「放課後」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月22日茅ヶ崎市フィードバック数:0ライフスタイル

「教えて!好きな場所での過ごし方」アンケート

「教えて!好きな場所での過ごし方」アンケート結果「教えて!好きな場所での過ごし方」 アンケート結果平成28年12月11日~12月25日にかけて、市民の皆様が好きな場所、どのような時間をすごしているか、アンケートを実施いたしました。多くの方々からご回答をいただきました。ご理解ご協力ありがとうございました。集計結果を公表させていただきます。アンケート結果【目的】市民や来訪者が茅ヶ崎らしさ(価値や魅力)を感じる要素を調査し、改定予定の景観計画に反映させ、個性と魅力ある景観まちづくりを進めていくため。【

2016年3月31日GMOメディアフィードバック数:0ライフスタイル

「放課後の過ごし方」と「クーポンの利用」に関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「放課後の過ごし方」と「クーポンの利用」に関する調査を実施 〜クーポンを利用する女子中高生は約65%〜 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」は、スマートフォン(以下、スマホ)を所持している女子中高生を対象に「放課後の過ごし方に関する調査」と「クーポン利用に関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■

2015年7月6日綜合警備保障フィードバック数:0ライフスタイル

小学生と母親の安全に関する意識調査

<小学生と母親の安全に関する意識調査>子供の日常生活に心配事のある母親は9割 「夏休みは危険が増す」と思う登下校時は6割が防犯ブザーを持ち歩くが、放課後や休日は1〜2割に激減94.8%の母親が子供の居場所を把握する必要性を感じながら、17.2%は把握できていない子供に危険を回避するための教育をしてもらうなら、尾木ママALSOK(本社:東京都港区、社長:青山幸恭)は、子供たちの自由になる時間が増え、行動範囲も広がる夏休みを前に、小学生の子供を持つ働く女性を対象とした、「小学生と母親の安全に関する意

子どもの生活についての調査です。

第2回 放課後の生活時間調査 -子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版 [2013]

調査・研究データ第2回 放課後の生活時間調査-子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版 [2013] ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 本調査の目的子どもたちの時間の使い方や意識について、その現状および2008年に実施した第1回調査からの5年間の変化をとらえて、生活や学習における課題を明らかにすることを目的としています。 報告書の概要●調査テーマ小学生・中学生・高校生の生活時間の実態と意識に関する調査●調査方法郵送法による自記式質問紙調査●調査時期2013

2013年10月15日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

帰宅部あるあるランキング

学生時代の青春の1ページを彩る部活動。部活動がきっかけで友達ができたり、好きな人ができたりすることがあるそうですね。一方で部活には入らず、授業が終わるとすぐ学校を飛び出し放課後をのびのびと過ごす自由な「帰宅部」。今回は「帰宅部にありがちなこと」を聞いてみました。最も多かったのは《「家に帰って何してるの?」と聞かれる》でした。部活動に勤しむ人には「帰宅部は暇」と思われがち。ゲーム・テレビ・漫画などの趣味に没頭したり、アルバイトをしてオシャレな服を買ったり、帰宅部は決して暇ではありませんよね。2位に

2013年8月22日ニフティフィードバック数:0ライフスタイル

キッズ研究所 調査レポート 第1回テーマ「おこづかい」

キッズのみんなの「今」を調査してレポートで発表!今回のテーマは「宿題」です。 そのほかには・・・・遊んだあと・おやつを食べてから・塾(習い事)から帰って来たら (している人へ)どんな宿題?(いくつでも選べるよ) そのほかには・・・・通信教育(チャレンジ)・自主勉強・じゆう勉強・ピアノの宿題 (している人へ)学校以外の宿題はどのくらいする? そのほかには・・・・おばあちゃん・塾の先生・先生・放課後残って教えてもらう 宿題をやる気にならないときはどうする?(いくつでも選べるよ) こんな

小学生~高校生を対象とした放課後の生活時間調査

小学生〜高校生を対象とした放課後の生活時間調査 速報 6割が「忙しい」「時間を無駄に使っている」を肯定 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)の社内シンクタンク「Benesse教育研究開発センター」では、2008年11月に、全国の小学5年生から高校2年生8,017名を対象にした、生活時間の実態と意識に関する調査を実施しました。本調査は、子どもたちの時間の使い方の実態や時間に関する意識をとらえ、生活や学習における課題を明らかにすることを目的にしています。本調査の主な結果は、以下の通りです

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ