「指数活動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2015年2月号

みずほ日本経済情報2015年2月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直している。足元の経済指標をみると、雇用・所得関連が改善傾向を維持する中、生産や個人消費に回復の動きがみられる。昨年末にかけて慎重な動きが続いたマインド関連の指標も、足元では底入れしている。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかに回復するとみられる。個人消費は、雇用者所得の回復が支えとなり、緩やかな回復が続く見込みである

2014年9月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年9月号

みみずずほほ日本経経済済情情報2014年年9月号[日本本経済の概況]◆日本経済済は、消費増増税後の落ちち込みから持ち直しつつつある。たただし、7月かから8月ににかけて、天天候不順が景景気持ち直直しの足かせせになった模模様である。。経済の活活動水準は、潜在生産産量(物価変変動に対してて中立的とみみられる生産産量)を引き続き下回っているる。◆先行きのの日本経済は、消費増 税後の落ちち込みから持持ち直し、緩緩やかな回復復軌道に復復するとみられる。個個人消費は、雇用者所得得の回復が支支えとなる中中で、天

2014年6月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年6月号

みずほ日本経済情報2014年6月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。駆け込み需要の反動が薄れるにつれて、個人消費が回復する見込みである。他方、輸出は海外経済の回復や円安を背景に増加するが、そのペースは緩やかであろう。先行指標が夏場の投資減速を示唆しているた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ