調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 政策金利引き上げ

「政策金利引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ2015年6月4日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.75%に>ブラジル中央銀行は、6月3日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.75%としました。中央銀行は2014年10月に利上げを再開し、今回で6回目の政策金利引き上げとなります。利上げ幅の合計は2.75%になります。中央銀行は声明文において、「マク

2015年3月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:再考「FRBのB/S拡大下での政策金利引き上げ」

BTMU Focus USA Weekly:再考「FRBのB/S拡大下での政策金利引き上げ」

2015年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策

11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策 | ニッセイ基礎研究所 11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国では、経済が順調に回復しているため、11年ぶりとなる政策金利の引き上げが確実な情勢となっている。しかしながら、米国以外の国が金融緩和を強めている結果、米国との金融政策スタンスの違いが顕著となっており、ドル高が進んでいる。このため、FRBは米国経済だけでなく、ドル高による実体経済や物価への影響を見極める必要があり、金融政策の難しい舵取りを

【2014年12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始

【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 | ニッセイ基礎研究所 【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が12月17-18日(現地時間)に開催された。予想通り、金融政策の変更は無かった。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場の予想通り「相当な期間」(for a considerable time)から、「忍耐強く」(patient)という単語に変更されたものの、予想外に、従前の「相当な期間

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ