「投資抑制」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

下振れリスク高まるブラジル経済~2015年はマイナス成長転落へ~

みずほインサイト米 州2015 年 2 月 13 日下振れリスク高まるブラジル経済欧米調査部上席主任エコノミスト2015 年はマイナス成長転落へ03-3591-1310西川珠子tamako.nishikawa@mizuho-ri.co.jp○ ブラジル経済は、①財政緊縮措置の発動、②金融引き締めの継続、③資源価格下落による交易条件の悪化、により2015年はマイナス成長に転落する可能性が高い。○ 資源価格の下落については、原油安がインフレを抑制する効果は限定的で、交易条件悪化によるマイナスの影響の

2014年7月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅保有に伴うリスク資産投資の抑制効果と制度的背景~OECD諸国のパネルデータに基づく実証分析~

みずほ総研論集 2014年Ⅱ号住宅保有に伴うリスク資産投資の抑制効果と制度的背景〜 OECD 諸国のパネルデータに基づく実証分析〜経済調査部 主任エコノミスト 徳田 秀信* 経済調査部 エコノミスト 齋藤  周**▲要  旨 1.日本経済の成長力を向上させるために、成長分野へのリスクマネーの供給を拡大する必要性が指摘されている。しかし、日本は最終的な資金供給主体である家計のリスク資産投資が他の主要国に比べて低位にとどまるなど、成長分野へのリスクマネー供給が十分とはいえない状況が続いている。また、

2013年11月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年11月号7~9月期の景気は持ち直し

中 国 経 済 展 望2013年11月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年10月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)7~9月期の景気は持ち直し当局は景気と構造調整の双方に目配りした施策を相次いで発表。具体的には、投資プロジェクトの承認手続きの権

2013年2月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年2月号

中 国 経 済 展 望2013年2月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年1月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)中国経済概説(2013年2月)(1) 現状① 景気は底打ち。2012年10~12月期の実質GDP成長率は前年同期比7.9%と7~9月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ