「投資GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2015年7月

みずほアジア・オセアニア経済情報2015年7月号(季刊)[足元の景気は減速も、先行きは緩やかに拡大]◆2015年1~3月期のアジア経済は、総じて減速した。米国など主要輸出先の景気減速に伴い、輸出が弱含んだ。一方、原油安によるインフレ率低下などにより、個人消費を中心に内需は相対的に底堅く推移した。◆今後のアジア経済は、緩やかな景気拡大基調が続くだろう。2015年秋口までは、原油安や金融緩和策の効果が持続し、景気を下支えしよう。2015年末以降は、輸出主導の景気拡大に転じるだろう。[目次]アジア経済

2015年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2015年4月

みずほアジア・オセアニア経済情報2015年4月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2014年10~12月期のアジア経済は、景気拡大基調を維持したものの、そのテンポは緩やかだった。これまで景気をけん引してきた輸出が、欧州向けの弱含みなどから、増加テンポを弱めた。◆2015年以降のアジア経済は、景気拡大基調を維持するものの、引き続きそのテンポは緩やかなものにとどまるだろう。主要輸出先の欧州、中国の景気回復力が弱く輸出加速が期待しづらいためだ。一方、内需は、原油安によるインフレ率低下や金融緩和に支えられ、

2014年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドのモディノミクスに過度な期待は禁物

リサーチ TODAY2014 年 7 月 10 日インドのモディノミクスに過度な期待は禁物常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創インドでは2014年5月16日に開票された下院総選挙で最大野党が大勝し、30年ぶりに単独過半数を有する安定政権が成立した。その結果、市場では前政権のもとで悪化した経済を、強力な新政権が改革によって立て直すとの期待が高揚している。特に、グジャラート州首相時代に同州の経済改革を推進した実績をもつモディ新首相の経済政策は「モディノミクス」とされて期待を集めている。みずほ総

2013年6月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年7月

みずほアジア・オセアニア経済情報2013年7月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2013年1~3月期、中国では在庫調整から成長率が低下した。中国の在庫調整や世界的なパソコンの販売不振を背景に輸出が伸び悩んだことなどから、NIEs・ASEAN5の成長率も、多くは低下した。◆中国経済は、2013年後半以降、投資・輸出が牽引して持ち直す見通し。NIEs・ASEAN5の景気も、主要輸出先国の成長持続を背景に、輸出主導で拡大基調となる見込み。金融緩和の効果等で、インドの景気は2014年に小幅加速。[目次]ア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ