「政策課題」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

高齢漁業者の操業実態と政策課題

高齢漁業者の操業実態と政策課題

2015年5月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

地域活性化への期待と現実-データによる数量的把握の重要性

地域活性化への期待と現実-データによる数量的把握の重要性高まる地域活性化の重要性地域経済をいかに活性化するか、というのは古くて新しい課題である。特に最近では、地方の人口減少が深刻化するなかで地域をいかに再生していくかが重要な政策課題となっている。現政権は「地方創生」という旗印のもと、省庁横断的な「まち・ひと・しごと創生本部」の設置(2014年9月)、「まち・ひと・しごと創生会議」の開催(議長:安倍首相、2014年9月以降)、「まち・ひと・しごと創生法」の施行(2014年12月)、「まち・ひと・し

2015年2月9日JX通信社フィードバック数:0社会/政治

「18歳選挙権」緊急オンライン調査

プレスリリース弊社が過去に発信したプレスリリースを掲載しています。 未成年者の7割が「選挙に行く」と回答―「18歳選挙権」緊急オンライン調査2015年2月9日 株式会社JX通信社(東京都千代田区/代表取締役 米重 克洋)は、公職選挙法改正で「18歳選挙権」が実現する見込みとなったことを受けて、2月7日・8日の両日、未成年者を対象に緊急のオンライン調査を実施しました。その結果、7割が「選挙に行く」と回答するなど政治への高い関心や重視する政策課題が明らかになりました。未成年者の7割が「選挙に行く

2015年1月21日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

日本経済、アベノミクスについてのレポートです。

[緊急リポート]消費増税までの2年間で経済再生に道筋を~これまでのアベノミクスの評価と第3次安倍内閣の政策課題~

[緊急リポート]消費増税までの2年間で経済再生に道筋を~これまでのアベノミクスの評価と第3次安倍内閣の政策課題~

2015年1月15日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 360号(平成27年1月14日)

立法と調査 360号(平成27年1月14日)特集:政策課題※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点政策課題パーソナルデータの利活用と個人情報保護法改正 (PDF file 406KB)株式上場に向けた郵政事業の課題 -ユニバーサルサービスの確保、経営基盤の強化等の調和- (PDF file 1,849KB)民法(債権関係)の改正 -要綱仮案が決定、通常国会にも法案提出の可能性- (PDF file 415KB)2015年の国際情勢と我が国の外交・防衛政策 -安全保障法制の整備と

2014年12月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治

新内閣の政策課題-経済・財政両立に向けた5つの提言

新内閣の政策課題-経済・財政両立に向けた5つの提言

2014年7月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

今後50年の世界経済展望

今後50年の世界経済展望玉木 林太郎 (経済協力開発機構(OECD)事務次長(兼)チーフエコノミスト) 藤井 敏彦 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省通商政策局通商政策課長) OECDは、現在世界共通となっている経済・社会問題が継続された場合の今後50年の世界経済展望を発表します。今後の各国の成長戦略や持続可能な環境政策にいかなる影響を与え得るか。世界貿易は今後いかなる変革を遂げるのか。グローバル化の進行が我々の経済に対する考えを変えることとなるのか。少子高齢化の中では知識ベースの

「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究 (福岡市経済観光文化局との共同研究)

「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究 (福岡市経済観光文化局との共同研究)本研究では、福岡市の産業において、起業・創業が活発に行われ、新しい経営体・組織が増加することによって、産業および経済の活性化が促進されるような都市の状態またはそのための都市機能を作り出すという「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題を摘出し、効果的な施策例を明らかにするべく、調査研究を行った。具体的には、1.文献・統計資料等の収集、分析、調査2.「福岡市新説事業所(創業者)実態調査」「平成25年度市民意

2014年7月3日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

グローバルでの政策課題についてのレポートです。

今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する

OECDによると、今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する2014年7月2日最新のOECD報告(「今後50年間の政策課題」)は、2060年の世界展望を示しており、それによると、今後世界経済成長の鈍化や所得格差の拡大が予測されます。高齢化及び新興国の緩やかな失速により、世界の成長率は2010~2020年の3.6%から2050~2060年には2.4%へと鈍化し、イノベーションや技能投資に益々牽引されるようになります。「今後50年間の政策課題」によると、二酸化炭素排出量の増加を抑制しない限

2014年3月9日日本政策金融公庫フィードバック数:0エンタテインメント

クリエイティブ産業の産業組織と政策課題-クールジャパンに求められる視点-

クリエイティブ産業の産業組織と政策課題-クールジャパンに求められる視点-

第13回日韓ワークショップ報告書 若年者雇用問題:日韓比較

概要労働政策研究・研修機構では毎年、韓国労働研究院(KLI)と共催で、日韓両国に共通する労働政策課題を取り上げて議論し、相互の研究の深化を図ることを目的に「日韓ワークショップ」を開催しています。2013年のワークショップは「若年者雇用問題」をテーマとして6月14日に韓国・ソウルで開催しました。 日本では経済の長期停滞が続くなか、新規採用の抑制が続き、ニートやフリーターが増加するなど若年者の雇用問題が深刻な課題となっています。国の将来を担う若者が安心・納得して働き、その意欲や能力を十分に発揮でき

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ