「教育機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月6日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

教育機関のIT導入に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年11月から2017年1月にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「教育機関のIT導入に関する読者調査」を実施した。調査対象としたのは、学校や学習塾、教育委員会など、教育機関でのIT製品/サービスの導入に関与する読者だ。調査結果からは、読者の勤務先や管轄下の教育機関がIT導入を進める上での課題や目的、導入中または検討中のIT製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。

2016年8月9日九州国際大学フィードバック数:0社会/政治

平成17年度地域連携アンケート調査研究活動報告書

平成17年度地域連携アンケート調査研究活動報告書1. はじめに近年、 産業構造の変化や雇用の急速な流動により、勤労者自らがより高い職業の知識や技能を習得しなければならない時代を迎えたと言えます。また、少子・高齢化の一層の進展に伴い、女性や高齢者の就労機会も増大することが予想されます。このことは、地域社会における学習機会・教育資源である教育機関への期待が高まるものと受け止めております。一方、昨今の教育機関(特に大学)改革の動きが急加速する中で、当学園も社会的貢献・地域連携が重要課題になってきている

2015年度情報セキュリティ調査

2016年度情報セキュリティ調査 (公開日:2016年12月28日、更新日:2016年12月28日) 当研究室では2016年7月に、日本国内のプライバシーマーク取得企業、ISMS認証取得企業、官公庁、教育機関などから、ランダムに選んだ4,800の情報セキュリティシステム担当者の皆様を対象とした「情報セキュリティ調査」を実施致しました。 本調査では情報セキュリティマネジメントの取組み状況(インシデント対応と人材育成等)、IT資産の利用・管理体制、アプリケーションセキュリティのリスク管理、クラウド利

2015年1月29日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

TechTargetのレポートです。

教育機関のIT製品導入に関する調査リポート

TechTargetジャパンは2014年11月から2015年1月にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「教育機関のIT製品導入に関する読者調査」を実施した。学校や学習塾、教育委員会など、教育機関でのIT製品/サービスの導入に関与する会員を対象に調査した。調査結果からは、教育機関がIT製品を導入する上での課題、導入中または検討中のIT製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTa

2014年3月10日ITR★★フィードバック数:0ビジネス

教師対象の調査です。

教育現場でのタブレット活用における製品選定の指針

教育機関で急速に高まるタブレット端末の活用意欲、 現役教師はWindowsタブレットの採用に前向き ― ITRが、教師を対象に実施した調査結果と、端末選定のポイントを指南するホワイトペーパーを発行 ―2014年3月10日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、全国の300人超の現役教師を対象に実施したタブレット端末の活用意欲に関する調査結果を発表いたします。なお、本調査結果を含め、教育機関におけるタブレット端末選

2013年11月8日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

TechTargetが教育ITについての調査結果を発表しました。

教育機関のIT活用に関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2013年10月1日から29日にかけて、小中学校や高等学校、大学をはじめとする教育機関を対象に、「教育機関のIT製品導入」に関するアンケート調査を実施した。教育機関におけるIT製品の導入状況や今後の投資意向、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになった教育機関のIT活用に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:教育機関におけるIT製品の活用実態や導入状況について調査

震災で教育意識に変化?教育機関注目の『保護者の本音』と『今求められる学習サービス』とは ~東日本大震災の教育への影響に関する調査報告書リリース~

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、小・中・高校生の子どもを持つ関東地方に住む保護者100名に対してアンケートを行い、東日本大震災とそれに伴う計画停電等による子どもたちへの影響や教育機関の対策、保護者自身の教育への意識変化などについて調査を実施しました。 その結果、震災による影響(複数回答)は、「学校の授業が一部休講となった」がもっとも多く、次いで「交通機関の混乱などにより一時的に学校に通えなかった」「習い事に通えなくなった」となり、多くの子どもたちが通学や学習上影響を

小・中・高校生の保護者に対するアンケート

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、小・中・高校生の子どもを持つ関東地方に住む保護者100名に対してアンケートを行い、東日本大震災とそれに伴う計画停電により、子どもの通学や学習上受けた影響や教育機関の対策、自身の教育への意識変化などについて調査を実施しました。★本調査報告書の詳細を6/10開催のセミナーで公開いたします ★↓↓↓ その結果、多くの人が「学校の授業が一部休講となった」「交通機関の混乱などにより一時的に学校に通えなかった」「習い事に通えなくなった」と回答し、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ