「担当教員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月5日白百合女子大学フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年度後期「授業改善のための学生アンケート」結果報告書

2014年度後期「授業改善のための学生アンケート」結果報告書について2015年6月4日 2014年度後期に実施いたしました「授業改善のための学生アンケート」の結果報告書を掲載いたしました。結果報告書には、アンケート結果の全学的な傾向のほか「みなさんの声に応えて」という章で授業担当教員からのコメントやFD推進委員会からのメッセージを掲載しています。ぜひご覧ください。・2014年度後期「授業改善のための学生アンケート」結果報告書・過去の実施分はこちら白百合女子大学FD推進委員会(お問い合わせ先:教務

2014年5月22日東京大学フィードバック数:0ライフスタイル

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究報告書

IAGG参加リポート20172017年7月23日~27日、The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics(第21回国際老年学会議)がサンフランシスコで開催され、IOG/GLAFS […]大月敏雄教授の新刊『町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくり』が発売されましたGLAFSのプログラム担当教員である大月敏雄教授(工学系研究科建築学専攻)の新刊が岩波書店から発売されました。人口減少社会における居住は、個人、地域、社会で今や大問題

2014年4月15日東京大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の社会活動についての調査です。

高齢者の社会参加の実態とニーズを踏まえた社会参加促進策の開発と社会参加効果の実証に関する調査研究

IAGG参加リポート20172017年7月23日~27日、The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics(第21回国際老年学会議)がサンフランシスコで開催され、IOG/GLAFS […]大月敏雄教授の新刊『町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくり』が発売されましたGLAFSのプログラム担当教員である大月敏雄教授(工学系研究科建築学専攻)の新刊が岩波書店から発売されました。人口減少社会における居住は、個人、地域、社会で今や大問題

2013年10月17日東京大学フィードバック数:0ライフスタイル

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究事業

IAGG参加リポート20172017年7月23日~27日、The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics(第21回国際老年学会議)がサンフランシスコで開催され、IOG/GLAFS […]大月敏雄教授の新刊『町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくり』が発売されましたGLAFSのプログラム担当教員である大月敏雄教授(工学系研究科建築学専攻)の新刊が岩波書店から発売されました。人口減少社会における居住は、個人、地域、社会で今や大問題

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ