「政府目標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月28日日本生産性本部★★フィードバック数:0社会/政治

労働生産性の国際比較 2016年版

公益財団法人 日本生産性本部は12月19日、「労働生産性の国際比較 2016年版」を発表した。政府ではGDPに関する統計の見直しが進められており、12月8日にGDP基準改定が行われた。こうした改定を踏まえ、今回は、(1)政府目標のGDP600兆円実現に必要となる労働生産性上昇率(新基準を踏まえた試算)、(2)労働生産性の国際比較、(3)GDP新基準に基づく労働生産性の国際比較に関する試算について発表を行う。政府が目標とするGDP600兆円実現に必要な実質労働生産性上昇率は、GDP基準改定に伴い、

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国のマクロ経済運営~景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導~

みずほインサイトアジア2015 年 1 月 28 日2015 年の中国のマクロ経済運営アジア調査部中国室長景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導03-3591-1378伊藤信悟shingo.ito@mizuho-ri.co.jp○ 2014年の中国の実質GDP成長率は前年比+7.4%。中国政府は、財政・金融政策による景気下支えを図りつつ、「+7.5%前後」という成長率目標を達成することに成功した○ 2015年の成長率目標は、過剰生産能力の調整のための投資抑制が必要なことなどから、「+7

2013年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の成長の「下限」を考える~就業との関係からみた経済成長鈍化の許容水準とは~

みずほインサイトアジア2013 年 10 月 29 日中国の成長の「下限」を考えるアジア調査部中国室主任研究員就業との関係からみた経済成長鈍化の許容水準とは03-3591-1376三浦祐介yusuke.miura@mizuho-ri.co.jp○ 中国の習政権は就任後、高成長の維持よりも改革を優先する政権運営を行ってきたが、中国経済の先行き不安の高まりとともに、経済運営における成長率の「下限」に注目が集まった。○ 雇用の政府目標値を経済運営上の成長率の「下限」として2015年までを見通すと、7%

2013年8月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

設備投資、政府目標年間70兆円は実現可能か?

設備投資、政府目標年間70兆円は実現可能か?

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ