バレル=45.89米ドルとなり、短期間で14%下落しました。この背景としては、供給過剰に対する警戒感が根強いなか、サウジアラビアによる欧米向けの原油価格の再引き下げが報じられたことに加え、アラブ首長国連邦のエネルギー相がOPEC(石油輸出国機構)の原

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場 | ニッセイ基礎研究所 業績拡大が押し上げた2014年の株式市場 金融研究部 研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3年連続の上昇2014年も残りわずか。年初の米国の大寒波、アルゼンチン・ペソ暴落からはじまり、さらにはロシア・ウクライナ問題、中東情勢の混乱など、さまざまなことが起きた1年でした。そのたびに投

原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に 11月下旬以降、急速な原油安の影響などから、新興国を中心にハイイールド債は大きく下落しています。その背景に、新興国や米国のハイイールド債市場で、原油価格が今後も現在の水準で推移すると、エネルギー関連企業のハイイールド債のデフォルト率上昇につながるとの懸念が高まったことなどがあると見られます。加えて、ロシアなどのエネルギー輸出国の通貨が下落しているこ

2014年12月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)中央銀行の情報発信と市場心理

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 中央銀行の情報発信と市場心理:2013年中の日米における2つのエピソードを巡って鎌田 康一郎(日本銀行), 2014年12月1日キーワード:中央銀行、コミュニケーション、投資家心理、債券市場、ボラティリティJEL分類番号:D40、D83、E58、G12:kouichirou.kamada@boj.or.jp(K. Kamada)要旨証券の価格や変動は、市場参加者の確信()の程度に左右される。しかし、主流派マクロ経済学で

世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える 2014年に入ってからの主要国の国債(現地通貨建て)の動きをみると、新興国および高金利国の強い動きが目立っています。昨年は、米国の量的緩和の縮小への警戒感が高まった5月以降に、投資家がリスク回避的な姿勢を強め、相対的にリスクが高いとされる新興国を中心に投資資金を引き揚げる動きがみられた一方、先進国に資金が流入する傾向がありました。しかし、量的緩和の縮小が決定した昨年12月以降は、

2013年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

まちかど景気を利用すると個別株の投資成果が向上 - 投資家心理とバリュー株効果の関連性

まちかど景気を利用すると個別株の投資成果が向上 - 投資家心理とバリュー株効果の関連性 | ニッセイ基礎研究所 まちかど景気を利用すると個別株の投資成果が向上 - 投資家心理とバリュー株効果の関連性 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら PBR(株価純資産倍率)は株価の割安/割高を判定する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ