「支出割合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年5月20日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場における、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2020年に6割に達する ソフトウェア/サービスの支出割合増加の背景には、IoTクラウドプラットフォーム、アナリティクスソフトウェア、および付随するサービスへのニーズの急速な拡大が寄与している ITベンダーは特定の産業分野に精通するパートナーとの連携を強め、企業に対してITとOT(オペレーションテクノロジー)の両面から、IoTの提案を行うことが必須になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2014年7月21日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計Today No.81 9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施

ここから本文です。統計Today No.81みんなの家計簿で、消費の未来を描きます。 〜9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施します。総務省統計局統計調査部消費統計課長 永島 勝利 総務省統計局では、今年の9月から11月までの3か月間、5年に1回の「全国消費実態調査」を実施します。この調査から分かること この調査は、家計の収支及び貯蓄・負債、耐久消費財、家計資産を総合的に調査するものですが、まず、本調査から、どのようなことが分かるのかについて、過去の調査結果に基づいて、身近な例を幾つか挙げ

2014年1月26日Yahoo!★★フィードバック数:0大型消費/投資

バレンタインの贈り物についての調査です。

バレンタインに「チョコレート以外の贈り物」を贈る人は半数以上

ホーム > マーケット情報 > マーケットデータ> バレンタインに「チョコレート以外の贈り物」を贈る人は半数以上【業界情報】バレンタインの贈り物実態調査バレンタインに「チョコレート以外の贈り物」を贈る人は半数以上 2月14日はバレンタインデー。この日の贈り物の定番といえば「チョコレート」ですよね。事実、総務省統計局の調査※によると、二人以上の世帯において、1990年以降のチョコレート年間支出金額に対する月別支出割合が最も高い月は2月だそうです。この支出割合を押し上げているのはもちろん、バレンタイ

2013年10月11日秋田経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

秋田県シニアマーケットの現状

機関誌「あきた経済」本県シニアマーケットの現状人口が減少し、県全体の消費規模縮小が予想される一方で、総人口に占める高齢者の割合が上昇し、消費全体に占めるシニア消費の割合が高まることは確実である。全国のシニア消費市場規模は、2012年に100兆円に達し、2030年には111兆円となり、家計消費市場全体に占める割合も、49.3%となる見込みである。本稿では、シニアマーケットを支えるシニアの家計状況や、県内のシニアを対象としたサービスについてレポートする。 1 シニアマーケットとは「高齢者」に厳密な定

和歌山県における家計消費のトレンド変化~県内世帯の少子高齢化が進む中で~

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 和歌山県における家計消費のトレンド変化〜県内世帯の少子高齢化が進む中で〜研究委員藤本 迪也1.はじめに 〜少子高齢化が県内家計消費のトレンドに与える影響とは〜前号掲載の「和歌山県における家計の現状」では、県内事業者の景況感が改善する中で、県内家計の状況はどのようになっているのかを確かめるために、国勢

2013年3月7日VISA★フィードバック数:2大型消費/投資

スマートマネー派と現金依存派に分けて比較しています。

電子決済の利用と貯蓄に関する調査

電子決済の活用は節約・貯蓄につながる-20代~60代男女3000人に聞きました-電子決済の活用は節約・貯蓄につながるスマートマネー派はライフスタイルもスマートという傾向が明らかにビザ・ワールドワイド(以下Visa、 代表取締役:岡本和彦、所在地:東京都千代田区)は、2013年1月、全国3,000名の男女を対象に、「電子決済の利用と貯蓄に関する調査」を実施しました。Visaの委託を受け、株式会社楽天リサーチが実施した本調査では、少額でも積極的に電子決済を利用している「スマートマネー派」(※1)1,

2012年3月5日財務省フィードバック数:1社会/政治

平成23年度第3・四半期予算使用の状況の概要

平成23年度第3・四半期予算使用の状況の概要「予算使用の状況」は、財政法第46条第2項の規定に基づく国会及び国民に対する報告として、一般会計の税目別の租税等の収納状況及び所管、組織、項別の支出状況並びに特別会計等の収支状況について、各省庁等からの毎月の報告により財務省において四半期毎に集計したものである。なお、一般会計及び特別会計の概要は次のとおりである。 第3・四半期に国から支出された金額(E)今年度に使用可能な額に対する支出割合(F/D) 第3・四半期に国から支出された金額(E)今年度に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ