調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 持続可能性

「持続可能性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域経済の持続可能性について考える(2) 輸移出と自給率のバランスの上で問われる“成長の質”

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域経済の持続可能性について考える②輸移出と自給率のバランスの上で問われる“成長の質” ◆地域の活性化をもたらす源泉として輸移出があり、輸移出の強化が地域活性化の起爆剤となり得る。◆一方、産業特化を通じた輸移出依存体質は地域経済のリスクを高める要素もある。地域の持続可能性の観点からは、地域の需要を地域の生産で賄えるかという“自給率”で捉えることも重要である。◆労働力不足にともなう地域の生産能力縮小は自

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域経済の持続可能性について考える(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域経済の持続可能性について考える①人口減少がもたらす地域経済の諸課題 ◆直近の総務省の人口推計によると、日本の生産年齢人口の減少は3年連続で110万人を超え、特に地方の減少率が大きい。◆今後も各地で生産年齢人口の減少が継続するとともに、生産年齢人口の平均年齢の上昇も見込まれることから、地方経済は供給サイドから厳しい状況にあるとみられる。◆急速な少子高齢化は、地域住民への行政サービスを行う自治体の財政

ギリシャ経済の構造調整と成長の持続可能性~改めて問われる経済戦略の在り方~

○本レポートの目的は、欧州債務問題が発生して以降のギリシャ経済の構造調整の進捗度合いを評価するとともに、成長の持続可能性の向上という観点から、ギリシャと欧州連合(EU)に求められる経済戦略の在り方を整理することにある。○総需要の抑制に努めた結果、ギリシャ経済はユーロ導入以降の成長の果実を失った。その対価として対外バランスの調整は進んだが、対内バランスの調整はまだ道半ばである。金融市場が落ち着きを取り戻しているなかで、対内バランスの調整を促すためにも、財政緊縮を継続する必要性は薄らいでいる。○他方

2014年10月21日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

世代会計の分析から見えてくること

研究ノート2014/10/20世代会計の分析から見えてくること北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。---------本稿では、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を下に報告を行う。分析の詳細は「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(世界平和研究所ディスカッションペーパー)を参照されたい。本稿の主な結論は以下の4点である。第1に、現在の政策の継続を前提にすると、現在の若年世代を代表するゼロ歳世代は1318万円の受益超過(生涯受益額8880万円、生涯負担額7561万円の差。生涯

2014年10月21日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治

世代ごとの受益/負担についての調査です。

財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析

ディスカッションペーパー2014/10/20財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(PDF)----------(要約) 本稿では、様々な出生率による人口推計の下、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を行った。本稿の主な結論は以下の通りである。第1に、自然体シナリオ(現在の政策の継続を前提とするシナリオ。出生率1.35のケース)では、現在の若年世代を代表するゼロ歳世代は1318万円の受益超過(生涯

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性~ドル高には効用も~ ◆先進国・地域の景況感のばらつきが目立っており、それは各国・地域の投資率の強弱に対応している。特にユーロ圏の投資停滞が顕著であり、世界経済は一段と米国頼み的状況が強まりつつある。現在のところ、新興国の景況感の強弱も、米国との距離感などから決まっているが、米国頼みの持続性に危うさが見え始めている。◆一方、最近のドル高は、米国の

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度総合調査研究(人口と経済の持続可能性に関する調査研究)

平成25年度総合調査研究(人口と経済の持続可能性に関する調査研究)

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海洋生態系の持続可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 海洋生態系の持続可能性~水産資源保全の観点から~『大和総研調査季報』2013年夏季号(vol.11)掲載 地表の7割を占める海洋。海洋の生態系が気候変動や人為的な活動によって脅かされている。通常日常生活では海洋を意識することは少ないが、すでに水産資源の減少、サンゴ礁の劣化、有害化学物質や油類や漁網や生活雑貨などの漂流ゴミによる環境汚染など、人間生活にも負の影響を与え始めている。特に水産資源の減少は世界

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:1ビジネス

平成24年度総合調査研究(少子高齢化の中での地域社会・経済の持続可能性に関する調査)報告書

平成24年度総合調査研究(少子高齢化の中での地域社会・経済の持続可能性に関する調査)報告書

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ