調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 携帯電話端末

「携帯電話端末」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月28日MM総研フィードバック数:0モバイル

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況SIMフリー拡大でスマートフォンは年間初の3,000万超出荷 2017年05月18日■ 2016年度通期の総出荷台数は前年度比0.3%減の3,648.6万台で5年連続減少■ スマートフォン出荷台数は前年度比3.3%増の3,013.6万台で、過去最高■ SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比63.5%増の281.6万台■ フィーチャーフォン出荷台数は前年度比14.4%減の635万台で、過去最低を更新■ 2017年度の総出荷台数は3,650万台、スマート

2016年5月7日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年4月携帯電話端末購入に関する定点調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォン所有比率は64.9%、前年より2.4ポイントアップ スマートフォン所有比率は64.9%、前年より2.4ポイントアップ MMD研究所は、15歳以上の男女6,588人を対象に「2016年4月携帯電話端末購入に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ スマートフォン所有比率は64.9%、前年より2.

2015年10月26日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2015年4月~2015年9月スマートフォン購入者のうち、53.1%がAndroid端末を購入 2015年4月~2015年9月スマートフォン購入者のうち、53.1%がAndroid端末を購入 2015年4月~2015年9月の期間にスマートフォンを購入した15歳以上の男女490人を対象に「2015年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調

2014年12月4日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

ICTの各分野ごとの状況です。

2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2014年11月11日マイナビフィードバック数:0モバイル

以前使っていた携帯は、「保管してある」人が8割

みなさんは、これまで使用してきた携帯電話やスマートフォンをどうしているだろうか。捨てた人もいれば下取りに出したという人もいるだろう。コレクションとして飾ってある人もいるかもしれない。スマートフォンユーザーのマイナビニュース会員500人に、これまで使用してきた携帯電話端末をどうしているか、質問してみた。基本的には「保管」これまで使用してきた携帯電話端末をどうしているか教えてください結果は、「保管してある」との回答が最も多く、75.4%となる500人中377人が回答した。やはり、思い出の詰まったもの

2014年5月25日総務省★フィードバック数:0モバイル

携帯電話の電波によるペースメーカー等への影響についての調査です。

平成25年度電波の医療機器等への影響に関する調査

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成25年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂 報道資料平成25年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂 総務省は、平成25年度における電波の植込み型医療機器(植込み型心臓ペースメーカ及び植込み型除細動器)への影響に関する調査として、

2014年5月13日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2013年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2014年05月13日■ 2013年度通期の出荷台数は前年度比5.7%減の3,941万台 ■ スマートフォン出荷台数は前年度比0.4%減の2,960万台 ■ Appleが1,443万台で3年連続1位。スマートフォン市場では6年連続1位 ■ 2014年度は出荷台数3,770万台、スマートフォン2,870万台と予測  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は2013年度(2013年4月~2014年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。年度通期の端末出荷台数は前年度比5.7%

2013年12月25日総務省フィードバック数:0モバイル

平成24年度電波の医療機器等への影響に関する調査

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成24年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂 報道資料平成24年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂 総務省は、平成24年度における電波の植込み型医療機器(植込み型心臓ペースメーカ及び植込み型除細動器)への影響に関する調査として、

2013年11月14日MM総研フィードバック数:0モバイル

2013年度法人携帯電話スマートフォンニーズ調査

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートフォンの導入配布状況・ニーズに関する調査(2013年度版) 2013年11月14日■今後導入するスマートフォンのOSは、Android 68.8%、iOS(iPhone) 40.8% ■選定理由はiOSが「セキュリティ」、Androidは「端末の安さ」が1位 ■スマートフォン導入企業の割合は、本格導入が増えるも、微増にとどまる ■スマートフォンの従業員配布率は現在4.7%から3年後12.5%へ拡大の見通し ■一方で、スマートフォン導入を全く考えない消極派企業

日本の携帯電話メーカー(2013年7~8月考察)

※この記事は、会員サービス「InfoComモバイル通信ニューズレター」より一部を無料で公開しているものです。政策関連(携帯電話メーカー)日本の携帯電話メーカー(2013年7〜8月考察)NECは2013年7月31日、スマートフォンの開発と生産からの撤退を正式発表した。従来型携帯電話機(フィーチャーフォン)およびタブレット端末事業の開発および生産は継続する。「社会ソリューション事業を軸とした成長戦略を加速すべく携帯電話端末事業を見直した」としている。長年にわたって日本の携帯電話市場を牽引してきたNE

2013年2月1日MMDLabo★フィードバック数:18モバイル

親を対象にした調査です。

小学生の子を持つ親の携帯電話・スマートフォンに関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ジュニア向けスマートフォンの認知度は28.1%、機能に興味を持った親は39.6% ジュニア向けスマートフォンの認知度は28.1%、機能に興味を持った親は39.6% MMD研究所では、ジュニア向けスマートフォンが販売されるなど、小学生を中心とした小児が持つモバイルにも大きな変化が起きている昨今、1月25日~28日にかけて「小学生の子を持つ親

2012年11月14日MM総研★フィードバック数:14モバイル

法人でのモバイル利用についての調査です。

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートフォンの導入配布状況・ニーズに関する調査

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートフォンの導入配布状況・ニーズに関する調査(2012年度版) 2012年11月13日■法人名義のスマートフォン導入企業は、2011年15.2%から2012年27.2%に急拡大 ■スマートフォンの従業員配布率も現在4.2%から3年後11.4%に急拡大の見通し ■導入拡大の阻害要因は「セキュリティへの不安」、「月額料金の高さ」 ■セキュリティ対策として、MDM(モバイル端末管理)サービスの利用やセキュリティガイドライン策定が進む  MM総研(東京都港区、所長・中

2012年5月23日MMDLabo★フィードバック数:47モバイル

スマートフォンについての満足度です。

スマートフォン端末・キャリアの満足度に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 所有しているスマートフォン端末、64.1%が「満足」 所有しているスマートフォン端末、64.1%が「満足」 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、インターネットWEBによるオンライン調査にて、「スマートフォン端末・キャリアの満足度に関する調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 所有しているスマート

2010年10月5日MM総研フィードバック数:0モバイル

携帯電話の故障・修理実態調査

2010年09月30日■故障時に適応されるオプションサービス加入率は40%前後 ■携帯電話の故障経験者は38% ■修理費用は「無料」を含めて「1万円未満」が約9割  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2010 年6月に携帯電話・PHS(以下携帯電話)ユーザーに対するWEBアンケートを実施(国内最大級のインターネットアンケートサービスを運営する「クロス・マーケティング※1」のモニターを活用:サンプル数:22,182人)。携帯電話端末の故障・修理実態を発表した。MM総研調べによる国内携帯電話

2009年11月30日インプレスフィードバック数:72モバイル

ケータイ白書2010

=iPhoneが男性30代・40代の端末ランキング1位に=『ケータイ白書2010』を12 月3日に発刊iPhoneが男性30代・40代の端末ランキング1位を獲得スマートフォン利用者は4.0%に『ケータイ白書2010』発刊2009年11月25日株式会社インプレスR&D インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手掛ける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締 役社長:井芹昌信)は、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(事務局:東京都渋谷区)監修

2009年7月13日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

キャリアの利用状況やセカンド携帯に関する調査結果です。

携帯電話端末に関する実態調査-第3回-

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 携帯電話端末に関する実態調査-第3回- (2009年6月度) 携帯電話端末に関する実態調査-第3回- (2009年6月度) MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、株式会社アクアカンパニー(本社:大阪府中央市、代表取締役:井上 雅之 )が運営する『幻創文庫』他、計7社、モバイル8サイトの協力の下、「携帯電話端末に関する実態

2009年1月5日インプレスフィードバック数:0モバイル

ケータイ個人利用動向調査報告書2009

【調査結果発表】コミュニティサイトは「PCよりも携帯電話中心の利用」が4割に増 加 (12/18)コミュニティサイトは「PCよりも携帯電話中心の利用」が4割に増加『ケータイ個人利用動向調査報告書2009』 2刊同時発売2008年12月18日株式会社インプレスR&Dインプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手掛ける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、個人におけるケータイ利

2008年12月15日アイシェアフィードバック数:0モバイル

充電しながらの携帯操作、8割半が「経験あり」

充電しながらの携帯操作、8割半が「経験あり」 携帯電話の充電に関する意識調査 充電しながらの携帯操作、8割半が「経験あり」携帯電話のバッテリーは、通話、メール、ワンセグ、音楽再生などの使用状況により消耗加減が異なるが、ネットユーザーはどんなタイミングで充電を行っているのだろうか。20代から40代を中心とする携帯ユーザー297名の回答を集計した。携帯電話利用者に、電池残量がどのくらいになったら充電することが多いかをと聞くと、「1本」が41.4%、「2本」が32.7%で、「3本残っている状態」で充電

2008年10月21日アイシェアフィードバック数:0モバイル

携帯電話端末の機能に4割、デザインは2割が不満アリ~不満解消を期待するメーカーはソニーがトップ

携帯電話端末の機能に4割、デザインは2割が不満アリ 携帯電話端末への不満に関する意識調査 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。携帯電話端末の機能に4割、デザインは2割が不満アリ~不満解消を期待するメーカーはソニーがトップデザイン・機能ともに多種多様を極めるイマドキの携帯電話。けれど、正直言って使いづらい、もう少しこうだったら…などと感じたことはないだろうか?携帯電話端末に不満を持

2008年9月8日アイシェアフィードバック数:2モバイル

携帯電話の割賦方式「購入しやすい」は1割に満たず~4割が割賦購入に抵抗アリ

携帯電話の割賦方式「購入しやすい」は1割に満たず 割賦購入に関する意識調査 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。 携帯電話の割賦方式「購入しやすい」は1割に満たず~4割が割賦購入に抵抗アリ携帯電話を割賦購入したことがある人は全体の34.8%。65.2%は割賦購入の経験がなかった。携帯キャリア別に見ると、割賦購入経験者は、割賦方式の導入が最も早かったソフトバンク利用者では60.3%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ