「教養娯楽」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月18日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

全国で2番目に低い群馬県の物価水準

全国で2番目に低い群馬県の物価水準ぐんまのデータ∼最も低いのは宮崎県、最も高いのは東京都∼○総務省が実施した2013年の「小売物価統計調査(構造編)」によると、全国平均を100とした群馬県の消費者物価の水準は96.9であった(図表1)。都道府県別にみると、群馬県は宮崎県に次ぎ全国で2番目に低い。○費目別の内訳でみると、「被服及び履物」「保健医療」では全国平均を上回ったが、そのほかの「住居」「教養娯楽」「食料」などで下回った(図表2)。○こうした背景には、家賃の低さに加え、「教養娯楽」の費目に含ま

2014年4月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)平成26年4月30日総務局 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成25年年報をまとめましたので、お知らせします。《支出の動向》 全世帯の消費支出 333,423円(1世帯当たり年平均1か月間)対前年増加率 名目 3.6%増 実質 

2014年3月26日北海道フィードバック数:0社会/政治

平成25年家計調査(二人以上の世帯)

最終更新日:2014年3月26日(水)▲家計調査のトップページ平成25年家計調査(二人以上の世帯)の結果 総務省統計局-北海道分1 勤労者世帯の家計実収入は1か月平均49万1,575円で前年に比べ実質4.9%の減少 可処分所得は1か月平均40万3,812円で前年に比べ実質5.1%の減少 消費支出は1か月平均29万8,650円で前年に比べ実質7.4%の減少 消費支出を10大費目別にみると、前年に比べ全ての費目が実質減少した。減少順では、教養娯楽(△18.2%)、保健医療(△17.7%)、交通・通信

2013年6月30日内閣府フィードバック数:1ライフスタイル

教養娯楽価格が出産に与える影響

教養娯楽価格が出産に与える影響

2013年3月7日大和総研フィードバック数:4社会/政治

『CPI(耐久財除く総合)』の試み

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1990年度以降のCPI(消費者物価指数)の動きを十大品目別に見ると(下図)、過去において価格水準がかなり高く、逆に言えば最近までの著しい価格低下が目立つのは「家具・家事用品」と「教養娯楽」である。(なお、「教育」の2010年度における急激な変化は、高校授業料無償化等による特殊要因とみられる。)「教養娯楽」を更に細かく見ると、2010暦年を100として、過去に1000を超えているケースがある。例えば、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ