「政策金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし | ニッセイ基礎研究所 【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月16-17日(現地時間)に開催された。予想通り金融政策の変更はなし。声明文では、前回会合(4月)以降の経済指標を踏まえて景気認識について一部上方修正されたものの、それ以外では大きな変更はなかった。このため、政策金利引上げ時期についての示唆は声明文からは

ブラジル経済、回復の条件とは?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月8日ブラジルは、2億人を超える人口を有し、国民の年齢も若く、鉄鉱石などの資源も豊富で、2016年にはリオデジャネイロでのオリンピック開催を控えています。こうしたことから、将来有望な市場と見られているにも関わらず、今年の経済成長予測は1%程度のマイナスが見込まれるなど、足元では経済に減速が見られています。減速の背景には、高いインフレ率と金利などが挙げられます。消費者物価指数が4月に前年同月比8.17%となるなど、ブラジル中央銀行

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み

米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、1‐3月期が予想外のマイナス成長となった。景気低迷の主な要因は悪天候や西海岸の港湾スト等の一時的な要因

【タイGDP】1-3月期は前年同期比+3.0%~輸出不振で回復ペースが鈍る恐れも~

【タイGDP】1-3月期は前年同期比+3.0%~輸出不振で回復ペースが鈍る恐れも~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】1-3月期は前年同期比+3.0%~輸出不振で回復ペースが鈍る恐れも~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠タイの2015年1-3月期の実質GDP成長率1 は前年同期比(原系列)+3.0%の増加と、前期の同+2.1%から回復したが、Bloomberg調査の市場予想(同+3.4%)を下回った。また、前期比(季節調整値)は+0.3%と、前期(同+1.1%)から鈍化した。1-3月期の成長率

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは | ニッセイ基礎研究所 米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FRBは15年中の政策金利の引上げを目指し、これまで段階的に金融緩和政策の解除を実施している。FRBは、「物価の安定」に加えて、金融政策目標に

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (経済概況)10-12月期の成長率は低下したものの、底堅い成長が持続米国経

豪州が政策金利を追加引き下げ

豪州が政策金利を追加引き下げ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ2015年4月30日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.25%に>ブラジル中央銀行は、4月29日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.25%としました。今回の利上げは2014年10月の利上げ再開以降、5回目となります。利上げ幅の合計は2.25%ポイントになります。中央銀行は声明文において、「マクロ経済シ

【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退

【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退 | ニッセイ基礎研究所 【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が3月17-18日(現地時間)に開催された。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場の予想通り「忍耐強く」(patient)という単語が削除された一方、4月のFOMCでの政策金利引上げの可能性が低いことが明記されたほか、今回の文言変更が最初の引上げ時期を決定

2015年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】底堅いASEAN4と投資伸び悩むインド

【アジア新興経済レビュー】底堅いASEAN4と投資伸び悩むインド | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】底堅いASEAN4と投資伸び悩むインド 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)2月はマレーシア・タイ・インドネシア・インドで10-12月期のGDPが公表された。実質GDP成長率はASEAN3カ国が改善し、インドが悪化するなど景気に温度差が見られた。ASEAN4(1月発表のフィリピン含む)は世界経済が伸び悩むなかでも内需を中心とした底堅さが見られたが、インドは高金利による投資の鈍

成長加速などに伴ない、持ち直しが見込まれるメキシコ・ペソ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月25日成長加速などに伴ない、持ち直しが見込まれるメキシコ・ペソ 2月20日に発表されたメキシコの2014年10-12月期のGDPは市場予想どおりの前年同期比+2.6%と、伸びが2四半期連続で高まり、12年10-12月期以来の水準となりました。そして、14年の通年での成長率は前年比+2.1%と、13年の成長率を0.7ポイント上回りました。14年10-12月期は、米国を中心とした外需を支えに、製造業が前年同期比+4.6%、商業も

トルコ:政策金利を引き下げ

トルコ:政策金利を引き下げ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ2015年2月18日<インドネシアが予想外の利下げ>インドネシア中央銀行(以下、中銀)は17日(現地、以下同様)の金融政策決定会合で政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にすると決めました。市場の大方の予想は据え置きだったため予想外の利下げとなりました。利下げは2012年以来、およそ3年ぶりとなります。<利下げの背景>中銀は昨年11月18日の臨時会合で、政府が前日17日に補助金付き燃料価格の引き上げを実施したことによるインフレ懸念に対応す

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ

政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月30日政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は29日の金融政策決定会合で、政策金利を3.5%に据え置きました。今後については、経済指標次第で政策金利の引き上げ・引き下げともに可能性があるとし、前回会合時に比べてややハト派寄りな姿勢が示されたことから、29日のニュージーランドドルは軟調に推移しました。ニュージーランドドルは原油価格の急落やギリシャのユーロ離

APIR Commentary No.36<CQM予測(1月2日)は連銀の迅速な政策金利の引き上げを示唆>

APIR Commentary No.36<CQM予測(1月2日)は連銀の迅速な政策金利の引き上げを示唆>2015-01-09 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか | ニッセイ基礎研究所 米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国の中央銀行であるFRBは、金融政策における政策目標として、多くの中央銀行が掲げる「物価の安定」に加えて、「雇用の最大化」を明示していることに特徴がある。FRBは、労働市場における失業のうち、景気悪化に伴う労働需要の減少、すなわち「労働市場の緩み」が原因で生じ

2014年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア経済はいよいよ俵に足が掛かったか ~緊急での大幅利上げ決定で政策金利は11年強ぶりの水準に~

ロシア経済はいよいよ俵に足が掛かったか ~緊急での大幅利上げ決定で政策金利は11年強ぶりの水準に~

ロシア・ルーブルの下落について

ロシア・ルーブルの下落について<ロシア・ルーブル下落の背景>2014年12月16日ロシア・ルーブルは、ウクライナ情勢に収束の兆しが見えないことや欧米の経済制裁による国内経済への悪影 響が懸念されて年初より軟調な推移が続いてきました。加えて、足元では主要輸出品である原油の価格下落が ロシア・ルーブルの下落に拍車をかけています。 原油価格は、中国の成長鈍化や欧州経済の停滞などの需要の減少に加えて、シェール革命による増産を受 けた供給増加により低下基調となっていました。11月末に行われたOPEC(石油

利上げの“再開”を示唆したニュージーランド準備銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日利上げの“再開”を示唆したニュージーランド準備銀行 ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は11日、政策金利を3.5%に据え置きました。ただし、今後の政策金利の引き上げが示唆されたことから、ニュージーランド・ドルは対ドルで大きく上昇し、対円でも上昇する展開となりました。同準備銀行は、今年3月以降4会合連続で政策金利を合計1%引き上げましたが、ニュージーランド経済に成長鈍化の兆しがあるとして、7月を最後に政策金利の引き上

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速 | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国経済は4-6月期、7-9月期と高い成長を実現したが、10-12月期は成長率が低下する見込み。もっとも、来年は、底堅い個人消費が牽引する形で、成長率は14年の2.3%から15年は3.0%に加速する見込み。個人消費は、労働市場の改善を背景に労働報酬が増加しているほか、家計のバランスシートの改善やガソリンなどのエネルギー価格の下落もあり、

【アジア新興経済レビュー】韓台経済は改善するも、牽引役に違い

【アジア新興経済レビュー】韓台経済は改善するも、牽引役に違い | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】韓台経済は改善するも、牽引役に違い 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)10月は韓国・台湾で7-9月期GDPが発表された。それぞれ経済成長率は改善したものの、回復の牽引役は異なる。韓国は政府による景気対策を背景に政府支出と住宅投資が伸びたものの、輸出は減少した。一方、台湾は半導体などのスマホ向け部品の輸出が好調で、民間投資にも波及する好循環が生まれている。(インフレ率)9月のイン

【アジア新興経済レビュー】生産活動がやや伸び悩み

【アジア新興経済レビュー】生産活動がやや伸び悩み | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】生産活動がやや伸び悩み 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイでは減少幅が着実に縮小してきている。その他の国・地域では、台湾を除いた韓国・マレーシア・インドネシア・フィリピン・インドが3ヵ月・6ヵ月平均を下回るなどやや伸び悩んでいる。(インフレ率)8月のインフレ率は、燃料価格の下落の影響もあって、年明けから続いた上昇傾向は落ち着きを取り戻しつつあ

【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表

【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表 | ニッセイ基礎研究所 【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表 研究員 高山 武士米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が9月16-17日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。FOMCの決定に関して、資産購入額の減額は事前の市場予想の通りだった。声明文では、景気の現状判断と見通しが若干変更されたが、フォワードガイダンスについては来月にテーパリングを終了すると明記されたことを除けば大きな変更は

トルコ中央銀行の巧みな政策調整~主要政策金利は据え置き~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月28日トルコ中央銀行の巧みな政策調整~主要政策金利は据え置き~ トルコ中央銀行は27日の金融政策委員会で、主要政策金利である1週間物レポ金利を8.25%で据え置いたほか、市中金利の事実上の下限となる翌日物借入金利も7.5%で据え置いた一方、同上限となる翌日物貸出金利の引き下げ(12.00%→11.25%)を決定しました。なお、市場では、翌日物貸出金利も含め、主要金利に変更はないとの予想が優勢でした。金融政策委員会後に公表され

利上げの"一時的な中断"を示唆したニュージーランド準備銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月24日利上げの“一時的な中断”を示唆したニュージーランド準備銀行 ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は24日、今年3月以降、4会合連続となる利上げを決定し、政策金利を3.25%から3.5%へ引き上げました。利上げはほぼ市場の予想どおりながら、同準備銀行のウィーラー総裁が声明で、自国通貨高への懸念を改めて示したほか、利上げをひとまず中断する意向を明らかにしたことなどもあり、利上げが行なわれたにも関わらずニュージーランド・ドル

ニュージーランド経済の拡大を背景に政策金利は3会合連続で引き上げに

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月12日ニュージーランド経済の拡大を背景に政策金利は3会合連続で引き上げに ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は12日、政策金利を0.25%引き上げ年3.25%にすると発表し、即時実施しました。利上げは、今年3月に利上げに転じて以降、3会合連続となります。ニュージーランドでは、2011年2月の地震で被災したクライストチャーチの復興需要や、乳製品価格の上昇などで経済成長が押し上げられており、2013/14年度(2013年7月-

2014年6月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「長期停滞論」と自然利子率の低下~政策金利の長期水準見直しは過度な緩和のリスクも~

「長期停滞論」と自然利子率の低下~政策金利の長期水準見直しは過度な緩和のリスクも~

ブラジルが政策金利を据え置き

ブラジルが政策金利を据え置き

注目集まるニュージーランドドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月30日好調な国内景気などを背景に、他の先進国に先んじる形で、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は3月に政策金利を引き上げたのに続き、4月24日にも2ヵ月連続となる利上げに踏み切りました。足元の経済指標に堅調なものが目立つ中、物価上昇圧力を抑制することが目的とみられます。同国の政策金利は3%と、主要先進国の中で相対的に高い水準となっているほか、同準備銀行総裁が今後も利上げを継続する姿勢を示すなど同国の金利先高観が強まっているこ

インフレ抑制重視の姿勢を鮮明にしたトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月28日インフレ抑制重視の姿勢を鮮明にしたトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は24日の金融政策委員会で、主要政策金利の据え置きを決定しました。今回の決定は大方の予想通りだったものの、市場では通貨リラの反発につながりました。3月末の地方選挙での与党AKP(公正発展党)の勝利を受け、リラの反発が進んだことなどもあり、同党を率いるエルドアン首相は4月4日、中央銀行に政策金利の引き下げを求める発言を行ないました。また、11日に格付会社ムー

FRBのタカ派、ハト派とテイラー・ルール~政策スタンスと政策金利~

FRBのタカ派、ハト派とテイラー・ルール~政策スタンスと政策金利~

他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は13日、政策金利を0.25ポイント引き上げることを金融政策決定会合で決定しました。2011年3月に過去最低水準となる2.50%に引き下げて以来、据え置かれていた政策金利は2.75%となりました。なお、利上げは、2010年7月以来、約3年8ヵ月ぶりです。政策金利が歴史的低水準に維持される中、堅調な国内景気の拡大を背景として、

JAPAN is BACK 2013年12月号

デンマーク中央銀行は1月15日から、資金流入の抑制策として、主要政策金利を0.1%引き下げて1.05%としました。同中銀は対ユーロでの為替レート安定化をめざしていますが、金利がユーロ圏(政策金利は1.0%)よりも若干高いことから、デンマークへの資金流入が促され、デンマーククローネ高を招いています。(2010年2月16日作成)

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

オールゼロ金利時代到来か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 オールゼロ金利時代到来か?長期金利動向に注目 11月7日、欧州中央銀行(ECB)は理事会で政策金利の引き下げ(0.5%→0.25%)を決定した。事前に利下げは市場では観測されておらず、サプライズだった、といえる。ドラギ総裁は記者会見で「金利はさらに下げることもできる。利用可能なすべての手段を講じる用意がある」と述べ、追加緩和の可能性にも言及した。ユーロ圏の10月消費者物価(速報値)は前年比+0.7%と

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

デフレへの警戒を強めるECB~11月政策理事会、政策金利は過去最低に引き下げ~

デフレへの警戒を強めるECB~11月政策理事会、政策金利は過去最低に引き下げ~

「7.75%」インドの10月の金融政策決定会合における政策金利

この数字はなんだ?ご参考資料 2013年10月30日Vol.45ナンバー・ナンダーイ ン ドの10月の金融政策決定会合 における政策金利(レポレート)です9.6 6 .75 75%インド準備銀行(中央銀行)は29日の金融政策決定会合で、政策金利(レポレート)を7.5%から0.25ポイン ト引き上げ、7.75%にすることを決定しました。利上げの背景にはインフレ加速への対応が挙げられます。 中央銀行がインフレ指標として重視するWPI(卸売物価指数)は9月に前年同月比+6.46%と2月以来の高 い上昇

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持

9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持 | ニッセイ基礎研究所 9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)は、5日の9月政策理事会で7月に導入したフォワード・ガイダンスを確認し、政策金利を据え置いた。スタッフ経

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアは苦境を脱するのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 インドネシアは苦境を脱するのか利上げは金融市場の安定にポジティブ。危機への耐性は高い ◆株・債券および通貨のトリプル安が続く中、8月29日、インドネシア中銀は緊急金融政策決定会合を開き、政策金利を50bps引上げ、7.0%とした。◆今回のトリプル安は、経済成長率の低下、経常赤字に米国の量的緩和縮小観測が重なり、市場が過剰に反応し、資金流出につながったことが要因である。◆新興国の中ではインドネシアの資金

2013年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

やはりECBの真意は時間稼ぎだった ~当面は政策金利も非伝統的措置も様子見継続の方針~

やはりECBの真意は時間稼ぎだった ~当面は政策金利も非伝統的措置も様子見継続の方針~

2013年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

5月ECB政策理事会:25bpの利下げとともに流動性対策の継続、信用収縮対策の協議開始を決定

5月ECB政策理事会:25bpの利下げとともに流動性対策の継続、信用収縮対策の協議開始を決定 | ニッセイ基礎研究所 5月ECB政策理事会:25bpの利下げとともに流動性対策の継続、信用収縮対策の協議開始を決定 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が2日に5月の政策理事会を開催、(1)25bpの政策金利(主要オペ金利)の引き下げ、(2)固定金利・金額無制限の資金供給の継続、(3)信用収縮対策として資産担保証券(ABS)市場の振興策についてEU機関と協議を開始することを決め

アジア新興国・地域 中央銀行の政策と傾向

アジア新興国・地域 中央銀行の政策と傾向 | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域 中央銀行の政策と傾向 研究員 高山 武士1――はじめに2――中央銀行の基本的な役割3――各国の金融政策スタンス日本ではバブル崩壊以降、欧米ではリーマンショック以降、中央銀行は政策金利をほぼゼロまで引下げている。そして金融政策手段の中心は、伝統的な政策金利の調節から量的緩和や信用緩和など、いわゆる非伝統的金融政策に移っている。一方、アジア新興国・地域における主な金融政策手段は、政策金利の調節である。リーマンショ

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国を取り巻く状況は厳しい(Asia Weekly (3/25~3/29)) ~台湾中銀は緩やかな景気回復を前提に政策金利を据え置く~

韓国を取り巻く状況は厳しい(Asia Weekly (3/25~3/29)) ~台湾中銀は緩やかな景気回復を前提に政策金利を据え置く~

2011年12月27日内閣府フィードバック数:1社会/政治

ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題

今週の指標 No.1018 ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題ポイント2011年12月26日ブラジルでは、鉱物資源や農作物など輸出資源となる一次産品価格の高騰などから、10年後半以降、物価上昇率は高い伸びで推移した。これに対し、ブラジル中央銀行(以下、中銀)は、物価上昇率をインフレ目標値の範囲内(4.5%±2.0%)に抑えるべく、11年に入ってから8月まで、5回連続して政策金利を引き上げるなど金融引締めを実施してきた(図1)。しかし、8月の金融政策委員会では、インフレが未だ治まっていな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ