「救急車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年8月4日消防庁フィードバック数:0ライフスタイル

熱中症情報

熱中症情報熱中症情報7月24日〜7月30日までの全国の熱中症による救急搬送人員は、5315人でした。2016年(平成28年)以前の情報予防啓発コンテンツ熱中症予防啓発ポスター熱中症の予防法や対処法、ためらわずに救急車を呼ぶ場合のポイントをまとめた熱中症予防啓発ポスターを作成しましたので、各団体でダウンロードして御活用ください。ポスター下段に各団体名を記載する空白欄を作成しましたので、御活用ください。 予防啓発ビデオ熱中症予防のポイント等を説明した動画を2種類(5分と15秒)作成しました。5分動

AEDと救急医療に関する意識調査

万が一に備える 病気ケガ備える がんに備える 就業不能状態に備えるはじめての方はこちら入りたい保険が決まっている方入りたい保険が決まっていない方 お申し込みプランが決まっている方はこちらご契約の流れを確認するマイプラン番号から申し込む ここから本文ですニュースリリース 2011年2011年3月30日AEDの認知率は9割弱、正しい使用方法の認知は3割学校がきっかけ、若年層に浸透するAED思いつくAEDの設置場所は「5個以上」16.4%「ケータイでAEDの設置場所がわかるとAEDを利用しやすい」8

2009年7月21日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

「コール・トリアージ」4人に1人が認知~「必要」が大半、しかし電話での判断に懸念の声も

救急車の適正利用に関する意識調査 「コール・トリアージ」4人に1人が認知~「必要」が大半、しかし電話での判断に懸念の声も一刻を争う救急搬送の現場で、虚偽の通報や救急車をタクシー代わりに呼びつけるといった救急車の不正利用が問題となっている。これに対し、2008年には救命率の向上を目的とした「コール・トリアージ」が全国で初めて横浜市で導入されるなど、新たな試みも広がっているが、肝心の利用者はこうした救急車の適正利用に関する情報をどの程度把握しているだろうか。20代から40代のネットユーザー男女554

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ