「排出状況」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月7日愛知県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度一般廃棄物処理事業実態調査

平成26年度一般廃棄物処理事業実態調査の結果について 県ではこの度、平成26年度における市町村及び一部事務組合のごみの総排出量やリサイクル率等に関する一般廃棄物処理事業実態調査の結果をとりまとめました。この調査は、毎年度、市町村及び一部事務組合による一般廃棄物(ごみ・し尿)の排出状況、資源化や最終処分等の処理状況、処理施設の状況等を把握するために実施しているものです。ごみの排出・資源化状況等の主な調査結果の概要は下記のとおりです。<平成26年度ごみの排出・資源化状況(対前年度比較)>ごみの排出状

2015年4月24日青森県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出状況

更新日付:2015年4月24日 本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出状況をお知らせします 内容 青森県の温室効果ガス排出量の状況 ○県内の排出量:16,063千t-CO2(全国の約1.2%)○前年度比(2011年度(平成23年度)比):8.0%増加○基準年度(1990年度(平成2年度)比):16.6%増加※前年度と比べて排出量が増加した要因としては、東日本大震災以降の火力発電の 増加によって、化石燃料消費量が増加したことなどによります。 関連ホームページ 添付資料

2015年3月18日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等

ここから本文です。平成25年度の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等について―ごみの総排出量は2年連続で減少― 部局名:環境部課所名:資源循環推進課担当名:総務・企画調整担当担当者名:滝田・江原  埼玉県内の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等(平成25年度)について、調査結果を取りまとめたので公表します。この調査は、環境省の「一般廃棄物処理事業実態調査(平成25年度実績)」に基づき収集したデータを取りまとめたものです。 ごみの排出・処理状況(概要)1 ごみの排出状況 ~ごみの総排出量は2

2014年6月18日愛媛県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出状況

ここから本文です。更新日:2016年2月23日温室効果ガス排出状況県内の温室効果ガスの排出状況について2013(平成25)年度に愛媛県内で排出された温室効果ガスの量は、2,436万2千トン(二酸化炭素換算)でした。 更新日:2015年8月5日 平成26年度の県自らの事務及び事業に伴う温室効果ガスの排出状況は、57,486t-CO2。基準年(平成25年度)と比べて2.5%減少しました。 愛媛県地球温暖化防止実行計画(平成27年3月改定)では、平成30年度までに基準年と比べて5%以上削減を目標にし

2014年4月30日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成24年度実績)

一般廃棄物の排出状況等について県内の一般廃棄物(ごみ・し尿)処理状況等についてお知らせします 岩手県では、毎年環境省が実施している「一般廃棄物処理事業実態調査」の調査結果を基に、県内の一般廃棄物の排出・処理状況等をとりまとめて公表しています。一般廃棄物処理事業実態調査は、県内の市町村、一部事務組合及び広域連合に対して実施しているもので、各年度ごとに、ごみとし尿の排出状況や処理状況、事業経費、一般廃棄物処理施設の整備状況について調査を行い、その結果についてお知らせしています。平成27年度一般廃棄物

大気汚染改善に向けた中国の取組状況

〈レポート〉経済・金融大気汚染改善に向けた中国の取組状況研究員 王 雷軒1  はじめに中国は、著しい経済成長を遂げてきた一方で、環境汚染問題が深刻な状況に陥っている。2013年1月、北京など中国の多くの都市では、深刻な大気汚染が発生した。今回は国土全体の約4分の1、総人口の半分弱(6億人)が影響を受けたという極めて深刻な状況になっている。地域によって大気汚染の主な発生源も異なるが、中国全土からみれば、大気汚染の主な原因として、火力発電所や工場での石炭の大量消費および近年の自動車の急速な普及が挙(

2013年3月15日東京都フィードバック数:14製造業/エレクトロニクス

中小規模事業所の温室効果ガス排出量の集計結果(速報値)

中小規模事業所の温室効果ガス排出量の集計結果(速報値※)平成25年3月13日環境局 都は、平成22年4月から中小規模事業所を対象に、前年度のCO2排出状況等を報告いただく「地球温暖化対策報告書制度」を実施しています。制度開始から3年目の報告書の提出状況の集計(速報値)がまとまりましたのでお知らせします。これまで毎年度3万を超える事業所から報告書が提出されています。また、提出事業者も増えており、特に、任意で報告書を提出した事業者が1500を超え、初年度と比べ25%増加するなど、本制度の定着が進んで

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ