調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 排出量取引制度

「排出量取引制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

温暖化対策、オバマの「再挑戦」~期待は規制を超えた正の連鎖反応に~

みずほインサイト米 州2014 年 6 月 18 日温暖化対策、オバマの「再挑戦」欧米調査部期待は規制を超えた正の連鎖反応に03-3591-1307部長安井明彦akihiko.yasui@mizuho-ri.co.jp○ 米国のオバマ政権が、新たな地球温暖化対策を明らかにした。稼働中の発電所に関する規制を設け、2030年のCO2排出量を2005年対比で30%減らすことが目指されている○ 今回の対策には、実現可能性への配慮がある。削減目標は極端に高い水準ではなく、達成手段についても州政府に幅広い選

東京都の総量削減義務と排出量取引制度の動向について(第2計画期間)

109東京都の総量削減義務と排出量取引制度の動向について(第 2 計画期間)宮木聡Satoshi MiyakiCSR・環境本部CSR 企画部主任コンサルタントはじめに地球温暖化防止に向けた取り組みが世界的に進められ、温暖化防止の手段の 1 つとして排出量取引制度が注目されている。東京都では、国内で初めての「温室効果ガス排出量総量削減義務と排出量取引(キャップ・アンド・トレード)制度」(以下、本制度)を 2010 年度から運用している。本制度では、事業所単位での燃料・熱・電気等のエネルギー使用量が

2013年1月23日東京都フィードバック数:26製造業/エレクトロニクス

東京都 大規模事業所 温室効果ガス排出量 23年度削減実績速報

総量削減義務と排出量取引制度 制度開始2年目(平成23年度)で温室効果ガスを23%削減(速報値)平成25年1月21日環境局 平成22年度から、環境確保条例に基づき、大規模事業所に対する温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度を開始しました。本制度では、対象事業所は前年度の温室効果ガス排出量実績や総量削減義務達成のための削減計画を記載した計画書を毎年度提出・公表することになっています。このたび、平成24年度に提出された計画書(平成23年度実績)を集計し、削減実績の速報値※1をまとめました。集計

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ